現実世界で神々はゲームを始めたようです~プレイヤーランキング一位のラッキボーイは平穏に暮らしたい~

○イベント判定(1d100) 結果【65】なし ※76以上で発生 ○ダンジョンの難易度(1d100) 結果【28】簡単 ※91以上によって主人公にとって適正難易度となる ○上位魔術書獲得判定(1d100) 結果【20】(15+5:幸運バフ) 失敗 ※72以上:100-ダンジョン難易度 ○スキル獲得判定(1d100) 結果【81】(76+5:幸運バフ) 大成功:2個習得 ※50以上 ○上位スキル判定(1d100) ※72以上 結果【7】(2+5):幸運バフ 失敗 ○スキルの便利さ判定(1d100) 結果【98】(93+5:幸運バフ) とても便利 結果【70】(65+5:幸運バフ) 少し便利 スキルの種類(1d5) 1.武術系 2.魔術系 3.ステータス上昇系 4.体質系 5.その他 【98】とても便利→【2】魔術系 【70】少し便利→【4】体質系 ○プレイヤーエンカウント判定(1d100) 結果【86】エンカウント ※76以上でエンカウント ○何人?(1d100) 結果【11】一人 1~70.一人 71~90.二人 91~99.三人 100.たくさん ○エンカウントプレイヤー(1d2) 結果【2】他国のプレイヤー 1.日本のプレイヤー 2.他国のプレイヤー ○エンカウントプレイヤーナンバー(1d71) 【10】10番目のプレイヤー ≪人物≫ 性別:決定済み ○年齢(1d6) 結果【??】 1.幼児 2.少年・少女 3.青年 4.若者 5.中年 6.老人 好感度(1d100)【??】 相性(1d100) 【??】 関心(1d100) 【??】

八話 プレイヤーエンカウント

<遊戯10日目>  あなたは今日のダンジョン探索を終え、自宅に帰還した。  ここ数日のダンジョン探索のおかげで、あなたはたくさんの魔術を習得した。  また、その習得した魔術に含まれる魔術式も全て解析して理解したため、オリジナル魔術が非常に多様で効率的になった。  ここ数日でいくつもの魔術式を理解したため、あなたは魔術に下位と上位の存在があることに気づいていた。  下位の魔術の特徴は、【火矢】のような構成も単純で、魔術式の理解も比較的容易な魔術のことを指す。  上位の魔術は、あなたが習得した【反射】、【加速】、【誤認】などの魔術が例であり、構成が複雑化しており、強力かつ独自性が高い効果を発揮する。そして魔術式の難易度も、下位に比べると非常に難しくなっている。  例えると、下位の魔術が小学校の算数で、上位が高校の数学といったものだろうか。  そしてやはり下位と上位の差で一番特徴的なところは、下位魔術は基本的に属性に分けられるということだろう。  例えば下位魔術は大雑把に、火、水、氷、風、土、木、雷、光、闇に分けられる。そして上位魔術の場合、【反射】や【加速】、【誤認】など、属性というよりも事象的な概念に近い構成である。  上位魔術でできることは、下位魔術で再現することはできる。しかし、下位魔術は根本的に属性という概念に則って、魔術式が存在する。  例えば火の下位魔術なら、魔術式のベースがまず火という概念に依拠する。火という概念をもとに様々な魔術式が存在するために、火という概念から離れた事象を起こそうとするほど、その効果は弱まり、多くの魔力を消費するようになる。  上位魔術の場合は、事象そのものがその魔術の核となる概念のため、例えば【加速】の場合はまんま加速という概念をもとに魔術が構成されている。故に、あらゆる事象を【加速】の対象にすることができる。  比較しよう。火の魔術で高速で移動する場合、ロケットエンジンのように、火を高速で噴出するという、熱エネルギーを運動エネルギーに変換する過程が必要になり、その過程において魔力的には大幅なロスが生まれる。  それに対して、【加速】の魔術は自身が移動する速度自体を魔術式によって変動させる。移動速度に対して、魔力を消費した分だけ数値を上昇させるのだ。  そのプロセスは非常にプログラム的であり、高次的なものである。そして魔術式そのものも下位魔術より複雑で洗練されているので、出力や魔力消費そのものにも大きな差がある。  つまり端的に述べると、上位魔術はとても強いのである。  それから。ダンジョンに潜っていてあなたは気づいたのだが、上位の魔術書は非常に貴重であり、初日に【加速】、【反射】、【誤認】の魔術書を手に入れて以来、あなたは一度も上位の魔術書を手に入れていない。  よほど初日は運が良かったのだろうか。  しかし上位の魔術書は手に入れられなかったその代わりに、あなたは新しくスキルオーブというものをダンジョンで発見していた。  スキルオーブはそれを手で砕くと、そのスキルを砕いた者が習得できるという代物だ。  それらを使用したあなたは、【魔術心臓(マジックコア)】と【自然回復】のスキルを習得した。  各スキルの説明をすると、【魔術心臓(マジックコア)】はあなたの心臓が魔術使いにふさわしい機能を持つように進化し、魔力の生成量や魔力の質が上昇するスキルだ。  【自然回復】は体力の回復や怪我の治りが早くなるスキルだ。  【自然回復】はともかく、【魔術心臓(マジックコア)】のスキルはあなたにとって非常に有用なスキルだ。  体が自分のあずかり知れぬところで変化する恐ろしさはあるものの、ステータスによって既に原形もとどめないほど体のスペックが改造されているので、今更だろうと諦観した感情をあなたは持っていた。  本日は遊戯が始まってから10日目の夜。  あなたはこの世界でも変わらずに自分の生活リズムを守り、健康的な生活をおくっていた。  夜12時。もう寝る時間だ。  床につこうとしたところで、あなたの感覚が敵の襲来を告げた。  何か大きな叫び声。  その音が届いた瞬間、あなたの家の窓ガラスが全て砕けた。  いや、あなたの家だけではない。ここら近辺一帯全てのガラスが割れている。  ビリビリと強く肌を撫でる感覚。もしステータスで体を強化されていなかったら、鼓膜が破れていただろう音の波。  なるほど。  今日は遊戯が始まってから10日目だ。キリの良い日だ。  つまりゲーム的に考えれば、特別強いボスのような存在が出現してもおかしくはない日付なのだろう。  とはいえ、家の窓を壊されたのはひどく不愉快だ。  あなたは割れた窓から飛び出し、魔法を使い空を駆ける。そして音の発生源を見つけると、そこにいた存在にあなたは驚いた。  白い巨人。身長20メートル近い巨大な存在。しかも、二体いる。  こんな存在もいるのか。あなたは驚きと感嘆の混じった視線で巨人を見つめる。  ふと。あなたは巨人を観察していると、どこかなじみ深い気配を察知した。  その気配の人物は白い巨人から遠ざかるように、一般的な基準より遙かに凄まじい速度で道路を走り抜ける。  人。  そう、人である。  この世界に存在する人というのは、すなわちプレイヤーである。  あなたは初めてプレイヤーを発見した。  あなたにとって他のプレイヤーは情報の塊のような存在だ。  どれほど強いのか、どんなことができるのか、何を望むのか。知りたい。知らなければいけない。  あなたは魔法を使い、そのプレイヤーの後を追う。  プレイヤーは数キロ離れた場所にいたが、あなたは一秒と経たずにその距離を縮め、そのプレイヤーを観察する。  見かけは少年と呼べるような、小学校中学年ほどの男の子だろうか。  道を駆け抜ける速度はオリンピックなどで人類最速と呼ばれるような速度よりさらに速く、走り方も非常に洗練されていて合理的だ。  あなたがステータスの配分を少しずつ行ない、ステータスの上昇の度合いを把握することが出来ていれば、この少年が現在どれほどのステータスを持っているのか推測することが出来たのかも知れないが、今のあなたにはそういった知識はなかった。  ズシンズシンと、大きな音が聞こえた。  振り返ると、その巨体に見合わず凄まじい勢いで走ってくる巨人。  あまりの迫力感に、ステータス的には優位であろうともあなたは思わず怯えてしまう。  恐怖を感じたのは少年も同様のようで、青い顔をしてより走るペースを上げる。  しかし少年がいくらペースを上げようと、絶望的なまでの歩幅の差のせいか、直線の距離は巨人の方が遙かに速く、建物をなぎ倒しながらついに二体の巨人が少年に追いつく。  そして巨人はその巨大な足を少年目掛けて振り下ろした。  轟音。  少年は咄嗟に飛び退き、踏みつぶされることは回避したが、その余波からは逃れられず、勢いよく吹き飛んでいく。  道路に隕石が落下したような大きなクレーターが出来た。  少年は吹き飛ばされながらも体勢を整えすぐに走り出そうとするが、もう一体の巨人が襲いかかる。  あ。  少年の口から気の抜けた声が出る。  巨人の拳が迫り、少年を押しつぶそうとしたその刹那――  ――あなたは【火矢】の魔術を発動した。  炎。そう形容するにはあまりに逸脱しすぎたそれは、少年に拳を振り下ろそうとしていた巨人と、ついでに近くにいた巨人も飲み込み、跡形もなく焼却する。  あなたは前回起こした魔術の失敗の反省点を活かし、魔術は余計な被害を一切出さないように緻密に制御されている。  魔術の余波が周囲を焦がすこともなく、正確に巨人だけを焼失させてみせた。  制御に気を遣っているため、いささか魔力消費は増しているが、この程度の出力なら1万回ほどぶっ放しても魔力切れの心配はない。  【魔術心臓(マジックコア)】や魔術式の効率化は、魔術の燃費に非常に大きな影響を与えている。  巨人に殺されると思ったらその巨人が消し飛ぶという急な出来事に、少年は惚けた顔をしていたが、数秒で正気を取り戻し、おそらく魔術の使い手を探し始めたのだろう。辺りをキョロキョロと見渡し始めた。  当然ながらあなたはこのプレイヤーを観察する気はあっても、対話する気はない。  魔術を使った時点であなたはすぐさま魔法を発動させ、姿を隠していたので、あなたより速のステータスが低いだろうこの少年はあなたの姿を見ることはなかった。  それにしても、と。  あなたは少年を観察しながらとあることに気づく。  とても綺麗な心をしている。目の前にいる少年はあなたにとって珍しい、見ていて嫌悪を催さない澄んだ心を持つ人物だった。  ここまで綺麗なのは、叔父以来かな。  あなたはこの少年の気配を覚えた。最近習得した感覚を研ぎ澄ませる魔術を使えば、あなたの素のステータスも相まって、いつでもその居場所を特定することが出来るだろう。  今後プレイヤーのサンプルとして定期的にこの少年の様子を見るとあなたは決めた。  その後、あなたはすぐに帰宅した。少し夜更かししてしまったと思いながら、あなたは今日も眠りについた。

○魔術について 魔術全体:プログラミング的に発動する。 下位魔術:ファンタジーな魔法みたいなの。なろうによくある魔法。他の例をあげると、ドラクエやFFなど、RPGに出てくる魔法に近い。 上位魔術:異能力みたいな感じで個性的。呪術廻戦の術式とイメージが近い。 ≪リザルト≫ プレイヤーナンバー10 少年 出身:核国 性別:男性 年齢:少年 好感度【70】 相性 【90】 関心 【100】 関心が補正なしで100いきましたね。驚きです。 初めて会ったプレイヤーはもれなく主人公にストーキングされる宿命でしたけど、それが相性が良い上に男性とは。主人公と相性が良い叔父も男性なんですよね。ちょっとホモォなルートに進み始めている気がします。 ついでに10日目に現われた巨人は、普通に進めていたら二回目の遊戯で勝つのは非常に難しいです。勝つなら、天賦の才を持ち、なおかつ運命の女神様に好かれているプレイヤーだけでしょうね。 遊戯が終了したら、一部の強いプレイヤーに対して突破判定をします。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少しエッチなおねショタファンタジーです。

    ♡9,600

    〇130

    異世界ファンタジー・連載中・54話・146,360字 深海さばらん

    2021年3月7日更新

    ◯どんな話? 疑似デスループで強くなった最下級神官プリシラ(♂)が、色んなお姉さんとあれやこれやしつつ成長するお話です。 ○あらすじ パメラは魔王四天王が一柱を務める最高位の魔人であり、非常に享楽的な性格だった。 絶大な魔力を持つ彼女が自らの欲求を満たさんと全力で突っ走るとき、巻き起こすトラブルの風は竜巻となり、周囲の魔人をこれでもかと翻弄した。 その後、”光”と”闇”との戦が始まると、彼女は大軍を率いる立場になったが――彼女の性格は変わらなかった。軍団の将でありながら自ら突撃しては敵を蹴散らし、引き裂き、返り血まみれのまま狂ったように笑う。 戦が始まってから数年もすると、彼女は両陣営から恐れられる存在となっていた。 ――というわけで、 『うっそでしょ!?』 ”光”と”闇”とが激突する最終決戦の時、魔王四天王が一柱、”邪悪なる闇”パメラは背後から討たれた。 ・ ・ それから百年後。彼女は復活を果たし、ヒトのものとなった大地を空から見下ろしていた。 復活したばかりで魔力は充分ではない。そして、追われる身でもあるのだから早急に魔力を補充しなくてはならない。 (……?) と――パメラは見下ろした先に小柄なヒトを発見した。黒髪黒目。法衣の上から胸当てをつけた男性である。 (魔力補充のチャンス!) ほくそ笑んだ魔人は獲物に向かって急降下を始めた。右足を突き出し――叫ぶ。 「もらった!」 『え!? ちょっと!?』 妙に甲高い悲鳴の後、魔人の一撃がヒトの大地にめり込んだ。 - - 〇ご注意 ※主人公はややマザコンです。 ※ハーレム系です。 〇その他 ※作中のイラストは全て Azu様( Pixiv ID 4620328 ) に描いて頂いたものです。 ※イラストは☆がついている部にだけあります。 ※アルファポリス、小説家になろう(あいうえお順、敬称略)でも掲載させていただいておりますが、ラストが異なります。

  • 新しき挑戦

    ♡9,100

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・7話・17,365字 昆布茶

    2021年3月7日更新

    乙女ゲームの悪役令嬢に憑依してしまったイラストレーター志望の女性が、ゲームの悪役令嬢のように死なないために、行動を開始する。 レイン・スカイフォードとなった、女性は内政、魔法、剣、などなどを頑張った。しかし、どれも成果が出ずに、他の貴族からは出来損ないと陰口を言われるようになってしまった。 乙女ゲームの悪役令嬢より絶望的な展開に、レインは涙した。 そんな時に、新しい執事がやってくる。 「探したぞカスが」 それは絶望の悪役令嬢にとっての光だった。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 現代アメリカが舞台の洋画風味の作品です

    ♡13,000

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・115話・381,251字 ビジョンX

    2021年3月7日更新

    アメリカ有数の巨大都市ロサンゼルス。 今この街では、人間の血を一滴残らず吸い取って殺害する連続殺人鬼、 通称『サッカー』が猛威を振るっていた。 ロサンゼルス市警に所属する女刑事ローラ・ギブソンは、 『サッカー』の有力な情報を掴み、その犯行現場へと踏み込む。 彼女はそこで黒い髪と絶世の美貌を持つ謎の女・ミラーカと遭遇する。 この出会いを切欠としてローラは、闇の世界に蠢く人知を超えた怪物達の 血みどろの闘争に巻き込まれていく事になる。 吸血鬼、狼男、半魚人、神獣、ミイラ男…… ロサンゼルスで繰り広げられる現代の百鬼夜行に2人の女が挑む! ※本作品はフィクションです。登場する人物・団体・ 名称等は架空であり、 実在のものとは関係ありません。 ※この作品は小説家になろう、カクヨムでも公開しています。

  • ありがとうございます

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話・1,077字 ヤシロヒトセ

    2021年3月7日更新

    反撃の、のろしをあげろ。 株式会社「ロスキル」に所属する僕は、鬼ごっこで言うなら鬼の役目。でも逃げる側にも武器があるとしたら?そう、これは戦争。戦う者よ、それに対する者達よ、武器を取れ。己の命を武器に、己の命を勝ち取れ。