完結済 短編

果物が落ちた――染谷林檎の物語

作者からの一言コメント

「女」という呪いを解く物語

「ナーサリーライムの目覚め」所収作品(現在鋭意製作中) 今を生きるお伽話のヒロインたちを「女」という呪いから解き放つをコンセプトにした短編集。 狼に囚われた赤ずきん――染谷林檎 髪の短いラプンツェル――筒崎綾 取り違えられたシンデレラ――居初宮乃 海沿いの田舎町で事務員をしていた染谷林檎は、祖母のお見舞いに訪れた病院で"狼"に連れ去られる。 狼は欲しい物を与えてくれるが、もうここにはいられないと思う。 どこにも行けない夜の町で彼女が出逢ったのは―― ーー私たちは、本当に欲しい物を見つけに行こう。 ※一話に相当する「果物が落ちた――染谷林檎の物語」のみをノベプラ上で無料公開します。 全編のアナウンスについてしばしお待ち下さい。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 果物が落ちた――染谷林檎の物語
作者名 凪沙帳
ジャンル 文芸/純文学
タグ 煙草 現代日本 百合 シリアス フェミニズム 林檎 赤ずきん 童話 お伽話 邂逅
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月19日 14時00分
最終投稿日 2020年5月20日 9時00分
文字数 9,554文字
ブックマーク登録 11件
コメント/スタンプ 24件
応援ポイント 24,700pt
ノベラポイント 200pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 不思議な世界をさ迷うお話。

    ♡8,700

    〇0

    文芸/純文学・完結済・12話 径楓

    2020年6月3日更新

    「本当にごめんね。許してなんて言えないよ。ただ、もし願いを叶えてくれるなら……」 耐えがたい眠気に逆らって僕は目を覚ました。 自分が何者か分からない。ここがどこかも分からない。 目の前には息を呑むほど美しい光景が広がっているだけだった。 立ってるだけじゃ何も変わらない、と僕は一歩踏み出した。 不思議な世界をさ迷う「僕」。 はしゃいだり、驚いたり、感動したり。 「僕」と一緒に旅をしてみませんか。 ※全10話です。 ※第3話以降は月・水・金 午前7時に更新します。 ※感想やスタンプをいただけたら嬉しいです。

  • 自作童話・説話の傑作選です

    ♡321,700

    〇3,350

    文芸/純文学・連載中・105話 D

    2020年6月3日更新

    他の小説投稿サイトで、ランキング入りした自作童話や説話の短編集です。 『逆さの森と真っ直ぐな気持ち』 ……人が良いキツネは、群れでは失敗ばかり。 人を騙すことが仕事のキツネが、お人よしではなにもできません。 失敗ばかりで、おちこんでいたある日、彼女は逆さにかかる虹を見るのでした……。 逆さの虹に導かれて、彼女がたどり着いた場所は、変な動物ばかりが住む森でした。 悪戯好きなリス、臆病な熊、怒りっぽいアライグマ。 そして、キツネはひとつの感情が芽生えていく。 など収録。 ※小説家になろうさん・カクヨムさん、アルファポリスさんにも投稿しています。