ミステリー 短編 完結済

ウソつき文豪探偵『兎田谷 朔』と架空の事件簿

作者からの一言コメント

その男、探偵の癖に真実を語らず。

【大正浪漫ライトミステリ】 ──時は大正後期。その男、探偵の癖に真実を語らず。本業は小説家なり。 地獄の沙汰も口八丁。嘘と本当のニ枚舌。でっちあげの事件簿で、今日も難事件を解決するのだ!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ウソつき文豪探偵『兎田谷 朔』と架空の事件簿
作者名 芥生夢子
ジャンル ミステリー
タグ 和風 日常の謎 大正時代 探偵 書生 ライトミステリー ヒューマンドラマ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月15日 19時31分
最終投稿日 2020年10月7日 3時45分
文字数 56,955文字
ブックマーク登録 29件
コメント 50件
スタンプ 53件
ビビッと 1件
応援ポイント 83,100pt
ノベラポイント 2,200pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 私の妄想超常ミステリーに挑戦しませんか?

    ♡8,400

    〇0

    ミステリー・連載中・115話・177,951字 MAS第九矢

    2020年11月30日更新

    "この世に自分は一人だけ。" これは当たり前なんて言葉を使うまでもないこれまでもこれからも不変であり続ける全人類共通の常識……のはずが、突然人々の身体が輝き出して二人に分裂した!? この現象は世界に広がり、ついに全人類が二倍となってしまう。 そんな自分と全く同じ人間が次々と人々の前に現れる中、とある少年、祇峰双利《ギミネ フタリ》から分裂したのは何故か祇峰双凛《ギミネ フタリ》という同じ名前の女の子!? 謎が深まり続ける人類二倍現象を解決すべく二人のフタリとその友人達は奔走するが、突然不思議な力を使う槍使いが現れて襲ってたり、その敵から謎の星の力を使う助っ人男女が守ってくれたりと事態はどんどん現実味を失い、どんどん収拾がつかなくなっていく。 そして、追い詰められた二人のフタリも謎の双子座の力に目覚めたとき、人類二倍現象の真相が明らかになり始めて……。 全世界を巻き込んで起こる、予測不能なBattle(バトル)! Love(ラブ)! Trouble(トラブル)! 略してBattlovele(バトラブル)!! これは出逢うはずのなかったふたりの"フタリ"のありえないはずの物語。

  • 暗黒の中世ヨーロッパ×医療×サスペンス!

    ♡151,200

    〇350

    ミステリー・連載中・272話・587,781字 澁澤まこと

    2020年11月30日更新

    【毎日0時更新!】 北の塔に棲んでいるのは悪魔なのだという…… ある帝国の北方にて。 異邦の血を引く少女は、領主の城でメイドとして働いていた。 しかしある日、彼女はいつもと違う仕事で『北の塔』へ行くことを命じられる。 そこで出会った『悪魔』の気紛れで、以降彼の側仕えをすることとなった。 『悪魔』の名はヨハン=アルブレヒト、その残虐さを咎められ、城主イェーガー方伯によって幽閉された次男であった。 彼は少女に魔女『ヘカテー』の名を与え、自分が『悪魔』と呼ばれる真の意味を教える。 世の革新を願う『悪魔』ヨハンと、彼に感化され手助けを始めるヘカテー。 二人の前に立ち塞がるものは…… 12世紀ルネッサンス前夜の神聖ローマ帝国パラレルワールドを舞台に、医学と陰謀が交錯するゴシック・サスペンス! 耽美にして時に残酷な、知の迷宮へようこそ。