RELACION 〜有力貴族の居候となった少年とその数奇な人生を〜

読了目安時間:3分

エピソード:6 / 108

ちいさな冒険

「おいお前ら、そこ動くなよ」  薄暗くて顔ははっきり確認出来ないが、そこには登笈(とおい)よりも歳上と思しき男性が立っていた。  いかにもガラの悪そうな、一目で危険とわかる人物だった。チンピラと表現するのが正しいかもしれない、そんな男は、怯えて動けずにいる登笈(とおい)とリアーネを指差して恫喝をかける。 「……リ、リア」 「———っ」  立ち位置が悪い。登笈(とおい)は即座にそう判断する。リアーネを先に進ませていたことで、今は彼女が自分より手前側にいる。つまり、チンピラの男とより距離が近く、最も恐怖が届く場所に彼女がいるのだ。  見た所、刃物や武器を握っているわけではない。脅しをかけて、金銭を奪ってこようとする程度だろう。誘拐をしそうなほど大人にも見えない。と、登笈(とおい)が怯えつつも冷静に物を見ていられるのは、自分と男の間に人がいるからだ。竦み上がって声を失っているリアーネ=ステンネルが。  これは不味い。そう思った登笈(とおい)が、彼女の肩に手を回そうとすると、しかし男が一歩大きく踏み出した。 「動くなっつってんだッッ!!」  再度の恫喝。親以外に叱られたことなどない二人は、びくんと肩を跳ね上げさせる。とうとう登笈(とおい)の腕も震え始め、両者共に思考が纏まらなくなっていく。 「それでいい。動くなよ。……お前ら家どこだ? まぁいい。とりあえず着てるその高そうな服と金だけ置いてけ。持ってんだろ」  男は、リアーネの持つメッセージボードを見ながらそう言って、徐々に、徐々にこちらに近付いてくる。 「リ———ッ」  再び呼びかけようとしたところで、男の眉間に皺が寄る。次動けば、おそらく殴るか蹴るかの暴行は避けられないだろうと察した登笈(とおい)は、一瞬だけ戸惑い、迷い、悩み、リアーネの背中に目を向けたところで、しかし彼女の右腕を強引に引っ張った。 「てめ———っ動くなって……ッ!!」 「リア、走って!!」  彼女の首筋を冷や汗が伝うのが見えた。その瞬間、登笈(とおい)は何を構うこともせず、リアーネを後ろに回して、その背を強く押して道を促す。 「はやくッ!!」 「……でも、———。うん、分かった!!」  衝撃を加えられて冷静になったリアーネは、より危険になった従弟に目を向けたが、すぐに自分のすべきことを理解して、来た道を全身全霊で駆けていく。  彼女の後ろ姿を見た反応は、それぞれ異なるものだった。片方は安堵し、片方は怒りと苛立ちに塗れて拳に力を入れる。 「……何逆らってんだこんのボケがァッ!!」 「ここは通さないッ!!」  直後、自分より遥かに大きな歩幅で近付いてきた男の拳が腹部に直撃する。が、昏倒どころか倒れることもせず、登笈(とおい)は男の腹にしがみつき、そのままその勢いで彼を転ばせた。 「こ……餓鬼ィッ!!」  ———。  ここで、その無謀な少年の記憶は少し途切れる。  次に彼が目を覚ました時には、逃がした彼女が連れてきた衛兵の手によってチンピラの男が取り押さえられていて、そして。 「うっ。うえぇええええん!!」  必死になって守った、自分より全然凄くて強かな義理の姉が泣いている姿があったのだ。 「……よかった」 「無事で良かったよぉお……登笈(とおい)、もぉお……!!」

読んでいただき、ありがとうございます。 質問があれば是非ともお書きください。今後の展開のネタバレにならない程度に回答させていただきます。 長文でも一言でも何でも感想お待ちしています。筆者にエネルギーをください!!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • あんでっどさん

    丹羽すず

    ♡100pt 2021年8月21日 19時07分

    微笑ましくていいですね!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    丹羽すず

    2021年8月21日 19時07分

    あんでっどさん
  • 女子高生

    紺色わさび

    2021年8月21日 20時46分

    序盤かつ主人公の帰る場所なので、微笑ましく感じられたなら嬉しいです!! これからも宜しくお願いします〜!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    紺色わさび

    2021年8月21日 20時46分

    女子高生
  • 真田幸村

    洋夏晴崇

    ♡100pt 2021年8月5日 12時52分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ブラボー!!

    洋夏晴崇

    2021年8月5日 12時52分

    真田幸村
  • 女子高生

    紺色わさび

    2021年8月5日 13時09分

    ありがとうございますーっ!! え、うそぉ、ありがとうございますーっ!! えーっ!? 読んでくださったんですか!? マジでありがとうございますーっ!!!!!!!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    紺色わさび

    2021年8月5日 13時09分

    女子高生

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 報われない者たち ~祝2000PV感謝!毎晩更新!独特異色の哲学系学園譚!~

    第三章、武士道 vs 騎士道の体育祭!?

    29,600

    170


    2022年5月27日更新

    自殺一歩手前まで行った女の子が、高校に入学して七癖も八癖もある同好会に所属したことを転機に、先輩たちの心の闇を取り払うまでになる一年間の物語。 【あらすじ→】 高校に入学して間もなく、『報われない者たち』という謎の同好会に勧誘されてしまった水野舞湖。「なんだか面白そう」という理由でつい入会してしまうが、その活動実態は工作に筋トレに読書、小難しい議論をしているかと思えば、ボランティア活動と称した地域の七不思議の解明まで!? クラスマッチ、夏休み、体育祭に文化祭。高校生の日々を過ごす中でそれぞれの思想信条を持つクセ強な先輩部員たちに揉まれ、水野も段々と自分なりの ”ものの見方” を身に着け、人生に悩む先輩たちの心を支えていく。 そしてそれは、水野の心を救い、『報われない者たち』に水野を勧誘した張本人である、代表の杯賀にも……。 登場人物たちはみな日陰者、人生に社会にすべてを憂う "アンチ" 青春ストーリー「報われない者たち」、ぜひご一読ください。 各編予告動画↓ https://www.youtube.com/channel/UCJBNqWcDGjwyLRYqipiggIQ ※Twitterにあとがきのようなものを置いてます。 ※すべての発言、仕草、状況、展開を伏線だと思ってもらって構いません。本小説は群像劇、ないしは全体論的小説の一面を持ち合わせています。 ※本小説に登場する人物、集団、思想、発言、組織、商品、サービス、現象、地名、その他のすべてはフィクションであり、現実のそれとは何ら関係するものではなく、特定の何らかを推奨、勧誘、斡旋、揶揄、非難等をするものでもありません。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間41分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,500

    385


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む