連載中 短編集

あなたの作品、「イイトコロ サガシ」させて下さいませんか? ~咲蘭の褒め褒め御殿へようこそ~

作者からの一言コメント

褒め褒めビーム炸裂!皆でえいえいおー🔥

あなたの作品の「イイトコロ サガシ」させて下さいm(__)m。 軽いノリで、良いところを探させていただきます。是非、皆さんも一緒に探して下さいね。 拙作からの褒め褒めビーム(うわぁ、超絶だっさいネーミング……)を浴びて、執筆やリアルで頑張る活力が生まれたら嬉しいなぁ。 ま、褒め褒めビームですから。 軽いノリです。お気楽にどうぞ~。 ※題名 一部改題いたしました。2020.01.14 ※表紙は ますこさんよりいただきました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 あなたの作品、「イイトコロ サガシ」させて下さいませんか? ~咲蘭の褒め褒め御殿へようこそ~
作者名 咲蘭
ジャンル 作品紹介
タグ ノベプラオンリー ノベプラ作品 紹介? イイトコロサガシ お気軽 適当? 褒め褒めビーム えいえいおー🔥
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月12日 23時28分
最終投稿日 2020年7月21日 22時33分
文字数 28,953文字
ブックマーク登録 59件
コメント/スタンプ 239件
応援ポイント 78,638pt
ノベラポイント 190pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ボツキャラクターにも人生はある。

    ♡224,574

    〇5,762

    現代/青春ドラマ・連載中・39話 八番出口

    2020年8月9日更新

    ギャグ作品のボツキャラクター、春心と朱音。 SF作品のボツキャラクター、しづく。 ミステリー作品のボツキャラクター、メーベル。 ファンタジー作品のボツキャラクター、ルシア。 彼女たちはいま、現実世界で生きている。 これは“作者”に捨てられてしまった少女たちを中心に回る、日常と青春の記録。 ボツになったキャラクターのその後のお話。 ◯ギャグ、ファンタジー、SF、ミステリー……様々なジャンルのキャラクターたちが入り乱れる、日常系ギャグコメディです。 ◯登場するキャラクターによって小説のジャンルが変わることがあります。 ※カクヨム、エブリスタにも掲載中です。 ※不定期投稿です。

  • 長い道のりの先、光を掴み取るRPG。

    ♡77,800

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・455話 万十朗

    2020年4月12日更新

    記憶喪失の少年は、少女と出逢って“デュー”になる。 記憶の手がかりを探す旅から始まるややノリが軽めのにぎやか冒険ファンタジーです。全五部構成。 RPGを遊ぶような感覚で、成長、変化、繋がりをお楽しみくださいませ。 挿絵はたまにあったりなかったりします。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 私の寿命が尽きるその日まで続けます

    ♡1,066,971

    〇3,640

    作品紹介・連載中・161話 魚住真琴

    2020年8月11日更新

    基本は書き手の私ですが、自分に足りないものを補うため、色んな思いやその中に隠されたものを理解しくみ取る能力を身に着けたくて隠れた名作を読んで学んでいきたいと思っています。正直者ゆえ、酷評になってしまいがちな可能性はありますが、それでもいいですよ!という心優しい方の作品をお待ちしています。もしかすると、勝手に読んで勝手に感想の時もあるかもですが、そのへんは許してくだされ…… 皆さまの素敵な作品をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

  • ノベルアップ+内のオススメ作品紹介所

    ♡57,650

    〇105

    作品紹介・連載中・7話 魚住真琴

    2020年8月11日更新

    おいでやす。 生粋の京都人、魚住真琴と申します。 こちら、文字の海の中の回遊魚と呼ばれる魚住真琴のオススメ作品の詰まった場所でございます。 「読みたいけど読みたいものを探すのが億劫」 そんな方にぴったり。 こちらは読者として好みの目が激しい魚住真琴のオススメばかりが並んでおります。 ただし、好みが激しい故に更新頻度は遅いです。 けれど、オススメは間違いなく一押し。 <書籍になったら絶対買う!> というほど推せるものしか並んでおりません。 そんな魚住真琴のお墨付き、よろしければそこの読者様。 読んでみませんか? 読者の為だけの読者が本選びに困らないための図書館。 「エピソードタイトル」は作品名ではなく『紹介ポイント』となっております。 (いわゆる、紹介文句。紹介タイトル、といった捉え方でお願いします) 気になるタイトルを押して紹介を見て気に入った方は是非小説の本ページへ飛んでくださいまし。 良作、ありますえ