ミステリー 短編 完結済

【声劇台本】プロフェッサーQvsウサギ探偵快傑ウォンバット

作者からの一言コメント

マッドサイエンティストvs正義の探偵!

読了目安時間:3分

マッドサイエンティストのプロフェッサーQに正義の探偵のウサギ探偵快傑ウォンバットが単身、戦いを挑みます。

前へ

次へ

  • 投稿日2021/1/17 21:20 文字数1,702文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 【声劇台本】プロフェッサーQvsウサギ探偵快傑ウォンバット
作者名 でんでろ3
ジャンル ミステリー
タグ コメディ ギャグ ナンセンス 声劇台本 声劇 台本 探偵 狂科学者 ユーモア お笑い さし劇 2人声劇 2人声劇台本
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月17日 21時20分
最終投稿日 2021年1月17日 21時21分
完結日 2021年1月17日 21時14分
文字数 1,702文字
読了目安時間 3分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 1件
応援ポイント 1,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 迷探偵は今日も空振る

    ミステリーのような、コメディのような。

    0

    0


    2021年9月18日更新

    探偵という概念に憧れを抱く高校三年生、遠賀巳真琴。 彼女は推理小説の主人公である探偵たちが華麗に謎を解く姿に憧れを感じるあまり、些細なことでも事件にしてしまったり、余計な事象に首を突っ込んでいく様は、まさに『迷』探偵。 しかし、なぜか彼女は名探偵と呼ばれている。 その理由は、彼女の暴走を防ぎつつ、本当に事件があった際には人知れず解決する優秀な後輩、いや、助手、那々城城斗の存在である。 彼はなぜか真琴の後をついて回り、真琴が迷探偵っぷりを発揮する中、ありとあらゆる方法で軌道修正し、手柄の全てを真琴に渡しているのだ。 それもそのはず。城斗は警察官と検察官、そして探偵の血を受け継ぐ、名探偵になるために生まれてきたかのようなエリートである。 名探偵を目指す迷探偵と、真の名探偵は、次第に大きな事件に巻き込まれていく………かも?

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • ミステリーな図書館

    短編集です。

    0

    0


    2021年9月18日更新

    短編集になります。 気が向いたら新しい話を出していきます。数カ月くらい出さないこともあるかも。 ジャンルはミステリーです。コメディっぽい話もあります。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 傀儡といしの蜃気楼 ~消えた王女を捜す旅からはじまる、夢の世界のものがたり~

    あなたが昨夜見た夢の真相を、ここに。

    151,250

    1,690


    2021年2月28日更新

    これは、現実の裏側に存在する、≪夢の世界≫のものがたり。 殺された妹、その無残を乗り越えられずにいた冒険者ラトス。 死の真相を探るべく足掻いた先で、行方不明となっている王女の捜索依頼を受けることになる。 王女の従者メリーを連れて森に入ったラトスは、王女が消えたその場所から夢の世界に迷いこむ。 奇妙がうずまく夢の世界に王女も囚われていると知り、ラトスたちは救出に向かう。しかしそのためには、怪物が巣食う悪夢の回廊を通り抜けていかなければならないのだという。 ラトスは旅の途中で出会った協力者たちの助力を得て、様々な困難を乗り越えていく。 現実とつながっている夢の世界は、様々な思想、感情などで構成されている。 広大な草原に浮かぶ、巨大な岩山。 岩山の中には、現実世界に生きるすべての人間が持つ、個人の夢の世界がある。それらはすべて、個人の記憶、思想、感情で盛衰しつづけている。 個人の夢の世界をつなぐ悪夢の回廊は、悪しき感情で満ちている。 悪から生まれた怪物たちは、悪夢の回廊を通り抜けようとする者に襲いかかる。 さらに、七つの大罪の元となる「八つの悪徳」から生まれた怪物は、猛る爪と牙をラトスたちに向ける。 現実感のある不思議がうずまく、夢幻。 誰もが感じ、夢想した世界が、このものがたりで形となる。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:12時間58分

    この作品を読む

  • それは非売品です!~残念イケメン兄弟と不思議な店~

    仲良し兄弟のハッピーな錬金術師コメディ!

    472,028

    9,491


    2021年9月8日更新

    【イケメンで優しくてオバカな兄と、彼に振り回される金髪美青年な弟のクレイジーで明るい日常】 「お兄ちゃんが何か適当に買い付けするからジェルが売ってくれよ」 「そんなの事業として成り立ちませんよ。失敗するに決まってるじゃないですか」 「あくまで表向きでいいからさ。収支は気にしなくていいよ。ジェルの好きな物をいっぱい並べて、ジェルが理想とするお店にすればいい」 日本で錬金術の研究をしながらアンティークの店を経営することになった、仲良し兄弟のアレクとジェル。 いざお店を始めたら、英雄や神様が来店したり、異世界に飛ばされたり、宇宙人に遭遇したりと不思議なことだらけ!! ゆる~く読めて毎回ハッピーエンドなコメディ短編集です。 ※基本1話完結ですが、長い時は前編・後編に分けます。挿絵が多いです。たまに他のキャラに視点が変わります。 ※小説家になろう!でも投稿中ですが、ノベプラ限定回もあるのでこちらで読む方がオススメかもです。

    読了目安時間:8時間52分

    この作品を読む