SF 短編 完結済

ヒーロー参上!

作者からの一言コメント

決まってんだろ、正義の味方さ

読了目安時間:2分

総エピソード数:1話

ヒーロー参上!の表紙

ノベプラ文芸部 勉強会第三回お題参加作品。 別サイトに掲載している作品からの一部抜粋です。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 ヒーロー参上!
作者名 シンカー・ワン
ジャンル SF
タグ 第3回勉強会 アクション/バトル 近未来 R15 戦隊物リスペクト 戦隊物オマージュ 赤青緑の三戦士 様式美 土曜午後六時の世界
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年5月25日 0時20分
最終投稿日 2022年5月25日 0時21分
完結日 2022年5月25日 0時20分
文字数 1,023文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 10件
ビビッと 3件
応援ポイント 10,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • グローリー・リーグ -宇宙サッカー奮闘記-

    SF×サッカー×ファンタジー

    6,900

    0


    2022年7月6日更新

    サッカー日本代表山下龍也は、数多の困難を乗り越えついにワールドカップ本戦に駒を進めた。 待ちに待った開会式、その日会場は 破壊された 空に浮かぶUFO。壊される会場。現実味のない光景が眼前に広がる中、宇宙人から声が発せられる。 『サッカーで勝負だ。我々が勝てば地球は侵略する』 地球のため、そして大好きなサッカーのため、龍也は戦うことを決意する。 しかしそこに待ち受けていたのは、一癖も二癖もある仲間たち、試合の裏に隠された陰謀、全てを統べる強大な本当の敵。 そして龍也たちに隠された秘密とは……? サッカーを愛する少年少女の、宇宙での戦いが今ここに始まる……! *** ※カクヨム様、小説家になろう様、アルファポリス様でも同時掲載中です ※第三章は毎週水曜土曜更新の予定です *** はじめまして、山中カエルです! 小説を書くのは初めての経験で右も左もわかりませんが、とにかく頑張って執筆するので読んでいただけたら嬉しいです! よろしくお願いします! Twitter始めました→@MountainKaeru

    読了目安時間:7時間28分

    この作品を読む

  • 毎日掌編を書く場所(in2022年)

    ネタくれたら書きます

    600

    0


    2022年7月6日更新

    元は日記とかも書く予定だったんですが、予想以上に掌編の確率が高かったので2022年はほぼ掌編で月頭に日記って構成になると思います。 ジャンルはマジでその日の気分で決めてるので迷いましたが、とりあえずSFにしとく。 投稿時間は夕方~日付変わるまでのどっか。 pixivファンボックスで清書版を投稿してます。 元を頂いている診断メーカーはコチラ→https://shindanmaker.com/828102

    読了目安時間:1時間13分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幸せな高校生活を送ろうと、日夜ゾンビと戦う過酷な世界で生きようと、今日も俺は夢を見る

    胡蝶之夢から発想を得たお気に入り作品です

    0

    0


    2022年7月6日更新

    人間の三大欲求とされる睡眠という名の欲求。 俺はこの睡眠において、少しおかしな特性を持っている。 夜の9時には抗うことすら許されない程の強烈な眠気によって夢の世界に入り込み、例えどんなに眠かろうと、必ず朝の6時に起きてしまう。 その合間に起きることは無く、例え、どんないたずらをされようと、俺が目を覚ますのは決まって6時だった。 そして、決まっていつも同じような夢を見る。 夢で見る世界はいつも決まって同じ舞台だった。俺の知っている都市は壊滅的な状況に陥っており、外に出れば荒廃した世界がただ広がるだけの世界。そこに笑いあい、怒りあう人間の姿は無く、居るのはゾンビと称された元人間だけであった。 そんな世界で、俺は頼れる仲間と共にその荒廃した都市に蔓延るゾンビ達と日夜戦っていた。 不思議な不思議な夢で、その世界の俺はその世界を夢だと認識することは無く、同じように夢で見る平和な高校生活をまるで懐かしい思い出でも見ているかのように現実とは思ってもいなかった。 俺は約一年間に渡って、この奇怪な現象に悩まされてきた。 そして、もう二度とこの変な症状は治らないんだなと諦めかけていた時、俺の前に一人の少女が現れた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • ビスマルクの残光

    ヨーロッパの権謀術数の中で活躍する外交官

    123,150

    333


    2022年7月6日更新

    時は戦間期ヨーロッパ。緊張する国家間を駆け巡り、外交交渉を行う者がいた。彼の名前は安芸峻一朗。日本人であり、周囲からは伯爵と呼ばれていた。そして彼は自らを『独立外交官』と称していた。一触即発の緊張が高まるこの世界で、随員であるナジェージュダ=名津=ベルナーシェクとの活躍により、次大戦を回避することができるのか?

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む