歴史/時代 長編 完結済

偉志倭人伝―王府の侍女と遠国の姫君―

作者からの一言コメント

中華の国で暮らす異国人の物語

読了目安時間:4時間34分

偉志倭人伝―王府の侍女と遠国の姫君―の表紙

【あらすじ】 舞台は東方の大国「偉」の首都、洛昌。 ある日、皇帝の九番目の弟、恭親王が遠い倭国の内親王を娶ることになった。 「偉」に住む倭人の街娘、紀紅葉は、同じく倭人の楊慶に求婚され、人生の岐路に立たされていた。そんな折同族ということもあり、倭国の内親王付きの侍女に任命されてしまう。 降りかかる様々な問題を解決しながら、紅葉は「幸せのかたち」を模索してゆく。 果たして恭親王と内親王、紅葉と楊慶の行く末は――。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 偉志倭人伝―王府の侍女と遠国の姫君―
作者名 戸谷真子
ジャンル 歴史/時代
タグ 女主人公 中華風 後宮 中華 中華ファンタジー 歴史物 歴史
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月17日 14時28分
最終投稿日 2020年5月13日 7時46分
完結日 2020年5月13日 7時46分
文字数 137,065文字
読了目安時間 4時間34分
ブックマーク登録 20件
コメント 24件
スタンプ 112件
ビビッと 0件
応援ポイント 87,500pt
ノベラポイント 50pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 恋に落ちたファーストレディ

    北条政子をモデルにした愛の物語

    2,400

    0


    2021年7月28日更新

    罪人から頂点まで昇り詰めた男に恋をした女の一生。 男の死後までも支え続けた女の矜持とは。 ※フィクションです

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 大正石華戀奇譚<二>

    大正時代が舞台のお話です。

    11,100

    0


    2021年7月28日更新

    大正の時代、華の帝都はある怪事件に揺れていた。 其の名も「血花事件」。 体中の血を抜き取られ、全身に血の様に紅い花を咲かせた遺体が相次いで見つかり大騒ぎとなっていた。 警察の捜査は後手に回り、人々は怯えながら日々を過ごしていた。 そんな帝都の一角にある見城診療所で働く看護婦の歌那(かな)は、優しい女医と先輩看護婦と、忙しくも充実した日々を送っていた。 目新しい事も、特別な事も必要ない。得る事が出来た穏やかで変わらぬ日常をこそ愛する日々。 けれど、歌那は思わぬ形で「血花事件」に関わる事になってしまう。 運命の夜、出会ったのは紅の髪と琥珀の瞳を持つ美しい青年。 それを契機に、歌那の日常は変わり始める。 美しいあやかし達との出会いを経て、帝都を揺るがす大事件へと繋がる運命の糸車は静かに回り始める――。 ※時代設定的に、現代では女性蔑視や差別など不適切とされる表現等がありますが、差別や偏見を肯定する意図はありません。 ※この作品は『カクヨム』『Novelism』『エブリスタ』様にも掲載しています。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む