エッセイ/評論/コラム 短編集 連載中

今はできない結石の夜食思い出話

作者からの一言コメント

これはあくまで思い出話です。

ノベプラさんで夜食コンテストが開催されるので気分転換に書いたものです。 色々病気持ちの私ですが、若い頃は夜食というものを食べておりました。 今ではもうできませんが……そんな若い頃に食べていた夜食の思い出話を書いてみたいと思います。 ……思い出話です。今はもう夜食は食べておりません……。 (小説家になろう、カクヨムにも掲載しています)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 今はできない結石の夜食思い出話
作者名 尿路結石
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 夜食 エッセイ レシピ 飯テロ 禁断の夜食コン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月18日 8時57分
最終投稿日 2020年10月24日 0時02分
文字数 3,616文字
ブックマーク登録 1件
コメント 2件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ( 。∀ ゚)

    ♡27,615

    〇10

    エッセイ/評論/コラム・完結済・5話・6,666字 春ノ嶺

    2020年10月21日更新

    何がヤショクアッププラスだよ!!!!こちとらミリメシアッププラスじゃい!!!! ・軍隊の料理レシピを応用して夜食っぽく仕立ててみようという試みをしてみようという駄文まとめです ・作者は胃袋が小さいので普段ほぼ夜食をとりません ・というか10時には布団に入ります ・レーションは出ません

  • 絶望から始まるアホの物語

    ♡15,300

    〇300

    異世界ファンタジー・連載中・18話・38,106字 昆布茶

    2020年10月29日更新

    休みの日に現実に疲れたオタクの灰斗は、現実逃避のために大量の古本を購入する。 灰斗は購入した本の中で、25巻セットで990円(税込み価格)のライトノベルを読むことにした。 時間を忘れて読んでいく灰斗だったのだが、突如急激な眠気と悪寒が襲いかかる。 朦朧とする頭でベッドから降り、飲み物を飲もうとした瞬間―― どこかで見たことのあるようなキャラクターが現れた。 それは先ほどまで読んでいたライトノベルの登場キャラクター、エルフのアルシュカだった。 アルシュカの放った特大の爆弾は灰斗を大混乱にたたき落とす。 灰斗は先ほどまで読んでいたライトノベル、『俺のエクスカリバーで世界を救ったら、ハーレムが100人出来ました』(通称、俺ハレ)の噛ませ犬のグレイ・アホホールに憑依してしまったのだ。 これはグレイとなった灰斗が、主人公に無残な噛ませ犬にされないように奮闘する努力と覚悟の物語である。 ※タイトルとあらすじを変更しました(内容は変わっていません)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • エッセイ

    ♡100

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・3話・2,023字 伝説の大曲現品限り

    2020年10月31日更新

    エッセイだよ

    タグ:

  • これからもよろしくお願いします!!

    ♡500

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・2話・3,062字 村雨

    2020年10月31日更新

    深夜まで起きてることが多いかと思われます。 「小腹が空いて作業が進まない…。」 「小腹が空いて眠れない…。」 夜食の存在意識は学生とわず社会人にも起こってしまうということだ。 つまり誰だって起こってしまうこと。 食はいきることに必要不可欠。しかし夜の食事って罪悪感があることはありませんか? いかなる空腹でも、ちゃんと向き合えば、夜食は罪悪感なく食べられます。 太りにくい体質づくりに役立つこともあり、ダイエットとしても使えてしまう!! そして、実際にこれは簡単に作れてしまうことができる… ただし空腹時に見るのは自己責任となりますので、ご了承ください。