ミステリー 長編 完結済

ネタミライセンス

作者からの一言コメント

絶対に解き明かせない殺人事件

「その場所にはよく死人が出る。それでもいいか?」と、嘗て幼馴染だった天才に言われながらも、主人公――回帰人折(かいき ひとおり)は死人の出る場所――有原小島へと向かう。  そして天才が、凡人が、金持ちが、有原小島に集まった。そしてその場所で、『試験』という名の最高に最悪な物語は始動する。  『試験』の謎は絡みだす。  発見される、二人で一つのツギハギ死体。  物語の終着点は思わぬ方向へと転がっていく。      これはネタミライセンス――どうしようもなく、どうにもならない。     登場人物  回帰人折(かいきひとおり)_________________________???  能登歩美(のとあゆみ)________________________人折の幼馴染  紅涼(くれないりょう)_____________________ハイスクールの天才  高原美華(たかはらみか)_____________________天才プログラマー  有原右助(ありはらうすけ)_____________________有原財団の息子  有原左助(ありはらさすけ)_____________________有原財団の息子  有原両助(ありはらりょうすけ)___________________有原財団の息子  セバスチャン_________________________________執事  ホワイトデビル_____________________________最悪な人間    他サイトでも投稿しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ネタミライセンス
作者名 The dill
ジャンル ミステリー
タグ シリアス 男主人公 R15 推理小説 第1回ノベプラ大賞 殺人
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年6月6日 1時52分
最終投稿日 2019年8月23日 21時00分
文字数 102,366文字
ブックマーク登録 14件
コメント/スタンプ 48件
応援ポイント 28,000pt
ノベラポイント 900pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 8月11日深夜、世界が終わる。

    ♡6,650

    〇0

    文芸/純文学・連載中・2話・8,348字 木村竜史

    2020年9月24日更新

    そう遠くない未来、巨大な隕石が地球に落ちることが確定した世界。最後まで日常を繰り返そうとする仮初の平穏の中で、せめて笑って終末を迎えられるように日々を過ごす人達がいた。 終わる世界を生きる人々を描いた、終末短編集。 自作『20-1(ナインティーン)』『最後のお茶会』等と世界観を共通しています。そっちも宜しければ是非に。

  • 人生の宝物を、探しに行こう

    ♡175,510

    〇4,022

    恋愛/ラブコメ・連載中・148話・598,509字 九条 蓮

    2020年9月26日更新

    【※2020/06 恋愛/ラブコメ部門で日間・週間・月間1位達成※】 【※2020/09 総合日間1位達成※】 【※2020/09 書籍化&書籍版にて先行完結※】 高校2年の秋、麻宮伊織が転校してきてから「俺」の人生は⋯⋯。切なくピュアなラブ・ストーリー。 高校に馴染めず、周囲から疎まれる存在だった麻生真樹。そんな彼の人生を変えたのは、転校生・麻宮伊織との出会いだった。伊織と日々を過ごすうちに、真樹は彼女が深い悲しみを背負っている事に気付いてしまう。彼女から垣間見得える寂しそうな表情を見て、真樹は彼女を救いたいと考えるようになる。彼女を支えたい一心で、真樹は迷い、葛藤しながらも少しずつ成長していく。ピュアで真摯な恋の行方は……? 【作者コメント】 恋愛だけでなく、友情と挫折、主人公『麻生真樹』とヒロイン『麻宮伊織』の成長を描く物語です。大切な人や友人の絆を深める事で、彼らの成長の様を見届けるような気持ちで読めます。 読んだ後にはじんわりと心に響くような余韻を味わえると思っています。中高生だけでなく、大人の読者様にも、過去の青春時代を思い出しながら読んで頂ければ幸いです。 〝あの頃〟の気持ちを思い出せると思います。 ※書籍版とは一部内容が異なります。 ※前半の伏線や疑問点は、細かいものも含めて徐々に回収していきます。そのため、読み飛ばすと意図がわからない等の問題が起きる可能性があるので、注意してください。 ※前半では「なんで?」と思う展開もあるかと思いますが、しっかりとその疑問は回収していきますので、そのまま読み進めて下さい。 ※縦読みがおすすめです。 【こんな方にオススメの小説です】 ■Web小説にありがちな安っぽい描写の恋愛小説に飽きた ■現実に近い本格的な恋愛小説が読みたい ■一途な恋が好き ■暖かい気持ちになれる小説を探している ■『誰かを好きになる』という気持ちを忘れてしまっている ■心を鷲掴みにされたい

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る