現実世界で神々はゲームを始めたようです~プレイヤーランキング一位のラッキボーイは平穏に暮らしたい~

ついに実戦。主人公の実際の強さはいかに。

四話 実戦

 日曜日、眠りについたあなたは神の遊戯へ誘われる。  ぱちりと、目を覚ましたあなた。時計は朝の7時を指している。  始まったんだ。  不思議そうな顔をしたあなた。  家の窓を開け、外の世界を見渡す。  ……。  いつも通りの街並みに、青い空。    特に元の世界との相違はない。  あなたが元々いた世界と、神の遊戯の世界。外観的違いはないようだ。  しかし、鋭敏になったあなたの感覚はこの世界に漂う不思議な気配を捉えた。  可視化できない不思議な力……あなたの中にもその力が存在することから、おそらく魔力か氣。もしくは別の何か。  そういった不思議な力が集積する場所。それらがこの世界に点々と存在するようだ。  強力なものではここから数百キロメートル以上離れているような気がした。いや、地球の反対側にある気配すら感じ取ることが出来る。  はて。あなたは首を傾げる。  ステータスによる感覚が優れているのか、それともこの集積地の気配があまりにも強大なのか。判断に困ったためだ。  いや、現状はどちらでもいいか。  あなたは思考を切り替え、身近に感知した気配に気を向ける。  純粋な殺気を放つ、明らかに人間とは思えない異形な気配。  この気配が、プレイヤーの生存を妨げるために神々が用意した何かなのだろうか。  あなたは靴を履き、玄関から外に出る。それから、体に満ちるエネルギーのままにアスファルトを蹴った。  急激な上昇。風を切り、5メートル、10メートルを超え。あなたは空に飛び上がる。  すごい。あなたは月並みながら、そんな感情を抱いた。  浮遊感。それからあなたは重力に引かれて、落下を始めた。  スタッ、と。あなたは隣の家の屋根に落ちる。  あ、ごめんなさい。  あなたは人の家の屋根に飛び乗ることに、罪悪感を抱いた。  あなたは再びジャンプした。  ステータスの影響なのか、力を意識して屋根を蹴れば、重力などないかのごとくあなたは空を跳ぶことができる。  また、蹴った屋根がへこまないように、力加減に気を付ける。  そういった力加減を巧みに扱えるようになっていたのは、技のステータスのおかげだろうか。  風を切り、空を跳ぶ。  ジェットコースターのような疾走感に、あなたは自然と楽しい気分になった。  電信柱や標識を踏み台に、あなたは空をぴょんぴょんと駆け回る。  くるりと空中で一回転し、高い電信柱の上に着地した。  そしてあなたは、一番近くにいた異形な気配の持ち主を目視する。  白いマネキン?  その異形な姿を見たあなたは、それに対してそんな感想を抱いた。  全裸のマネキンをペンキで真っ白に塗りつぶしたかのような人型。  怪物、モンスター、魔物。そういった生物的なものというよりは、どこかプログラム的で無機質な印象。  あなたはこれをエネミーと呼ぶことにした。  エネミーの形は人型だが、その人形染みた無機質的な雰囲気は、あなたの命を奪うことに対する躊躇(ためら)いをなくした。  あなたは魔術を使ってエネミーを倒してみることにする。  【火矢】の魔術を意識すると、脳内に不思議な文字を使ったプログラムのような文章が思い浮かぶ。  【火矢】の手順は熱の発生、制御、術式付与、射出。  威力を弱めに調整し、あなたは魔術を発動する。 ――魔術【火矢】  あなたの頭上に形成された業火がその名の通り矢のように射出され、エネミーを飲み込み、そのまま地面を貫く。  残されたのは直線上にえぐり取られた無残な道路だった。  ……。  非常に軽く撃ったのにこれなら、全力で撃ったらどうなるんだろうとあなたは考える。  試してみようか?  周囲の被害が大きそうなので止めておくことにする。 ――それにしても、この破壊の跡は現実世界にも残るのだろうか。  あなたは恐ろしい可能性に青ざめる。  いや、きっと遊戯が終わったら戻るだろう。うん、きっと。本当に。お願いします。  希望的観測を抱いて、あなたは考えるのを止めた。  次にあなたは魔法を試してみることにした。  不思議なことに、あなたの魔法は魔術と違い、発動しようと考えたときには既に発動していた。  魔術とは全く違う発動プロセス。今のあなたには魔法がどのように発動しているか、全く理解できなかった。  理解するためには知などのステータスが足りないのだろうか。  なんとなく、魔法とはその名の通り世界に法則を一つ増やすようなものだと理解できたが、それ以外は理解できなかった。  しかしそれだけでも、魔法がとても恐ろしいものであることは理解できた。  つまり、魔法とは法則なのだ。大きい質量に質量が引き寄せられる万有引力の法則があるように、絶対の法則を世界に創造する。  引力は抗うことができるが、引力が発生するという事実はどうあがいても止めることができない。  あなたの魔法はあなたの感じる限り、【誰にも干渉されず、快適に平穏に暮らしたい】という願いを元に作られている。  例えばであるが、【全てを燃やしたい】や【人を自由に操りたい】などの願いを元に魔法が作られたら。  想像するだけで、恐ろしい。  将来起こりえる可能性に憂鬱な気分になりながらも、魔法への考察を一端打ち切り、あなたは今自分が発動した魔法へ意識を向ける。  あなたが体感したもの、この空間はまず空気が違う。  この空間にいるだけで、とても心地が良い。  しかし周囲を探ると驚くことに、空気が一切存在しない。この世界は真空なのだ。  本来、世界には空間中の物質を一定にする力が存在する。  例を挙げるなら、理科の実験などで出てくる真空瓶などが分かりやすいだろうか。  真空瓶とは瓶の中の空気を抜いて真空を作り出す瓶のことだが、瓶の中に真空を作り出した後に、瓶の中と外を遮ってきた仕組みを外すと、瓶の中に急激に周囲の空気が入り込む。  これは瓶の中の空気がない空間と、周囲の空気がある空間のどちらにも同じような量の空気があるように、均一化する力が働くから起こる事象だ。  故に、本来真空に等しいこの空間に生身をさらされたら、体中の気体や液体が体外に放出される力が働き、鼓膜などを筆頭に体中大変なことになるのだが、それが一切無い。  ステータスが何らかの性能を発揮しているのかとあなたは考えたが、呼吸が問題なく行えていることから、ここはそういった法則そのものが存在しない摩訶不思議な空間なのではと予想する。  そもそも、この空間では呼吸ができるのだが、呼吸をしたときに吸っているこの空気は一体どこから来ているのだろうか。  いや、空気を吸っていると錯覚しているだけなのか?実際に吸ってはいない?  疑問が尽きない、とても不思議な場所だ。  それに、あなたが魔法を使う前と使った後の風景は一切変化していない。  しかし、あなたの足は足場にしていた電信柱にほんの少しめり込んでいる。  あなたが移動を意識すると、体は真下に下降した。あなたの肉体はまるで存在しないかのように電信柱をすり抜けている。  ……。  あなたは思わず無言で驚愕する。  まるで幽霊になったかのような気分。  意識すれば移動できることも、壁をすり抜けられることも何もかもが異常である。  だが少し思う。  何これ楽しい。  移動に関してはどうやら行きたいところに自由に行けるようだ。  いくらか動き回り、最後に空中で特に何の力を使うこともなくあなたは制止する。  意思関係なく、この空間ではあなたは物体をすり抜けるようだった。本当に幽霊のようだ。  では魔術はどうだろうか。  あなたは【火矢】の魔術を、最小限まで火力を抑えた状態で、試しに道ばたのちょっとした石に放ってみる。 ――魔術【火矢】  火矢はまっすぐ射出され、石を、その先の土の中をすり抜け、見えなくなった。  ふむ。  どうやら魔術もすり抜けるようだ。  ここなら全力で魔術を撃っても良さそうだとあなたは考え、試しに【火矢】に現状で込められる全ての力を込め、右手を空にかざして、魔術を放つ。 ――魔術【火矢】  音はしなかった。そして、目にも止まらなかった。  あなたの手から放たれた、炎といってもよいのか不明なほどの圧倒的熱量は、凄まじい速度でレーザー光線のように空を貫く。  その面積はまるで空を覆い尽くさんばかりに広大で、あなたはもっと収縮すれば良かったなと考えた。  そして思った。これを地面に向けて撃ったら地球が消し飛ぶのでは?と。  魔力消費は総量のだいたい5%くらい。現状の技量ではこれ以上力を込めたら術式が壊れる。  あなたのステータスは魔力4000。  極振りをするなら、計算的には1つのレベルアップで10ポイントのステータスポイントを得られるので、400レベルほどで地球を消し飛ばせそうな熱量を出せる。  もしくは何か魔術を補助する道具やより優れた魔術を使えば、さらに低レベルでもおそらく国を国土ごと消し飛ばすには十分な火力を得られるだろう。  核兵器より大規模な厄災をもたらす、歩く人間破壊兵器。  あなたはプレイヤーの存在が政治に与える影響を考えただけで目眩がした。  もし、テロリストなどにこの力が渡ったら、好戦的な国がプレイヤーの力を手中に収めたら、紛争地帯でプレイヤーが現われたら。  あなたは携帯からプレイヤーランキングを見る。  しかし残念なことに、プレイヤー名が何語か理解することが出来ても、どこの国のプレイヤーかは正確に把握することができなかった。  国名と使う言語が一致している国は割と少ないのだ。  それにしても和国の漢字ではない、核国とみられる漢字のプレイヤーが多い。  流石は人口が13億以上もいる国家といったところだが、あなたの住む和国と、核国は一つの島を巡って領土問題を抱えているため、色々と面倒なことになりそうだと考える。  幸いなのは朝光語がないため、好戦的なことで色々と問題がある北朝光国にはプレイヤーがいないと考えられることだろう。  ふと、あなたは興味深いプレイヤーを見かけた。 <七一位 ゆう 1日>  ひらがなだ。どうやらあなたと同じ国のプレイヤーのようだ。  あなたは少しだけほっとした。  これなら、あなたが将来プレイヤーとして名乗り出なくても大丈夫そうだ。  1億2000万ほどの人口を持つ和国なら、1人プレイヤーが見つかれば将来的に行なわれるだろう捜索の手も緩むはず。  それにしてもと。あなたはルーシー語のプレイヤーがいないことを不思議に思った。  かの北の大国ルーシーは人口が多かったはずだし、ルーシー語圏も広かったはずだ。運が悪かったのかも……?とあなたは考察を適当に打ち切り、今後どのようにするかを考える。  数秒思考し、あなたは結論を出した。  とりあえず戦闘経験を積もう。実力を身につけることが役に立たないということにはならないだろう。  それとこの世界の探検。まず魔力が集積している場所へ行ってみよう。  あなたは強い魔力を感知した方向へ移動を開始する。  移動のためにあなたはエネルギーを一切使用していないが、その速度は尋常ではない。  この空間では、あなたが想像できる範疇で際限なく加速できるのだ。想像さえできるのなら、おそらく光より早く移動することもできる。  これはある意味夢と同じような性質を持った世界ともいえる。  あなたは凄まじい速さで空を飛び、魔力の集積地へ向かった。

主人公の力の一端が見れました。 色々と面倒なのは、基準を作ることです。ステータスをどれくらい振ったらそれくらいの火力が発揮できるようになるのか。他のプレイヤーはどれくらいレベルが上がっているのか。とりあえずざっくりとした感覚ですが、力か魔のステータスが1000くらいいったら、広島の核爆弾くらいの威力を発揮できると想定しています。地球壊れる。 というか将来、ハイレベルのプレイヤーが地球でぶつかり合ったら色々とやばいです。流れ弾で消し飛ぶ国とか出そうですね。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 美桂ちゃんと拓海くんのイチャラブ日常系

    ♡1,900

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・1話・1,195字 松本 せりか

    2021年3月2日更新

    美桂と拓海が出会ったのは、幼稚園の頃。 その頃の幼稚園は、空前の結婚ブームだった。 『僕ねぇ。結婚したら、奥さんと子どもといつまでも仲良く暮らしたいんだ』 同じクラスの相沢拓海くんは、女の子に囲まれながらそんな事を言っていた。 そんな無邪気な拓海くん5歳の発言に、私こと美桂の幼稚園生活は黒歴史に代わった。 その後も、美桂の世話をせっせと焼き続け。 お互いの両親も攻略して、どんどん外堀を埋めていく拓海くん。 一応、抵抗はしたのだけど。 私は仕事が出来なくなるくらいなら、結婚もしないし、ましてや子どもも欲しくない。 子どもが欲しいのなら他の人を選ぶべきだと……。 そう言ったのに、拓海くんはそれでも良いと了承してくれた。 そうして、気が付いたら、結婚生活が始まっていた。 このお話は、とある夫婦のこぼれ話。 恋愛時代や結婚後のお話を一話完結でお届けしています。(R15) 番外編に『午前三時の小さな冒険』 真夜中まで、眠れなかったのは幼い頃には良く見えていた。ある現象を待っていた。 ベッドの上でうずくまっていると、横で寝ていた拓海くんに布団の中に引き込まれ、彼の腕の中で見た夢のお話。 『~記憶の迷宮~』 会社でこけて頭を打ってしまい、記憶を無くしてしまった美桂。 病院からの帰る場所に、実家では無く夫の拓海のそばにいる事を選んでしまった。 僕たちは、夫婦だったんだよ。大丈夫? と言って、戸惑いを見せる拓海はそれでも優しく記憶の無い美桂を支える。 美桂の記憶が戻るまでの、お話。(R15) おまけの『妊娠・子育て編』 妊娠への戸惑いと産後の大変さを夫婦で乗り切ります。 拓海の娘への愛情たっぷりのお話もあります。

  • ❤️毎週更新 🔞ゲームに異世界転生!?

    ♡380,351

    〇7,600

    異世界ファンタジー・連載中・124話・396,171字 不適合作家エコー

    2021年3月2日更新

    プロットあり ‪https://novelup.plus/story/406532720‬ 現世では男だった主人公は負けるとご褒美映像のあるアダルトゲームの女主人公に異世界転生してしまった。 負けると強くなる世界でこれを拒む主人公、主人公を敗北に導くべくあの手この手で無理難題の罠を張る国王。 果たして無敗攻略を達成できるのか?

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • よく似た異なる世界で帰り道を探す少女の話

    ♡500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・40話・213,512字 現野翔子

    2021年3月3日更新

    高校生活が始まる前の穏やかな時間を過ごしていた花房羽衣。ある朝、ふと洗面所の鏡に手を伸ばすと、鏡の中に入り込んでしまう。そこは同じような風景なのに見知った人のいない世界。羽衣はその世界で日常生活を送りつつ、帰り道を探していく。 小説家になろうにも掲載しております。

  • 現代和風ファンタジー 宜しくお願いします

    ♡110,700

    〇265

    現代/その他ファンタジー・連載中・69話・102,509字 水守風火

    2021年3月3日更新

    天狗と人間の合(あい)の子、鈴女(すずめ)は兄の飛嚥(ひえん)、弟の藍羽(あいは)と共に天狗の里で暮らしていたが、鈴女と飛嚥が用事で里から出ている間に、里は壊滅してしまう。 その時、藍羽も命を落としてしまった――。 天狗の娘と兄と、鵺と、仲間となった妖怪達、更には人間も巻き込んで、この世を乱す鬼神を倒す為。そして、殺された藍羽の敵(かたき)を撃つ為の大戦争(おおいくさ)が始まった。 鈴女と飛嚥は各地の妖怪や神仏を味方につけるべく。今回、四国へと旅立つ。 其処では年齢不詳の霊能者の女性、八百八匹の化け狸の長(おさ)とも言われる隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)、霊峰石鎚山(れいほういしづちさん)に住まう大天狗らから力を借りて、四国に入り込んでいた鬼神の配下を倒すべく、戦いに身を投じて行くのだった。