現代/その他ファンタジー 長編 連載中

記号たちは明日へ進む

作者からの一言コメント

ボツキャラクターにも人生はある。

読了目安時間:11時間13分

ギャグ作品のボツキャラクター、春心と朱音。 SF作品のボツキャラクター、しづく。 ミステリー作品のボツキャラクター、メーベル。 ファンタジー作品のボツキャラクター、ルシア。 彼女たちはいま、現実世界で生きている。 これは“作者”に捨てられてしまった少女たちを中心に回る、日常と青春の記録。 ボツになったキャラクターのその後のお話。 ◯日常系コメディを起点にしつつ、登場人物によって物語のジャンルやテイストが変化する、ちょっと不思議なお話です。 ※カクヨムにも掲載中です。 ※不定期投稿です。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 記号たちは明日へ進む
作者名 八番出口
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ギャグ コメディ ほのぼの 女主人公 日常 女子高生 ジャンルクロス 学園 青春 百合 現代日本 家族 ファンタジー SF ミステリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月21日 21時51分
最終投稿日 2021年6月18日 22時00分
完結日 -
文字数 336,736文字
読了目安時間 11時間13分
ブックマーク登録 83件
コメント 525件
スタンプ 718件
ビビッと 197件
応援ポイント 767,839pt
ノベラポイント 14,736pt
応援レビュー 3件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ゼロからはじめる島津大河誘致

    宮崎鹿児島を主な舞台に戦国と今を描きます

    1,744,148

    9,760


    2021年6月24日更新

    南九州の架空の自治体、宮之城市(みやのしろ)で島津義弘公を大河ドラマに誘致したいと願う一人の青年(ハンドルネーム 祭り之介)と東京の引きこもりの若者(ハンドルネーム コモロウ)横浜に住む壮年の男(ハンドルネーム フウイ)との会話や議論を通じて目標に向かって進んでいく物語。

    読了目安時間:16時間27分

    この作品を読む

  • フライ=ハイトの叶界

    生きた先に何がある……!

    100

    0


    2021年6月24日更新

    190X年。ヨーロッパは突如、神を名乗る少年少女に支配された! 【時の支配】なる力から始まった破滅の革命。真の平和を約束し、ヨーロッパ全国家を統合し、エンデルヴェスタなる国を作り上げた。 しかし、破滅の先に待っていたのは更なる破滅であった。 <野望に生きる男達【サルガッソフロント】> <平和に命を捧げる乙女達【純潔領域】> 異能力者、邪教、巨大人型兵器___ 何でもありの種族戦争にまで勃発したエンデルヴェスタは混沌の世代を迎えようとしていた。 誰もが望む楽園……それこそが【フライ=ハイトの叶界(きょうかい)】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔女イッリ

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    724,344

    4,770


    2021年6月22日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間1分

    この作品を読む

  • 飼ってなきゃダメとは言われてない

    野生でも構わんのだろう?

    11,100

    0


    2021年6月23日更新

    「今日は雨だからカモシカ撮るか」「晴れてるからシカでも撮るかぁ」 そんなノリで生きてた時代が、テラさんにもありました。 撮るだけ撮ってお蔵入りさせていた写真とエピソードをいくつか紹介します。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む