歴史/時代 長編 連載中

魯鈍の人(ロドンノヒト) ~信長の弟、信秀の十男と言われて~

作者からの一言コメント

信長信照伝はホントにいた史実の人です。

気が付くと戦国時代? 人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。 生活は最低・最悪。 それでもこの世界ではマシな部類という。 織田信照は信秀の10男だ。 10男って、がんばり過ぎでしょう。 もうギャグでしかない。 信秀の子と言えば、織田信長。 第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。 魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。 天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか? 美男子コンビが取り成す、戦国トンチコメディーのはじまりだ。 魯鈍の人は総押し、それとも総受けか?

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 魯鈍の人(ロドンノヒト) ~信長の弟、信秀の十男と言われて~
作者名 牛一・冬星明
ジャンル 歴史/時代
タグ 転生逆行 織田信長 織田信輝 10男 歴史
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年7月30日 12時08分
最終投稿日 2020年9月27日 13時00分
文字数 268,484文字
ブックマーク登録 23件
コメント/スタンプ 86件
応援ポイント 51,500pt
ノベラポイント 32pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 書籍化を目指しています!

    ♡1,100

    〇0

    歴史/時代・連載中・33話・126,415字 桜姫

    2020年9月27日更新

    難病を患い入院していたあたし・織田原萌華は、ある日様々な時代の歴史上人物が居る異世界・冥王界に転移する。其処であたしを助けてくれたのは、ナゾの美少女(?)だった。 その中であたしは、不治の病を患う美青年にも出逢う。クールで毒舌な彼に最初は戸惑うあたしだったけれど、やがて彼の素顔と悲しい過去を知り……!? ❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀ 本作は、『涙色の夢路(ゆめ)』シリーズの本編の上巻になります。 〈注意〉 血に関する描写、暴力描写、死、過呼吸、病気に関する表現があります。 自殺未遂に関する表現がありますが、決して自殺を推奨するものではありません。 過激表現はしていませんが、BLに関する描写があります。 カクヨム、エブリスタ、アルファポリス、野いちごにも同じ小説を掲載しています。 タイトルの「夢路」は「ゆめ」と読みます。サブタイトルの「永久」は「とこしえ」と読みます。 意見・質問等があれば、コメントまたはレビューからお知らせ下さい。 方言はしっかり調べてから書いていますが、万が一間違い等があれば知らせて下さると嬉しいです。

  • 命を賭して武士道を貫く、頑なな男たちの物

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・5話・21,936字 犬原理(筆名がよく変わる人)

    2020年9月27日更新

    実家が剣術道場を営む雲月蒼葉(くもつきあおば)の父親を殺したのは、悪斬り偽善と呼ばれる男だった。 悪斬り偽善は、その名のとおり悪を斬る男だ。 しかし、それでは父が悪だったということになってしまう。