RELACION 〜有力貴族の居候となった少年とその数奇な人生を〜

読了目安時間:6分

エピソード:58 / 108

朝焼けに咆哮の轟く

 焦点の合わない(まぶた)を動かして、ぱちりぱちりと瞬きをする。 「……?」  ぼーっと洞穴の天井を眺めながら、何分か経過。胸からこみ上げてくる眠気を欠伸(あくび)に変換すると、途端に寒気に襲われ、ぶるりと肩を震わせた。  もうかれこれ三日や四日は過ぎただろうか。何度目とも知れぬ朝を簡易的な寝袋と洞窟の静けさの中で感じつつ、登笈(とおい)はゆっくりと上半身を起こした。 「———……あぁ、なるほど」  明瞭(めいりょう)になった視界を右へ左へ動かし、両隣の寝袋が空になっているのを確認する。どうやら、二人はもう活動を始めているらしい。  暖かい朝だった。無論、雪原の真っ只中なので、暑いか寒いかで言えば寒いのだが、陽射しがしっかり地面に降りてきている感覚というのか。すぐに寝袋から出て立ち上がれるくらいには、人体に優しい朝である。  山の(ふもと)に設けられた小さな洞穴。入り口狭く、中は天井が少し高い。外敵の心配をせずに済むその空間が、昨晩の寝床である。  軽く屈んで、光射す方に顔を出すと、そこでは———そこでは、人の身の丈を越す体躯(たいく)を持つ雪熊(ゆきくま)に、威力最大の電撃を撃ち落とす親友の姿があった。 「それ、朝ごはん?」 「おーよ。焼きゃ食べれる」  欠伸(あくび)混じりにそう尋ねてみたら、雪景色(ゆきげしき)に似付かわしくない焦げた臭いとともに、ライアの声が返ってきた。 「焼きゃあって……まぁそうか。焼けば食べれるよね、うん。腕とか太腿(ふともも)らへんとか、なんか美味しそうだし」  熊を用いた料理は学習院(がくしゅういん)の食堂でも季節限定で何度か目にしたことがあるが、実際に口にするのは初めてだった。爪も太く、毛皮も厚くて顔周りは感情が(とら)えられなくて恐ろしいものの、こうして見ると不思議と食欲も湧いてくる。  それはまぁ、お腹が空いているから、だろうか。 「これ食って満腹になったら、今日こそはラウンステッドに到着、だろ?」 「そうだね。と、そういえばルーンの姿が見当たらないのは何で?」  一緒に出て行ったのかと思いきや、近辺にはいない様子だった。周りを見渡してみてから、事情を知っていそうなライアに問いかけると、彼は両手で髪をくしゃくしゃしたり、顔を洗ったりするジェスチャーを行ってくる。 「……風呂、があるわけないし、水浴び?」  と聞けば、彼はこくりこくりと頷いた。水浴びとは、気持ちは分かるが流石に風邪を引いてしまうのではないだろうか。そもそも湖面か池面かは知らないけれど、それ凍ってはいないだろうか。色々な不安が頭をよぎったが、登笈(とおい)は、まぁルーンだし、と強引に納得をする。  それに、何より女心が分からないうら若き男子二人の間で、彼女はよく我慢してくれているのだから。 「じゃあ、手っ取り早く解体してしまおうよ。とりあえず四肢(しし)だけ良い感じに切り取ればいいんでしょ?」  頭や腹回りは、きちんとした知識が無い人物が(いじ)ると細菌やら何やらでロクな目に合いそうにない。暑い地域よりは当然色々なことがマシなのだろうが。 「おう、任せる。焼くのはいつも通り俺がやるし、それっぽーくやってくれ」 「はいはい」  会話を終えてから、バトンタッチで登笈(とおい)雪熊(ゆきくま)の死体に近付いて、肩をごりごり回す準備運動をする。そうして、鞘から刃を引き抜いた。口から白んだ息を零しながら、ゆっくりと。  ———。  ———。 「はぁ。ちょっと筋っぽかったかな。けどお腹は膨れるし、うん、良い感じ」  食後の運動がてら寝袋を畳みつつ、満足げに登笈(とおい)は腹の辺りを摩っていた。  筋肉量や食事を考えれば当然だが、雪熊(ゆきくま)の肉はやたらと固く、野性味(やせいみ)もあって残念な味わいだった。ただ、それを補って余りあるほどに食べ応えはあり、満腹感も凄まじい。 「私もお腹いっぱいかも。ありがとね、登笈(とおい)。お肉の大きさ、丁度良かったやー」 「そう? 良かったよ。あ、寝袋畳んどくし、置いといて」 「え———っとぉ、それは、ちょっとぉ……自分のは自分で片付けるから、大丈夫っ!!」 「……そう? まぁ、それなら」  せっせと不恰好に畳み始めるルーンを横目に、仕事の無くなった登笈(とおい)は自分の荷物を背負って再び洞穴の外に向かっていく。  学習院(がくしゅういん)に入る前は、リアーネに叱られるくらい整頓に無頓着(むとんちゃく)だったものだが、予想だにしない環境での生活が続いたことで、それも改善されつつあった。具体的には、自分が取り出し(やす)いように(まと)めよう、なんて考えの土台が生まれるくらいには。 「おーい、ライ———」  そして、(かが)んで入り口を通ろうとした瞬間。 「———来んな、登笈(とおい)ッッ!!」  洞穴に射し込む唯一の光。自然光に安堵(あんど)を覚える視界の中で、一面に広がる雪の絨毯(じゅうたん)が爆発でも起きたように激しく舞い上がり、静止を促す叫びと共にライア=レアンドが薙ぎ払われて空を飛んだ。  直後、カッと放たれた稲妻が(おり)のように地面を突き穿つ。が、”襲撃者(しゅうげきしゃ)”はそれに物怖(ものお)じせずに、再び足元の雪を()き散らす勢いで踏み出した。 「———っくそ。何だよ!!」 「登笈(とおい)、ライア!? ちょっと、何が———」 「ルーンはそこにいて!! いいね!?」  あまりの騒々しさにやってきたルーンをその場に言葉で()い止めて、登笈(とおい)もそれ以上の説明をする暇も無く洞穴を飛び出した。剣を抜き、鞘を放り投げて、現状の自分に出せる最高速(さいこうそく)()ってその襲来(しゅうらい)に追いついてみせる。 「———ッ止まれ!!」  ガギン———ッ!! という、勇ましい衝突音が銀世界を地平の果てまで駆け抜けた。  登笈(とおい)の剣が、襲撃者の突撃を間一髪のところで受け止め、何とか拮抗(きっこう)するも、しかし刃が徐々に押されていく。背後で倒れたライアが復帰するまでの繋ぎではあるが、このままだと力負けして逆に自分の剣で顔面が切られてしまいかねない。 「……ッ!?」  彼が驚愕に目を見開いたのは、襲撃者の攻撃手段。振り切れば筋繊維(きんせんい)の塊のような熊の腕だって切断出来てしまう刃に対して、それは腕で拮抗(きっこう)していたのだ。  そして、その腕の異様さ。ただの手や拳で剣と打ち合えるわけもない。その左腕は、爬虫類の鱗に似たナニカに(おお)われていた。 「こ、の……腕はっ!?」  あまりの膂力(りょりょく)に腕の筋肉が震え始める中で、登笈(とおい)はミッドの村で聞いた噂話を思い返す。  ———龍神族(りゅうじんぞく)。  学習院(がくしゅういん)でも、歴史研究学(れきしけんきゅうがく)の講義中にその名は何度も聞かされていた。  (いわ)く、(りゅう)化身(けしん)。竜と同じ力を持ち、天の(いただき)にて竜と共に暮らすモノ。太古の時代から存在し、かつて存在した妖精(エルフ)族とも対等に渡り合ったとされる最強の生物。彼らは人の姿を保ち、滅多に竜翼山脈(りゅうよくさんみゃく)から降りてくることもせず、ただ人と変わらぬ生を謳歌(おうか)していると。  しかし、一度(ひとたび)彼らが地上に舞い降りたなら———。 「その時は……ッ命を失う覚悟をする、べきだ」  ———だったか。と、歯を食いしばり、必死に余力を注ぎ込んでその地面に足を押さえつけながら、かつて聞いたロア=スクレードの言葉を反芻(はんすう)する。 「ハッ。良い気合いだ、だが()んねェ。速さは良いが、力の向きが(ちげ)ェなァ!!」 「ッ!?」  瞬間。登笈(とおい)懸命(けんめい)に灯していた意識がふ———っと飛び、脳裏に白い(もや)と星々の点滅を呼び起こす。  まるで建物にタックルを食らわされたような、質量の大打撃。全身の力を一気に跳ね返されて、雪の敷布団(しきぶとん)に人形のように沈んでいった。 「お前がすんのは、耐える努力じゃねェ。オレをブッ飛ばす気概だろォが。……んで、もう終わりかよ」  大陸北部へ抜ける寒風が、彼の金春色(こんぱるいろ)の髪を靡かせる。  明朝の雪熊(ゆきくま)のものとは違う、興味と高揚を示した瞳をぎろりと動かしながら、龍神族(りゅうじんぞく)の青年はそうして一歩踏み込んだ。

読んでいただき、ありがとうございます。 質問があれば是非ともお書きください。今後の展開のネタバレにならない程度に回答させていただきます。 長文でも一言でも何でも感想お待ちしています。筆者にエネルギーをください!!

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界の物流は俺に任せろ

    トラックで異世界を爆走!それだけの物語

    56,500

    5


    2022年5月28日更新

    俺は、大木靖(おおきやすし)。 趣味は、”ドライブ!”だと、言っている。 隠れた趣味として、ラノベを読むが好きだ。アニメやコミカライズされるような有名な物ではなく、書籍化未満の作品を読むのが好きだ。 職業は、トラックの運転手をしてる。この業界では珍しい”フリー”でやっている。電話一本で全国を飛び回っている。愛車のトラクタと、道路さえ繋がっていれば、どんな所にも出向いた。魔改造したトラクタで、トレーラを引っ張って、いろんな物を運んだ。ラッピングトレーラで、都内を走った事もある。 道?と思われる場所も走った事がある。 今後ろに積んでいる荷物は、よく見かける”グリフォン”だ。今日は生きたまま運んで欲しいという依頼だ。 え?”グリフォン”なんて、どこに居るのかって? そんな事、知るわけがない。依頼された荷物を、依頼された場所に、依頼された日時までに運ぶのが仕事だ。 日本に居た時には、つまらない法令があったが、今ではなんでも運べる。 え?”日本”じゃないのかって? 拠点にしているのは、バッケスホーフ王国にある。ユーラットという港町だ。そこから、10キロ山に向かえば、拠点がある。拠点に行けば、トラックの整備ができるからな。整備だけじゃなくて、改造もできる。 え?バッケスホーフ王国なんて知らない? そう言われてもな。そういう物だと受け入れているだけだからな。 え?地球じゃないのかって? 言っていなかったか?今居るのは、異世界だぞ。 俺は、異世界のトラック運転手だ! トレーラやクルマが製造できる万能工房。 ガソリンが無くならない謎の状況。使えるナビシステム。 なぜか読める異世界の文字。 故障したりしても、止めて休ませれば、新品同然に直る親切設計。 望んだ装備や設備が実装される不思議な工房。 ご都合主義てんこ盛りの世界だ。 相棒とともに、制限速度がなく、俺以外トラックなんて持っていない。 異世界を気ままに爆走する。 レールテの物流は俺に任せろ! --- 注)誤字脱字が多いです。見つけ次第、直していきますが、更新はまとめてになると思います。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28時間44分

    この作品を読む

  • 強いヒロイン登場

    降参するしかないだろう?

    100

    0


    2022年5月28日更新

    小説勉強会(仮)、第三段参加作品です! キャラの登場のさせ方、ということで、今回は「すばしっこく戦うタイプのヒロイン」の登場場面を切り取って描いてみました。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,500

    385


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む