異世界ファンタジー 長編 連載中

読書キャンペーン開催中!

RELACION 〜有力貴族の居候となった少年とその数奇な人生を〜

作者からの一言コメント

沼に浸かると抜け出せない青春ファンタジー

読了目安時間:9時間1分

総エピソード数:108話

・あらすじ 優しい母親と、仲のいい幼馴染達。決して都会とは言えないが、静かで長閑なふるさとの村。 そこで暮らす少年・宮城 登笈(みやぎ とおい)は、突如として国の内乱に巻き込まれ、全てを失った。 これは、故郷から遠く離れた地で人生を歩むことになった、彼の成長を描く物語。 かつて妖精が暮らしていた大陸にて、時に学び舎で友人を作り、時に旅先で恋をして、時に自分の周囲を脅かす敵と刃をぶつけ合う。 主人公とその周囲の仲間、友人達の成長を楽しみながら読んで頂ければ幸いです。 主人公→宮城 登笈(みやぎ とおい)。男の子です。 キャラ→一般的な数のキャラを予定。 過激なエログロ→無しですが、細かい描写や生々しい場面も出てくる可能性があります。 魔法→ありますが、ごくごく限られた人物しか使えません。魔法に限りなく近い技術も存在します。 作品のイメージ→主人公の成長劇と、それをベースにした、この物語の中に生きるキャラクター達による群像劇。ラストはキャラごとの後日談も書いて終わらせたいと考えています。 ※更新→週3日〜4日。 評価、感想など、正座してお待ちさせていただいております。「このキャラ好き」や「あのシーンいいね!」など、ぜひぜひ書き込んでいってください!!

総エピソード数:108話

総エピソード数:108話

作品情報

作品名 RELACION 〜有力貴族の居候となった少年とその数奇な人生を〜
作者名 紺色わさび
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 男主人公 アクション/バトル 西洋風 学園 騎士 亜人・異種族 魔法 成長 群像劇 異世界
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年7月4日 0時13分
最終投稿日 2021年11月27日 12時00分
完結日 -
文字数 270,603文字
読了目安時間 9時間1分
総エピソード数 108話
ブックマーク登録 13件
コメント 9件
スタンプ 21件
ビビッと 0件
応援ポイント 22,390pt
ノベラポイント 200pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ドラゴン戦役

    ドラゴンを主軸とした超大型ファンタジー‼

    154,800

    33


    2022年6月26日更新

    この作品はドラゴンをメインに据えた、自身初の超大長編ファンタジーです。 約二〇〇〇年前、人類は滅びの道を選んだ。人類は核兵器と呼ばれる恐ろしい兵器を用い、自滅した。そして放射能により、恐ろしく巨大な化け物を生み出した。鳥たちの一部が変異を遂げたのだ。さらなる太古に存在していたとされる恐竜が、その姿を鳥へと変えて生き延びたように、今度は恐竜よりもっと恐ろしい怪物、ドラゴンへと姿を変えた。その結果人類は、その数をおよそ全盛期の一〇〇分の一以下にまで減らしてしまったのだ。 人類はドラゴンによって空を支配された。制空権を失った。 人類は異形の者によって海を支配された。制海権を失った。 ドラゴンが支配する空域”レムレース空域”には、ドラゴン達を束ねる強大な闇のドラゴンが存在する。 闇のドラゴンはドラゴン以外の種族を消し去ろうとした。しかしそれに反対したのが、四体の偉大なドラゴンだ。 光のドラゴン”レフレオ” 炎のドラゴン”エタンセル” 水のドラゴン”アルウェウス” 風のドラゴン”ブリューム” 彼ら四体の偉大なドラゴンは、闇のドラゴンの考え方に反対し、それぞれ地上に降り立った。そして彼らは地上の人間達を守護するため、空のドラゴンたちが地上にやってこないように、共同で結界を張った。地上と空をわけたのだ。 人類は四体の守護竜に守られながら、非常に長い時間をかけて四つの国を作り、それぞれの守護竜の名前をその国名とした。 そんな中、神話に登場する光の後継者の名を継いだ男、ハンス・ロータスは、守護竜の血を引く相棒、四足竜レフレオと共に、空と海の主導権を取り戻すための戦いに身を投じていく。 これは神話の名を継いだハンスと、守護竜の血を引くレフレオの、人類の存亡を懸けた冒険譚! 金、土日の週3日更新でやっていきますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間5分

    この作品を読む

  • 罪人は英雄の夢を見る

    現実に抗う物語。超絶バトルものです。

    177,550

    908


    2022年6月24日更新

    魔神が白き英雄によって討たれてから二千年が過ぎた世界。 白き英雄を崇める白炎教会によって超常の力は弾圧され、あらゆる魔性の存在は悪とされていた。 社会を脅かす魔性の存在と、それらから人々を守る白炎教会。 長きにわたる善と悪の戦いだと、世間は信じて疑わない。 所詮は他人事。自分たちが血を流すことにならなければ、世界は平和だと信じていられる。 盲信することを選び、思考を放棄した人々は気がつかない。 悪と決めつけられ、生存権を奪われた魔女や魔術師、異形の者たちの叫びに。 生きるための戦いを余儀なくされた者たちは爪を研ぎ、抗い続ける。 世界から排斥された者たちの行きつく先とは——。 紛い物の英雄譚、ここに開幕! ※月/金更新予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間32分

    この作品を読む