歴史/時代 長編 連載中

世界史嫌いのchronicle(クロニクル)

作者からの一言コメント

ある女子高生の不思議な体験

 聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸菜穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果......

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 世界史嫌いのchronicle(クロニクル)
作者名 八島唯
ジャンル 歴史/時代
タグ コメディ 女主人公 学園 現代日本 部活動 日常 ミリタリー 百合
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月16日 8時14分
最終投稿日 2020年10月27日 16時40分
文字数 31,596文字
ブックマーク登録 23件
コメント 4件
スタンプ 57件
ビビッと 0件
応援ポイント 34,800pt
ノベラポイント 211pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • レオンハルトは恐れない

    ♡191,100

    〇2,375

    異世界ファンタジー・連載中・67話・229,620字 祖夜

    2020年10月28日更新

    交わるはずのなかった人間とエルフの間に子供が生まれた。 人間の父の武勇に憧れたレオンハルトは国を守る騎士となる。 魔獣狩を専門とする王都第三騎士団に所属し、その実力を発揮するさなか、厄災と呼ばれる黒龍が姿を露わにした。 かつて誰も倒したことのない強敵を前に、レオンハルトは剣を握る。 その身に、金色の力を宿して。 ※旧題「レオンハルト戦記」 ※第二章完結!

  • 我等を舐めるな、〈自称〉現実!!

    ♡129,280

    〇277

    異世界ファンタジー・完結済・120話・1,151,629字 博元 裕央

    2020年10月25日更新

    「ビキニアーマー、だとぉ……!?」「我等《ファンタジー》を舐めるな、〈自称〉現実《リアル》!!」 半裸《ビキニアーマー》の美少女、それは世界で最も恐るべき抜き身の刃! 水で満ちた宇宙に浮かぶ泡の世界・混珠《こんじゅ》。 その片隅で仲間達との冒険者生活を慈しんでいた、かつてとある地球の少年であった転生者の少女リアラの日常は突如崩壊した。 邪悪な異世界転生チート達の秘密結社、新天地玩想郷《ネオファンタジーチートピア》の攻撃に惨たらしく殺される仲間達。 そんなリアラを救ったのは、ビキニアーマーを纏う美少女、チートに抗う力を持つ竜の勇者ルルヤ。 今、敢えて古の道を行く時代遅れな奴等の逆襲が始まる! (表紙は風見屋様に書いて頂いた物、挿絵は同じく風見屋様に書いて頂いた物に加え、忍坂けの様に書いて頂いた物、瑠華様に書いて頂いた物、まふゆとら様に書いて頂いた物、鉄機様に書いて頂いた物です)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 家庭教師、タイムスリップ&ミステリもの

    ♡34,600

    〇1,240

    歴史/時代・連載中・53話・142,962字 木春まむ

    2020年10月28日更新

    売れっ子家庭教師のわたし。 タイムスリップした先は、たぶん平安時代。このおてんば姫君の、花嫁修業指導?! しかもなぜだか、帝の暗殺未遂事件に巻き込まれて……?! 家庭教師、天下無敵、八面六臂の大活躍!(ウソです、ちょびっとだけです) ※「小説家になろう」で完結済みの作品を加筆改稿いたしました。

  • 中国16世紀末 明清興亡の物語

    ♡1,526

    〇16

    歴史/時代・完結済・14話・28,650字 我輩は豆である

    2020年10月28日更新

    この物語の舞台は16世紀末から17世紀初頭の中国です。この頃、中国東北部の後に満州といわれることになる土地では、女真族(後の満州族)といわれる人達が、幾つもの小部族に分かれ、ちょうど同時代の我が国の戦国時代のように、互いに争っていました。本編の主人公である愛親覚羅ヌルハチという人物は、その中でも弱小部族に生まれながら、幾つもの戦いに勝利し、ついに名実ともに天下人となり、大汗(中国でいえば皇帝の位に匹敵する)という至高の位を手にします。 その頃中国を支配していた明王朝(日本でいえば室町初期から江戸初期まで中国を支配)は、すでに衰退期にさしかかり、特に我が国の豊臣秀吉の朝鮮出兵により、甚大な人的、物的損害をだし、国威は傾くばかりでした。当然、東北でのヌルハチの勢力拡大は面白いはずもなく、両勢力はやがて衝突する宿命でした。 両者の戦いは最終的にはヌルハチの女真族が勝利し、やがて明にかわって清がおこるわけですが、本編ではそのターニングポイントとなったサルフの合戦といわれる戦いと、明側の最後の抵抗となった寧遠城での、元文人にして「今孔明」といわれた袁崇煥との死闘にふれてみたいと思います。今回の小説は短編ではありますがよろしくお願いします。 (アルファポリスでも同名の小説を投稿しているので、もしよろしければそちらもお願いします)