完結済 短編

業火

作者からの一言コメント

ここまでヘビーなのは久しぶりです

「マッチ売りの少女」を私なりに解釈してみた作品です。 Twitterフォロワーさん1100人記念作品です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 業火
作者名 淡月悠生
ジャンル 文芸/純文学
タグ ダーク シリアス 女主人公 西洋風
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年6月12日 22時55分
最終投稿日 2019年6月12日 22時55分
文字数 1,278文字
ブックマーク登録 4件
コメント/スタンプ 5件
応援ポイント 1,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • このSFには救いはないかもしれない。

    ♡35,750

    〇285

    SF・完結済・9話 threetones

    2020年5月16日更新

    ロボット工学三原則参加作品です。 迷ってたんですが、思い付きで参加です。 アイディア勝負の作品ですね。名も無きロボットAが、一人称で話すだけのお話の予定でしたが…… ここから何話かやってみようかな?と思い直しました。 結構、真面目な内容になってしまって驚きです。色々読者の人に想像してもらえるなら、いいなぁと思いながら書きました。この話を読んで何か感じて貰えたらいいなと思います。 きっとこの話には、きっと救いがないでしょう。 何を思うかは、あなた次第です。

  • 2020年7月5日更新

    illustration : pikora氏 中央帝国オデツィア。 新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。 生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー 一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。 そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。 クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。 ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。 ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。 そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。 だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。 いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 初心者ですがよろしくお願いします。

    ♡1,250

    〇0

    文芸/純文学・連載中・8話 柴先生(現役高校教員)

    2020年7月5日更新

    A県立島崎高等学校、通称”島高”は、懲戒処分を受けた教員が飛ばされ寄せ集められるいわゆる”島流し”の学校だった。 体罰、セクハラ、盗撮、パワハラ…ここにいる教員は心に闇を抱えたものばかり。幼なじみの鈴木林檎と一緒に島高へ入学した主人公の助川仁介は、ここで人生を変える経験をすることになる。

  • 一番最初に書き始めた長編小説です。

    ♡38,500

    〇5

    文芸/純文学・連載中・180話 谷内 朋

    2020年7月5日更新

    半世紀の歴史を受け継ぐ若者たちの奮戦記です。 創業五十年を迎えたものの、経営者の高齢化によって閉館が決まっていたペンション『オクトゴーヌ』 そこに最後の客としてやって来た若い男性に興味を示し、閉館を撤回して後継を託す。 それから一年半後、先代経営者が亡くなって程なくリニューアルオープンを迎え、様々な人々と関わり合いながら少しずつ地域に根付いていく。 *現在第五章まで公開中、第六章は7月1日からの投稿を予定しております(要は今準備中)_(_^_)_ 他サイトでも掲載中です。