ミステリー 長編 連載中

喫茶探偵 市伯桔平の推理は冴え渡らない

作者からの一言コメント

中年男×喫茶店主の似非ミステリー

気に入りの喫茶店に入り浸る市伯桔平という男の人生は、高校卒業まで平々凡々そのものであった━━はずが、社会に出てからというものの、取引先に向かう途中で殺人事件に遭遇し続けて勤め先の広告代理店をクビになったり、面接会場に行く途中で誘拐事件の目撃者になったりと、災難続きの《事件吸い取り機》になってしまっていた! そして、彼の気に入りの喫茶店にも、珈琲の薫りとも違う事件の匂いが立ち込めていて━━。 「俺はただ事件に遭遇するってだけで、推理はからっきしなんだよ!」 今此処に、《事件吸い取り機》市伯桔平の推理は冴え渡るのか!?

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 喫茶探偵 市伯桔平の推理は冴え渡らない
作者名 駒渕香耶
ジャンル ミステリー
タグ 喫茶店 コメディ 事件 男主人公
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年1月8日 8時00分
最終投稿日 2021年1月16日 20時00分
完結日 -
文字数 2,242文字
ブックマーク登録 5件
コメント 0件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,900pt
ノベラポイント 40pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 逃げ出したっていいじゃない 人間だもの

    ♡723

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話・8,054字 ジョゼ

    2021年3月4日更新

    気が付けば夜の電車の中。 何故此処に居るのかという事は思い出せない。 そんな時に出会った『神』に自分は死んでいるのだとを教えられる『僕』 そして神に誘われたのは、自分の見知ったものとは何もかもが違う世界であった。 新しい家族に与えられる新しい名前。 鏡に映る新しい顔。 いつの間にか覚えてしまった新しい言葉。 気の許せる新しい友人。 そして少しずつ思い出す過去の自分。 記憶を失ったまま色々な物を手に入れていく僕が、『過ち』と『幸せ』を思い出す、剣と魔法と傷の物語。

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡575,200

    〇3,628

    SF・連載中・90話・520,665字 新星

    2021年2月28日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人間の手は人でなしに届くのか。

    ♡9,100

    〇0

    ミステリー・連載中・17話・65,042字 黄鱗きいろ

    2021年3月4日更新

    水無瀬片時と小鹿ひばなは人でなしである。 能天気人でなしバカイケメン刑事『水無瀬片時』は、事件を「終わらせる」ことを仕事としている。 対する、主人公である探偵『小鹿ひばな』は、場を混乱させて、事件をうやむやにする天才である彼を、事件に引きずっていき、制御する係を不本意ながら任されている。 そんな凸凹人でなしコンビは事件を『終了』させていくのだが、ある時、二人の前に謎の『人間』が現れる。 「――きっと君も楽しんでくれると思うよ」 『人間』と『人でなし』による事件の結末とは――!? 表紙:にさんがろく様

  • 死神とメイドが繰り広げる魔術解体劇

    ♡0

    〇0

    ミステリー・連載中・1話・4,245字 華詩乃維

    2021年3月4日更新

    銃火器の発展が著しい帝国において魔術が使われた事件を解決するのは非常に困難となっていた。 そんな解決困難である魔術事件を専門とする者がいた。 その名はエマ・ムエルテ。 『死神』の異名を持つ帝国最強の少女だ。 ただ、彼女はとにかくやる気がない。事件も上の命令に逆らえないから解決しているだけ。出来るなら家でだらだらしていたい。 そんなエマと共に事件へ挑むのは、しっかり者のメイド、ノノ。彼女に手を引っ張られて、エマは今日も事件解決へと向かうのだった。