文芸/純文学 短編集 連載中

雉白書屋短編集

作者からの一言コメント

ショートショートです。ジャンルは色々です

読了目安時間:20時間24分

総エピソード数:413話

ジャンル・長さは色々です。 奇妙だったり不穏だったり理不尽、王道、くだらない、など。 オチは用意しているつもりです。 お読み頂きありがとうございます。 数が増えたのでオススメに◆をつけました。 お役立てくださいませ

総エピソード数:413話

総エピソード数:413話

作品情報

作品名 雉白書屋短編集
作者名 雉白書屋
ジャンル 文芸/純文学
タグ ショートショート 短編 掌編 一話完結 短編集 奇妙 ホラー
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年11月10日 15時00分
最終投稿日 2022年12月8日 14時06分
完結日 -
文字数 612,089文字
読了目安時間 20時間24分
総エピソード数 413話
ブックマーク登録 8件
コメント 16件
スタンプ 159件
ビビッと 23件
応援ポイント 39,650pt
ノベラポイント 120pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 胃ろう

    胃ろうを受ける若い女性

    4,800

    300


    2022年10月30日更新

    浦野優子は19歳、母と暮らしている。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 子供の島の物語

    その島の住人はみな元は大人だった

    65,627

    533


    2022年12月8日更新

    《あらすじ》 そこは子供だけしかいない子供の島。そこにいる子供達はみな元は大人だった。なぜ大人が子供の姿にされているのか。この島は何のためにあるのか。子供達の過去に触れながらそれを解き明かしていく。 《作者コメント》 主人公の設定はファンタジーです。舞台も地球に似た世界であり、地球ではありません。 文芸/純文学と言うほど深い内容でもないんですが、ファンタジーぽくないエピソードも多いのでとりあえずそこに分類してあります。 話の構成上、登場人物が多いですが、読んでくださる方がいれば嬉しいです! ※この話はフィクションです。実在の人物、団体、地名、事件などとは一切関係ありません。特にキャラクターの名前を地名から取ってたりするのですが、響きが気に入っただけで、その場所とキャラクターは何の関連性もありません。 ※飲酒、喫煙シーンがありますが、実年齢ニ十歳以上と設定したキャラクターのみです。 ※お子様向けではありません。一部差別用語が出てきますので、閲覧ご注意ください。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る