恋愛/ラブコメ 短編 完結済

息をあわせて

作者からの一言コメント

ゆりです。てぇてぇです。それだけです。

読了目安時間:22分

総エピソード数:4話

丘の上にある、中高一貫女子校の五泉松学園で、中学から高校一年まで、ずっと親友だった舞依と実結。部活も同じ音楽部、クラスも常に一緒だった。 しかし、高校一年の文化祭が終わった後、舞衣に彼氏ができたという噂がクラスに流れる。文化祭で、男子と一緒に歩いているのを目撃されたのだという。本人から何も聞かされていない実結は、ショックを受けて保健室で寝込んでしまう。 実結に問い詰められた、舞衣の答えは? 登場人物 ・五泉松学園 高校一年 三条 舞衣《さんじょう まい》 音楽部ソプラノパート。実結とは中一からずっと一緒の親友。 下田 実結《しもだ みゆ》   音楽部アルトパート。舞衣とは中一からずっと一緒の親友。 西山 紗季《にしやま さき》 音楽部アルトパート。高一の学年リーダー 豊浦 茜《とようら あかね》 音楽部メゾソプラノパート。 柏崎 ひかり《かしわざき ひかり》音楽部ソプラノパート。 高柳 琴音《たかやなぎ ことね》 音楽部ピアノ伴奏担当。 加茂《かも》    実結のクラスメート 村上《むらかみ》  実結のクラスメート

前へ

1-4

次へ

前へ

1-4

次へ

作品情報

作品名 息をあわせて
作者名 代官坂のぞむ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 百合 高校生 女子校 合唱 文化祭 音楽部
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年10月9日 9時35分
最終投稿日 2021年10月9日 12時41分
完結日 2021年10月9日 12時44分
文字数 10,772文字
読了目安時間 22分
総エピソード数 4話
ブックマーク登録 7件
コメント 7件
スタンプ 12件
ビビッと 0件
応援ポイント 12,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,400

    385


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む

  • 軽音部なんか、廃部にしてやれ

    ロックのやり方は俺たちで決める!

    43,600

    1,160


    2021年10月25日更新

    一年間まともにバンド活動ができず、軽音部に対して不満を募らせる藤坂悠希。新歓ライブは最悪の出来だったのに何故か入部を希望してきた一年生を、友人の菊井剣太郎が無理矢理丸め込んでバンド結成! したのだが……。メンバーそれぞれの思惑が錯綜。軽音部の先輩たちとは対立。彼らの青春ロックの行方やいかに……? 動画埋め込み機能で、作中のオリジナル曲を実際に聴けるようにしてみました! 月・金の20時、週2回の更新です。

    読了目安時間:46分

    この作品を読む