異世界ファンタジー 長編 連載中

魔女イッリ

作者からの一言コメント

世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

読了目安時間:16時間58分

魔女イッリの表紙

◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 魔女イッリ
作者名 らっく
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 戦記 アクション/バトル ハイファンタジー 女主人公 西洋風 魔女 HJ大賞2020後期 シリアス ほのぼの 三人 オーバーテクノロジー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年4月8日 18時00分
最終投稿日 2021年6月17日 18時00分
完結日 -
文字数 509,030文字
読了目安時間 16時間58分
ブックマーク登録 137件
コメント 225件
スタンプ 784件
ビビッと 113件
応援ポイント 711,744pt
ノベラポイント 4,770pt
応援レビュー 4件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 終末のメスガキ

    序盤のみこちらで掲載します

    0

    0


    2021年6月17日更新

    シルヴィ・ラヴィソンは街を支配する大企業、エスコエンドルフィア製薬の研究者に飼われる愛玩用の人間として造られた存在であり、つねに同情とペットを愛でるような眼差しを向けられて生活してきた。彼らと対等な立場になれるのは、愛玩用としての役割を果たすときだけ。もともとの性格では耐えきれないストレスに対処するため、自分とは正反対に性に対して躊躇いはなく、扇情的、挑発的な少女を演じていくうちにメスガキとしての言葉遣いが抜けなくなっていく。 そんな暮らしが企業の派閥争いによる研究者の虐殺によって終止符が打たれ、次は自分が殺される番となる直前、意図せずして彼女を助けたのは研究者に雇われた便利屋。【緋刃】のエスト・ロッソ・カーディルだった。 しかしその便利屋。顔はいつもガスマスクで覆い、飲食は簡素な合成食糧のみ。口下手で威圧的。メスガキが手玉に取れるような相手でもなく、そのうえシルヴィを助けたことが原因で企業に目をつけられていた。「幸福」な街の存在を揺るがす薬を巡り、企業の権力が、エストの弟子を名乗る便利屋が二人を追い詰めていく。 ポストアポカリプス×メスガキ×SFアクションのシリアスコメディ?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 召還社畜に家主の少女と魔法の豪邸

    独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    6,850

    0


    2021年6月19日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:32時間9分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る