現代/青春ドラマ 長編 連載中

アクア・デイズ

作者からの一言コメント

熱帯魚を飼うJKたちの極彩色な日常譚

 行きつけの熱帯魚ショップを訪れた巳堂琴音は、同じ高校に通う小清水由那を発見する。  まったくの初心者だという小清水を見かねた琴音は、「師匠」として水槽のイロハを教えることに……。  琴音の幼馴染である千尋、清楚なクラス委員長の莉緒も加わって、JKアクアリストたちの学園生活はどんどん賑やかになってゆく!?  姿勢はエンジョイ、知識はガチガチ。  アクアリウムを通して交流を深めてゆく少女たちの、ちょっと百合風味な日常物語。  ※本作は「カクヨム」様にも掲載しています。が、付録はノベプラ限定です。  ※毎週金曜日17:05に本編更新します。  協力/キャラクターデザイン:卯月みそじ様 カバーイラスト:はるあや様 タイトルロゴ:黒井澪様 デフォルメアイコン:桑折様

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 アクア・デイズ
作者名 スガワラヒロ
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ほのぼの 女主人公 現代日本 日常 学園 女子高生 百合 部活動 アクアリウム 熱帯魚 水槽 動物 ペット ライトノベル ハッピーエンド
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月30日 17時01分
最終投稿日 2020年10月16日 17時05分
文字数 341,640文字
ブックマーク登録 248件
コメント/スタンプ 2,221件
応援ポイント 1,662,500pt
ノベラポイント 23,185pt
応援レビュー 4件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少女達の異能捕縛劇 くたばれ無敵チート

    ♡142,674

    〇28,255

    現代/その他ファンタジー・連載中・45話・167,500字 兎野熊八

    2020年10月17日更新

    【《チート》とは、卑怯者の意味である 】 大正初期、世界を一変させる事件が片田舎の校舎から始まった。 学び舎に通う少年少女が突如として神の国、異世界へと姿を消し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、神宿し事件『異世界問題』が発生。 たった一人の能力者が国家すら揺るがす程の破格の能力《チート》 これら能力者達を他国に悪用されないためにも誰かが彼ら、彼女らを護る必要があった。 大正九年、異能者による異能者達の、捕獲、保護、管理を旨とする国家運営組織、『国立御影学園生徒会』が発足。 それから100年後、現代、日本。 異世界対策特殊図書委員に所属する、 過去に二つの異世界を救った、 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の乙女、金髪巨乳の男勝り、『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口少女、 『ピーシー』 三人の乙女達は異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々の中、 この夏、長い片想いの末、ついに意中の彼への告白を決意するメクルだったが……。 告白を目前に異世界へと消えた思い人、それと同時に現れた、異能者『レイズデッド』の帰還により、 前代未聞の夏が始まる。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

  • 友情×青春×勝利≒少年◯ャンプ

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・2話・5,591字 緋色

    2020年10月21日更新

    「僕達と同じ、半端者さ」 僕、真白忍はとある才能と感情を失った、半端者である。 これは、そんな僕が無くしたものを取り戻す物語であると同時に、これ以上の被害者を増やさぬべく、奔走する愚者の物語である。 愛されたい、友達が欲しい、勝ちたい。 友情×青春×勝利の物語です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 僕が死んだら世界は変わりますか?

    ♡1,100

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・46話・30,071字 おねこ。

    2020年10月21日更新

    たとえば僕が死んだなら。 誰か泣くのかな?

  • 目の前に現れたのは……不思議な人でした。

    ♡100

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・22話・75,704字 北森青乃

    2020年10月21日更新

    いつもと何ら変わりないその日、1冊のライトノベル小説が発売された。 それはある新人作家の書いた処女作。帯にはキャッチコピーもなく、辛うじて『青空ライトノベル大賞特別賞受賞』と書かれてはいたものの、知名度のせいか最初はあまり注目されなかった。 だが、SNSを皮切りに徐々にその人気は広がり、気が付けばアニメ化、そして現在実写映画化までされる程の作品へと変貌を遂げる。 今や誰もが知っている作品。ただ、それと同時に話題が広がったのは作者の事だった。 桜熊信長(さくま のぶなが)。取材という取材は一切お断りで、男性という事以外、その全てが謎に包まれた人物。その顔すら知っているのは編集長とごく一部。 だからこそ、なぜ彼が私の取材を引き受けてくれたのか……その真意は不明だ。 勿論、私は彼の作品のファンだ。大ファンだ。仕事でもプライベートでも、その熱量は誰にも負けない自信がある。 それ故に知りたい。どんな事でも些細な事でも。そして、可能な限り答えてもらいたい。 一体どんな思いで、どんなことを考えながら……この作品を書いたのか。 さぁ行こう。そして体中に記憶させよう。 桜熊信長という作者が、一体どんな人物なのか……を。