恋愛/ラブコメ 長編 完結済

恋愛初心者、恋をする。

作者からの一言コメント

鬼上司と天然部下のこれは恋か?

読了目安時間:6時間25分

総エピソード数:114話

 就職を控えた山崎ほのかは、目を覚ます。どうやら飲みすぎたようで、記憶も曖昧だった。  あろうことか見知らぬ部屋でぱんつ一枚のみを身に着けたまま、シーツにくるまれていた。そこに追い打ちをかけるように彼女のベッドには共に見知らぬ男が眠っているのを目にする。  結婚するまで清いままでいたい! 今時そんなことを思っている彼女にしてみれば、この状況は耐え難いことであった。  ほのかには大学時代から4年間片思いの飯塚幸也がいるというのに、得体の知れない男と一夜を明かしたほのかの不運はそれだけでは終わらなかった。  記憶を無くした夜、クラブに行った先で個人情報が書かれた免許証をどこかに失くしていたようだった。ひょっとしたらあの男の家に置き忘れてきたのではないだろうかと不安になる。更には就職先で鬼のように厳しい上司、真木悠介がほのかを担当することになる。無精ひげにヨレたシャツを着た彼は、仏頂面でいちいち怒ったような口調をしている。同期からも怖がられているような存在だった。  そんな厳しい上司が入社式の日に差し出した封筒には社員証ともう一つのカード。よく見てみると、どこかで失くしたはずの免許証が真木を介して彼女の元に返ってきた。ほのかに悪夢のような記憶がよみがえると共に、醜態を晒してしまったのが自分の直属の上司だと知る。  どうして鬼のように厳しい真木と一夜を共にしてしまったのか。  最悪。最低。自分の過去よ、消え去れ。  そう思っていたのだが、不器用な真木の様々な面を見つけ、ほのかは次第に彼に惹かれていくのだった。  少し天然の山崎ほのかと、仕事の鬼である真木悠介のコメディ恋愛物語。 「小説家になろう」にて同時公開

総エピソード数:114話

総エピソード数:114話

作品情報

作品名 恋愛初心者、恋をする。
作者名 織田 智
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 乙女チック原作コン コメディ ほのぼの ギャグ 女主人公 オフィス 現代 会社員 上司・部下 天然女子 鬼上司
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2021年5月11日 5時00分
最終投稿日 2022年1月10日 20時18分
完結日 2022年1月10日 20時19分
文字数 192,432文字
読了目安時間 6時間25分
総エピソード数 114話
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,700pt
ノベラポイント 50pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 兎人ちゃんと異世界スローライフを送りたいだけなんだが

    世界一可愛い兎人族はここにいますよ

    326,860

    7,003


    2022年8月14日更新

    ■ウサギ成分を多く含む『ほのぼの×ダークファンタジー』作品です。 仕事を退職してから半年が過ぎた頃、自宅で寝ていた青年が目を覚ますと、異世界の森に転移していた。 右も左もわからない青年を助けたのは、垂れたウサ耳が愛くるしい白銀色の髪をした兎人族の美少女だ。 青年と兎人族の美少女は、すぐに意気投合し、共同生活を始める。その後、二人に夢ができる。 それは無人販売所を経営して『三食昼寝付きのスローライフ』を送ることだ。 青年と兎人ちゃんたちは苦難を乗り越えて、夢の『三食昼寝付きのスローライフ』を実現するために日々奮闘するのであった。 三百六十五日目に大戦争が待ち受けていることも知らずに。 ●第1章:異世界生活 (1話〜43話) ●第2章:出逢い (44話〜84話) ●第3章:成長 (85話〜180話) ●第4章:恋愛 (181話〜) ●外伝:白兎月歌 (1話〜50話) ●第5章:大戦争 (未定) ◆2021年08月17日:小説家になろうにて投稿を開始しました。 ◆2021年12月09日:第10回ネット小説大賞の読者ピックアップに掲載されました。 ◆2022年05月12日:第10回ネット小説大賞の一次選考通過しました。 ◆2022年07月19日:ノベルアッププラス様で異世界ファンタジーランキング日間1位を獲得しました。 ◆2022年07月20日:ノベルアッププラス様で総合ランキング日間1位を獲得しました。 ◆2022年08月02日:ガトラジで作品が紹介されました。 ◆2022年08月10日:第2回一二三書房WEB小説大賞の一次選考通過しました。 ※小説家になろう様、カクヨム様、アルファポリス様でも連載中です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:37時間9分

    この作品を読む

  • 冷たい玻璃

    涼しい水辺の話です。

    42,800

    1,521


    2022年8月3日更新

    双子の兄弟、祐樹と智樹が幼い頃に聞かされた祖父の『秘密の場所』。話に魅了され、その場所に憧れを抱いた祐樹は――。 *この作品は他のサイトにも掲載しています。

    読了目安時間:40分

    この作品を読む