現代/青春ドラマ 短編 完結済

ボールの行方

作者からの一言コメント

好奇心を携えて、本音探しのまわり道。

僕は小学生だけど、これでも立派な受験生。 放課後、塾のない日は図書館に通って自習するほどには真面目な子ども……だった。真面目なのはいまも変わらない。でも、去年の秋に謎の男と出会って以降、僕は図書館通いをやめてしまった。 いよいよ試験も間近。準備万端、受かる気満々。四月からの新しい生活を想像して、膨らむ期待。 だけど、これでいいのかな……? 悩める小学生の日常を描いた短編小説。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ボールの行方
作者名 sandalwood1124
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 日常 青春 図書館 小学生 受験
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月4日 7時37分
最終投稿日 2020年10月25日 11時42分
文字数 25,643文字
ブックマーク登録 4件
コメント 12件
スタンプ 24件
ビビッと 1件
応援ポイント 35,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡61,800

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・53話・274,965字 普門院 ひかる

    2020年10月26日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、電撃的に勲功を重ねていく。 ついには第6騎士団長に就任する。彼が編成した騎士団は闇のダークナイトなどを含む異色の騎士団で、人々からは暗黒騎士団(ドンクレリッター)と呼ばれ畏怖されるのだった。 そんな折、次期皇帝を巡るホーエンシュタウフェン家とヴェルフ家の争いが激化するが、フリードリヒの活躍もあり、ホーエンシュタウフェン朝が復活し戦いは収束する。 これで帝国に平和な時代が戻ってきたかに思えるのだが、帝国にデンマーク軍が攻め込んできたのだった。

  • きわどい格好の美少女剣士たちが戦う話です

    ♡11,800

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・21話・62,268字 桑白マー

    2020年10月28日更新

    地球とは異なる世界、ザライスト。 それは、数千年に渡り魔王に支配された世界。 魔王に虐げられていた人類たちは、やがて魔法の力を手に入れた。 世代を交代させながら魔法の力を高めた人類は、後に100年戦争と呼ばれる戦を魔王軍にしかけた。 そして、人類最強の戦士プレピオ・フォギア率いる魔法剣士団によって遂に魔王は討ち果たされる。 しかし、それは更なる戦いの序章に過ぎなかった……。 《ビキニアーマー大賞応募作品》です₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾読んでやってください

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る