現実世界で神々はゲームを始めたようです~プレイヤーランキング一位のラッキボーイは平穏に暮らしたい~

○イベント判定(1d100) 結果【57】なし ※76以上 ○??(1d100) 結果【45】

九話 助けるor見捨てる

 11日目の朝。あなたはいつも通りの時刻に起床し、食事や身支度をする。  本日のあなたの予定は、昨日見つけた少年を観察することだ。  自分以外のプレイヤーの実力を測り、今後の情勢予測の材料にする。未だプレイヤーの実態を掴みかねているあなたにとって、プレイヤーの情報は非常に貴重なものだ。  ストーカー染みた行為にはかなりの抵抗があるものの、背は腹に変えられない。  情報を非常に重要なものと捉えていたあなたは、腹をくくることにした。  あなたは魔法を使って姿を隠し、少年の気配を探って居場所を特定する。  高速で空を飛翔し、あなたは少年の元へたどり着く。すると、そこでは激戦が繰り広げられていた。  少年と、それに群がる鎧のようなものを着た白いマネキンのエネミー達。  そのエネミーたちは10日目まで外をうろついてたエネミーより強そうだ。  少年とエネミーとの戦いを観察していると、やはり先日までのエネミーよりステータスが全てにおいて上だと分かる。  このエネミーはエネミー2と名付けるとして、エネミー2はエネミーと違って武器を持っている。  さらに集団で遭遇しようと適当に襲いかかってきたエネミーたちと違って、エネミー2は連携や戦術の心得があるようだ。  エネミー2は少年を囲うように動いたり、お互いの隙をカバーし合えるよう攻撃のタイミングを工夫している。  エネミーの戦闘能力が精々喧嘩慣れしたチンピラ程度なら、エネミー2は特殊部隊の隊員程度の戦闘能力を持つ。  それらが連携して襲いかかってくるのだ。いかにプレイヤーが卓越した戦闘能力を持つとはいえ、今はまだ発展途上。実力差が明確に現われていた。  本来10日目のボスを倒し得る力を持つならこの程度の敵には苦戦しないのだが、あなたがボスを倒してしまったせいで、この少年は実力に見合わないステージに連れてこられてしまったのだ。  気づいてしまえば、理解は早い。少年が今後ランキングにその名前が掲載され、実力に見合わない評価を受けたら。そこから派生するいくつもの可能性に気づき、あなたは自分の失態を理解した。  少年が生存日数に見合わない記録を持っていた場合、それは不自然なので当然理由が追及される。そうなれば自ずと自身の存在が具体的な情報を持って露わになってしまうのだ。  更にあなたはこの和国の地で、しかも自宅から比較的近い地域でプレイヤーを助けてしまった。  これはつまり、そこらが所在地とは確定されることはないものの、あなたを探す際にはここの地域が重要な候補地になり得るのだ。  この少年の気配は覚えているので、あなたは現実世界に戻ればおそらくこの少年を殺害することはできる。しかし、いくら自分の平穏のためとはいえ、あなたはそこまでするつもりはない。つまり、あなたは詰んでいるのだ。  考えれば簡単に気づくが、裏を返せばどれだけ簡単なことでも考えなければ気づかない。あなたは知のステータスが万能ではないことを改めて悟った。  そんなことを考えていると、少年は戦況の不利を悟ったのか逃走に入り始めた。  あなたは援護することも考えたが、これ以上あなたが深入りすれば、いずれ自身の存在が露見したとき、この少年に対してあなたが助ける価値のある存在と見なされてしまうかもしれない。もしくは、自身が人の命をそこそこに大切にするという評価を受ける可能性も。  それすなわち、あなたが一般的な感性を持つ存在であると思われれば、人質をとるなど、非人道的な手段で封殺される可能性があるということでもある。  下手なことをすると、逆に様々な人物にいらぬ迷惑をかける可能性があるのだ。  あなたがこの少年の面倒をずっと見続けるなら助けるのはありかもしれないが、あなたは誰かと関わることに忌避感を感じていた。  故にあなたは何もせず、ただプレイヤーの情報収集に徹した。  自身よりも年下の子どもを見捨てる罪悪感に苛まれながら。  少年は逃走しようとしているが、既にエネミー2による包囲網が敷かれており、少年を狙う弓をもったエネミー2もいることから、その逃走は非常に困難な様子だった。  端的に反省するなら、少年は退き際を間違えた。包囲が厚くなる前に、エネミー2が仲間を呼ぶ前になど、退くべきポイントを見逃していたのだ。  だからこそ、その失敗の代価は少年が身も持って払うことになる。  少年の右肩に矢が刺さり、右手が使えなくなる。これにより、少年が今まで剣を使って応戦していた中で見せていた技が急に鈍り出す。おそらく右手が利き腕だったのだろうか。  右腕が使えなくなった途端、今までギリギリで保たれていた拮抗状態が崩れ、少年は一気に追い込まれる。今まで避けられた攻撃が避けられなくなり、通じたはずの攻撃が通じなくなる。足を切られ、更に動きが鈍り、放たれた攻撃を身を捩って躱した結果、左腕を深く抉られた。  満身創痍で動けなくなった少年の頭部に、とどめの一撃が放たれる。  あなたはそれを眉を顰めて、ただ見ていた。  あなたの目には非常にゆっくりと見える速度でエネミーの剣が振下ろされ……そして、血が飛び散る。  少年の体は粒子となり、消えていった。 ――見捨てた。  罪悪感があなたを突き刺す。  しかしその罪悪感さえも、心のステータスで軽減されてしまうものだった。  痛みを感じるはずなのに、その痛みの苦しみは掠り傷のようで、本来あったはずの本当の痛みを奪い取ってしまった。  今後も、きっとこんなことがある。あなたはそれを確かに予感した。そして力があるあなたは救わないことに再び傷を負うのだろう。  しかしそれでもあなたは、少年が殺されることと自身の平穏を秤にかけ、自身の平穏を優先した。  富豪が金銭に困った人に寄付をすることが義務ではないように、あなたも大きな力を持ち、少年を救うことが出来たとはいえ、それは義務ではない。  特に今回は遊戯世界での出来事だ。殺されても死ぬことはない。  それでも、あなたは自分が己の嫌った醜い心の持ち主になっているのではないかという思いを隠せなかった。

○救助判定(1d100) 結果【45】やらない ※91以上でやる 見知らぬプレイヤーくんを助けるか助けないかの判定。主人公は色々と拗らせているので、判定は滅茶苦茶厳しいです。 この作品のテーマの一つとして(チート化してからテーマになった)、強い力をどのように振るうかというものがあります。 強いからこそ、助けるor助けられない。ではなく、助けるor見捨てる。となります。そこには実力不足という言い訳がない、自分で道を選ぶことができるが故の苦悩があるのだと思います。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    399,650

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

  • 魔法少女自殺〜エラープロセス

    魔法少女が自殺した。本当のゲームが始まる

    100

    0


    2021年4月15日更新

    魔法少女春風美兎が自殺した。 死ぬ直前に謎の数字を友人達に遺して。 以降世界にただならぬ空気が流れ始める。 偽物の魔法少女達が、真相の解明と解決に乗り出すが。 ニュースにも取り上げられる異常現象の真実は? 原因は何か? 何かを知るはずの少女、野倉野々は諦観したような眼差しで「偽善者乙〜」とほくそ笑み、何も知らない人達はただ困惑してパニックに。 知る者と知らない者達のファンタジックヒューマンドラマ

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 右手と魔法!

    誰も傷付かない魔法があればいいのになあ。

    400

    0


    2021年4月15日更新

    神社の家系に生まれ育った槻尾日和は、かつて退魔の力を以って世界を救ったと云われる巫女の末裔だった。ある日、神社に祭られている三つの宝玉『常闇之三珠』が盗まれたことで、日和は突如巫女の末裔としての宿命に飲み込まれていく。己の使命と向き合うことができない中、かつての巫女と対であったとされる皇子の血を引き、アルビノとして生まれた幼なじみ・小林狷に、日和は冷たく言い放たれる。「覚悟もなく真実と向き合えないなら——巫女などやめてしまえ」しかし日和は覚悟も真実も捨て、『決意』を選んだ。 「巫女なんてやめる。でも、私は私の手で大切なものを守りたいの」 強い意志と『誰も傷付けない魔法』を右手に宿し、三珠の力で世界を終焉に導かんとする者達に立ち向かう日和。彼女を厭っていた狷の心にも、次第に変化が現れ始める。 ——これはたった四日間で終わりを迎えた、誰も知らない少年少女達の戦いの物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • ウサギ印の暗殺屋~短編集~

    ギャグほのぼの微シリアスetc……

    31,800

    0


    2021年4月15日更新

    ※この短編集は『ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~』に登場する組織《P×P》に所属しているキャラクターたちに関する短編を集めたものになります。 ※話によっては、BL、GL要素有り。ご注意下さい。 ※『ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~』を読んでいなくても読める内容になっています。ご新規様大歓迎! 但し、ネタバレなどが含まれる場合があります。『ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~』後の章を読まれる場合は、ご注意下さい。 気になるタイトルを適当にポチリと押して、読んでやって下さいませ。 ※SSは2000文字以下のお話になります。 =========================== 現代の日本に《P・Co》という、複合企業が存在する。主力事業は製薬。 国内でも名の知れた会社なのだが、裏では他企業や政府も御用達の、非合法工作業も行っている。 内容は、スパイ工作であったり、身辺警護であったり、依頼されれば内容は何であれ、工作員が向かうシステムとなっている。 そんな会社の末端に《Peace×Peace》という服飾ブランドを扱う、小さな事務所が存在する。 この事務所の扱う裏工作業務は、主に暗殺と制圧に関するもの。たまに警護。 日本人離れした灰色の髪と瞳を持つ、宝くじを買えば必ず百万円以上が当たる所長。 幼少期、別組織に人体実験の被検体にされて蛇人間になった、火を操る真っ赤な瞳の副所長。 これまた日本人離れした紫色の髪と瞳を持つ、電気特異体質者。 訓練時代にストレス性白髪症になった、水属性の式神“天后”を使役する白髪の営業部長。 黒髪黒目で、特にこれと言って特徴が無いのが特徴な、前衛的ファッションセンスの営業副部長。 国民的美少女系紅一点で、事務所内一の剛腕を誇る警備部長。 そんな彼らの、日常に起きる小さな出来事や大きな出来事や……そんな小話を少しずつ覗くことが出来る、短編集です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間48分

    この作品を読む