童話/絵本/その他 短編集 連載中

3日後に死を迎えるものの前に死神が現れ死を宣告するお話

作者からの一言コメント

死—―それははじまりでもある

死――それは生きとし生けるものすべてが最後に迎えるもの。 そんな死を迎えようとしている者たちの三日前に現れ、死を宣告することを仕事とした死神が存在した。 死人ある所に死神あり。 今日も死神は死を迎えるものの前に現れる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 3日後に死を迎えるものの前に死神が現れ死を宣告するお話
作者名 遠浜州
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ ショタ 子供 死神 宣告 お告げ
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年8月2日 0時12分
最終投稿日 2020年8月2日 13時51分
完結日 -
文字数 10,495文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔法少女自殺〜エラープロセス

    魔法少女が自殺した。本当のゲームが始まる

    21,100

    100


    2021年4月20日更新

    魔法少女春風美兎が自殺した。 死ぬ直前に謎の数字を友人達に遺して。 以降世界にただならぬ空気が流れ始める。 偽物の魔法少女達が、真相の解明と解決に乗り出すが。 ニュースにも取り上げられる異常現象の真実は? 原因は何か? 何かを知るはずの少女、野倉野々は諦観したような眼差しで「偽善者乙〜」とほくそ笑み、何も知らない人達はただ困惑してパニックに。 知る者と知らない者達のファンタジックヒューマンドラマ 日間総合一位に一瞬だけなりました! ありがとうございました!

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

  • ルナティック・ダンスホール

    そのカグヤ、狂犬につき……

    241,600

    11,160


    2021年4月17日更新

    増見 光成(ますみ こうな)は紅い月がかかる夜、迷いの竹林で殺されかける。 光成を救ったのは、「カグヤ」と名乗る一人の男性。 彼は、月からとある理由で逃げ出したという。 カグヤを巡り、繰り広げられる血みどろの争い。 果たして、「カグヤ」はナニモノか ☆の話にはイラストを掲載しています。 2020年 エブリスタ(他サイト)にて新着セレクション選出 2021年1月3日 日刊総合ランキング1位(現代・その他ファンタジー部門も日刊1位) 応援ありがとうございます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間56分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る