異世界ファンタジー 長編 連載中

二人で一人の剣姫

作者からの一言コメント

地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

 愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。  弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。  しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。  立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。  毎日0時頃最新。  この小説は小説家になろうでも投稿しております。  感想等お待ちしております。  

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 二人で一人の剣姫
作者名 白玖
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 転生/転移 アクション/バトル ファンタジー 男主人公 女主人公 ダブル主人公 TS 家族愛 ブラコン シスコン チート 剣と魔法 兄弟姉妹
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年6月6日 0時00分
最終投稿日 2020年10月1日 0時09分
文字数 1,404,236文字
ブックマーク登録 817件
コメント/スタンプ 8,539件
応援ポイント 3,926,921pt
ノベラポイント 17,144pt
応援レビュー 3件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 信じ抜け、すべての為に

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・47話・94,909字 シマミ

    2020年10月1日更新

    『だいすき。それだけでも言えて良かった』 2060年高校生最後の日、そう言って彼女は姿を消してしまった。 世界が灰色になったのはいつからだったろう。君がいない世界はまるで本当に。 2063年、トウキョウの空に大穴が開いた日から3年。ニホンのみでは無く世界中が灰色に染まった世界。 トウキョウに住む大学生、柊道夫(ひいらぎみちお)は久しぶりに帰国した友人達の誘いを受ける。 灰色の世界で唯一色が残っていたのは、居なくなった彼女、井ノ上るあが渡してくれた桜色のマフラーだけであった。 いつも通りにドアを開けた先は、ニホンでは無い彩りに満ちた異世界『イミュリーズ』が広がっていた。 その日から彼の全ては変わりだし、戸惑いながらも心から助けてくれた沢山の異世界の人々と関わっていく中道夫は確信する。 「彼女は、井ノ上るあは『ここ』にいる」 現地の人々も手に余る。壮大なハード級異世界カムバック伝説!

  • 脱げば脱ぐほど強くなる……!?

    ♡64,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・40話・84,806字 あけちともあき

    2020年10月1日更新

    見習い仙女のリンユウは、堕落した姉弟子を追うため、東方の大国央覇の地に降り立った。 彼女が使うは、肌を晒すほどに強くなる仙域の技、百華桃神拳。 しかし、百華桃神拳を使いながら恥じらいを忘れたものは、暗黒の存在に堕するという。 姉弟子のベイファンは恥じらいを忘れ、力に溺れ、魔なる存在へと変わり果てたのである。 魔獣の女王を名乗るようになった彼女を追い、リンユウは旅をする。 お供は彼女が助けた商人。 そしてリンユウが出会う、ライバルであり友である闘士たち。 妖獣を刺青として肉体に飼う女、レイリィ。 西方から来た爆裂爆乳雷撃娘、ルヴィア。 魔王の娘を名乗る強大な魔導師、オルガナ。 そして魔獣の女王ベイファン。 華やかさと激しさと、そして恥じらいを交えた熱き戦いが、ここ、央覇の地で巻き起こる!