連載中 短編集

千夜一夜幻想譚〜あるいは巡夢にまつわる学者と秘書の夢物語〜

作者からの一言コメント

夢、それは幻想の支配するもう一つの世界

 短い言葉で語られる千夜一夜物語の第二弾。  それは「巡夢」を見続ける一族の末裔である学者のクラリスが秘書のアルマに語る幻想と怪奇の物語……。  アイコンはあままつ様(https://ama-mt.tumblr.com/about)のフリーアイコンを使用させて頂いております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 千夜一夜幻想譚〜あるいは巡夢にまつわる学者と秘書の夢物語〜
作者名 伊予夏樹
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ 千夜一夜幻想譚 幻想小説 怪奇小説 怪談 ファンタジー 神話 民話 伝承 民謡 伝説 掌編 掌編集 ノペプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月28日 5時05分
最終投稿日 2020年8月4日 19時41分
文字数 17,876文字
ブックマーク登録 7件
コメント/スタンプ 20件
応援ポイント 5,800pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メソポタミア神話×現代

    ♡11,200

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・7話 白金真珠

    2020年8月4日更新

    高校生・白岡 陽治(しらおか ようじ)は目覚めると路地裏に倒れていた。 なぜ倒れていたのか?そもそもそんな場所にいた理由は? 記憶の抜け落ちた陽治をさらに困惑させたのは頭に響く別人の声。 「そなたはだれだ?――儂は……はて、だれであろう?」 二重人格?しかも、揃いも揃って記憶喪失? 自分たちはなぜ記憶を失ったのか。その謎を追い求めるうちに、さらなる奇妙な出来事に巻き込まれる陽治。頭のなかの同居人はその“奇妙”を追い求めていて……? メソポタミア神話×現代。記憶喪失ふたりによる、世にも奇妙な物語。

  • 存在が『日常の謎』、令和の鉄道ラブコメ

    ♡15,800

    〇20

    恋愛/ラブコメ・連載中・41話 ただのカカシ

    2020年8月3日更新

    静岡県・伊豆半島の東側、伊豆多賀駅近くの高校。 そこで活動している、研究会から昇格した〝鉄道研究部〟。 部員のほぼ全員が〝頭のおかしい馬鹿〟な鉄研。 当然、そこで過ごす日々は、頭の痛い日々の積み重ね。 鉄研部長・新橋鉄也は、いつも通り、鉄研部員の頭のおかしさに頭を悩ませていた。 頭のおかしい生活を強いられるこんな部活にも、ライバル校(?)が存在していたり、新入部員がやって来たりするらしく……? 〝頭のおかしい鉄道ラブコメ〟は、〝コメ〟も〝シリ〟も、何もかもがフル加速。 令和であっても、世に出すには時代が早すぎる鉄道ラブコメ(自称)、乗車出来る読者だけ乗ってこい。 ……上から目線、失礼しました(突然の萎縮)。 ※展開はこれまでの分を引き継いでますが、いろんな意味で別モノと化してます。 ※所々でエロいシーンがあります。苦手な方は、許してください。 ※この作品は、〝ノベプラ史上最も尖鋭的な作品(多分)〟となっております……???

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る