異世界ファンタジー 長編 連載中

スピリッツウィッチ~ダンジョン攻略がんばります~ 

作者からの一言コメント

もしよければ読んでみてください

読了目安時間:3時間50分

ごく普通の少女ミレイは、五歳の誕生日に精霊の儀受ける。そこで自分のステータスを確認するとなんとすべての能力がオールSSランクそして、見たことのない名前の魔法がった。その夜、聞いたことない声がどこから聞こえてくる。その声に返事をすると目の前に小さく羽をはやした者が現れる。その者は自信を精霊と言っていた。  それから五年いよいよ旅立ちの時。両親と別れ冒険者ギルドのある街へと向かう。そこの教会で祈りをささげていると女性の声が聞こえてくる。その者は自身を神と呼び、ミレイのことを勇者と呼ぶのだった。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 スピリッツウィッチ~ダンジョン攻略がんばります~ 
作者名 夢見叶
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 最強主人公 女主人公 勇者 ダンジョン 冒険者 精霊 魔法 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年10月1日 12時00分
最終投稿日 2019年11月27日 7時00分
完結日 -
文字数 115,207文字
読了目安時間 3時間50分
ブックマーク登録 32件
コメント 6件
スタンプ 295件
ビビッと 2件
応援ポイント 53,780pt
ノベラポイント 15pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 王宮まかない婦さんは偉大〜贅沢料理で疲れた胃袋を優しく癒す〜

    まかないは癒しの料理……

    50,400

    0


    2021年9月20日更新

    ​───────『自分はイージアス城のまかない担当なだけです』。 いつからか、いつ来たかはわからない、イージアス城に在籍しているとある下位料理人。男のようで女、女のようで男に見えるその存在は、イージアス国のイージアス城にある厨房で……日夜、まかない料理を作っていた。 近衛騎士から、王女、王妃。はてには、国王の疲れた胃袋を優しく包み込んでくれる珍味の数々。 その名は、イツキ。 聞き慣れない名前の彼か彼女かわからない人間は、日々王宮の贅沢料理とは違う胃袋を落ち着かせてくれる、素朴な料理を振る舞ってくれるのだった。 *少し特殊なまかない料理が出てきます。作者の実体験によるものです。 *日本と同じようで違う異世界で料理を作ります。なので、麺類や出汁も似通っています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む

  • 可惜夜の史

    夜に紛れぬ一閃。奇才をもつ男性のお話。

    27,550

    0


    2021年9月20日更新

    ひときわ際立つ 一閃をもって敵を断つ。 「その眼に収めたいなら、瞬き禁止ね」 惑(ヨ)はトレイゼ。斗久(トク)の暦800年。 惑には、先天的に奇才をもつ、【奇才核(レアドラー)】の存在があった。 ある青年もまた、細く鋭い線を生成し、戦術を構成していく【奇才核】の一人。 一人で惑を歩く者として、ある存在を追っていた。 【奇子染(ガーベイド)】、後天的に奇才を与えられた人間の存在を。 それを追う理由は、青年の過去に大きく関わっていた。 たどり着く先にあるものを知った時、彼がとる行動は…… 補足 章の序章にあたる部分は視点なく進みます 可惜夜(あたらよ) ─明けてしまうことが惜しまれる夜

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間19分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    日間ジャンル別4位あざます! 水曜更新中

    86,500

    1,025


    2021年9月15日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:1時間14分

    この作品を読む

  • ゾンビの王冠

    次話より新章突入。パンデミック後日談へ。

    56,050

    1,425


    2021年9月20日更新

    ゾンビパニックなんていつ始まったのか。 ニュースも前兆も知らずに気付いたらなっていた駆け出しゾンビが朦朧とした意識で遮二無二病院の薬を手当たり次第飲んで警察に捕まらずに放浪していたら、一週間くらいで脳だけ正常の見かけ倒しゾンビになっていた。人につくかゾンビに媚びるか、大丈夫。ゾンビはまだそんなにいない。 ゆっくり考えればいい。 いや、本当にそうか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む