RELACION 〜有力貴族の居候となった少年とその数奇な人生を〜

読了目安時間:4分

エピソード:1 / 108

200PV、感謝致します。 それを記念してというわけでもありませんが、難解な設定かもと思われる情報をなるべく分かりやすく簡潔に纏めてみました。 今後の『RELACION』熟読の一助となれば幸いです。これからも、当作品をよろしくお願い致します。 出身の登場人物や街名などの情報の編集予定はありません。 ストーリーが進んだ先で新たに設定が出てきた場合は、エピソードを増やすという形で更新をするので、その際は是非どうぞ。

学習院 図書館の記録(設定管理

現在公開されている各国及び各都市の名称

 妖精の見守る大地と言われるアストライア大陸には、非常に多くの国々が存在している。平地に、島に、森に、あるいは山の頂上に。国と一言で語っても、その形式は実に様々である。  今回はその中でも主要な国を、都市や村とともに紹介したいと思う。  この資料は、読者の皆様向けに作成したものです。  作者の設定やメモはまた別で管理されており、尚且つ作品の進行度合いによって、敢えて省かれた情報もあるということを念頭に入れてから読んでいただけると幸いです。 ⑴アテリア王国】  言わずと知れた超大国。大陸の北部中央にある巨大な王権国家であり、誰もが一度は足を踏み入れるという言葉が広まるほど、文化文明の最先端をいく。  国の成り立ちは、四人の公爵と一人の王様が同盟を結んだことによるもの。その形式は今でも四大貴族の制度として残っており、それらの当主は敬意と畏怖をもって『四大公』と呼称される。 王都アストライア》 ここが出身の主な登場人物:シュクル=ステンネル  都の名が指し示す通り、名実ともにアテリア王国の中心と呼ぶべき都市。大陸第一位の教育機関とされる『王立学院』はここにある。 ステンネル領》 ここが出身の主な登場人物:ラティーナ=ステンネル、リアーネ=ステンネル、登笈の母  国内東部に広がる、四大貴族ステンネル公爵家が治める土地。  領主の本邸、別邸が建つ中心都市セントホルンをはじめ、北にノースホルン、南にサウスホルンの街が点在している。   レアンド領》 ここが出身の主な登場人物:ライア=レアンド  国内南部に広がる、四大貴族レアンド公爵家が治める土地。王国の食料自給率の殆どを賄う広大な農業地帯で、気候も温暖。  王都方面と比べるとかなりの田舎で、小さな村が幾つも点在している。しかし、領主の屋敷があるウインタニアの街だけはかなりのものである。 ヴェステン領》 ここが出身の主な登場人物:無し  国内北部に位置する、雪と風に愛された土地。四大貴族ヴェステン公爵家が守護する大陸の北端部。領主の屋敷は、スノウエンデという大きな街に建っている。  西方に進めば、スリージ聖王国の北端都市であるラウンステッドが見えてくるため、隣国との仲介も担っている。 エイトリー領》 ここが出身の主な登場人物:無し  国内南西部に広がる、四大貴族エイトリー公爵家が治める土地。  野盗団や無法者が未だに数多くのさばる荒れた地域だが、年老いた領主が厳格な態度をもって安寧を保っている。  スリージ聖王国の南部と隣接しており、南の玄関口と呼ばれることも。 ⑵スリージ聖王国】  大陸西側の騎士国家。隣国アテリアとは同盟関係にあり、南部の砂漠を隔てた先にあるエドラス帝国の動きに備えている。  各都市には騎士の駐在所があり、そのため常に一定数の騎士あるいは衛兵が街を見守ってるので、かなり治安は安定している。 聖都スリジア》 ここが出身の主な登場人物:ルーン=スタリエ  聖王国の中心。迷路のように入り組んだ建物の並びや、街全体を囲う巨大な壁から、城郭都市の異名も持つ。  聖王国騎士団の本部も当然ながら、ここに建っている。 ネサラ》 ここが出身の主な登場人物:無し  聖王国南部にある、そこそこの高さの壁に囲われた大都市。聖王国最大とも。  街の中心には大陸第二位の教育機関である『学習院』があり、若者が集うだけあって流行にも敏感な場所。 ティファリア》 ここが出身の主な登場人物:無し  竜翼山脈の麓の傾斜面に建てられた町で、臨山都市(りんざんとし)と呼ばれている。大きさはそこそこ。 ラウンステッド》 ここが出身の主な登場人物:無し  国内北端の都市で、雪に塗れた白銀の街。ヴェステン領とは古くから交流が続いていて、とても友好な関係を築いている。 ⑶枇杷の国】 ここが出身の主な登場人物:宮城 登笈、式守 火鷺、奈島 姫愛、久能 柳花、東堂 芽衣、登笈の父  東陽三国と呼称される、三つに分裂した東陽の南西部分にあたる小国。  名物は大陸最大の湖と、南部に広がる海洋から獲れた魚介類。急遽、内乱で分裂しただけあって、大きな街はそう幾つもありはしない。代表である久能家の城がある枇杷の街が精々だろうか。  東の黒桜の国の侵略を、久能家に仕える侍大隊と呼ばれる者たちが日々奮戦して防いでいる。 ⑷エドラス帝国】 ここが出身の主な登場人物:レイド=ギアス  スリージ聖王国より遥か南、大砂海(だいさかい)を隔てた先の軍事大国。  少し前に、国内の有力諸侯らが他国を攻める侵略派と友好な関係作りに努める穏健派とに分かれて内乱が巻き起こり、穏健派を表明した貴族一家の大半が滅亡した。 ⑸ギリア王国】 ここが出身の主な登場人物:スイヨ=アルバーナ  大陸南東部の小さな島国。南洋のギリア、などと呼ばれたりする。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • リューザの世界紀行

    少年リューザの旅物語

    1,400

    0


    2022年5月28日更新

    辺鄙な山中に位置する小さな湖畔の漁村、フエラ村。この村では何時も平穏な時間がゆったりと流れているのだった。 そんな村に住む少年リューザは、ある日のこと湖岸の洞窟で薄ら蒼く光を放つ不思議な金属の棒切れを見つける。その光に導かれるがままに進んでいった湖畔の深い森の先でリューザと幼馴染の少女ブレダが目にしたのは荘厳かつ神聖な佇まいをした神殿だった。二人は好奇心からその神殿へと侵入する。 そこで見つけたのは、不可解な文字列に奇妙な生き物を描いた絵画、挙句の果てに不気味に光る光源が現れる始末だ。 この先、何が二人を待ち受けているのか……。 お人好しな少年リューザと、我儘な村のお嬢様ブレダの不思議な冒険が今始まる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間11分

    この作品を読む

  • 虹の騎士団物語

    ちょこちょこ&ほのぼの進むファンタジー

    2,100

    0


    2022年5月28日更新

    昔々、神様は世界をひとつにできる架け橋、虹を作りました。 けれど、いつまで経っても世界から争いはなくなりません。 悲しんだ神様が流した涙が虹に落ちると、虹は砕け、空から消えました。 それから、虹が空に現れることはありませんでした。 でもある日、虹のカケラが、ある国の9人の少女の元にとどきます。 虹の騎士団と呼ばれた彼女たちが世界をひとつにしてくれる、最後の希望になった。そのときのお話です。

    読了目安時間:3時間12分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,500

    385


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む

  • 遺書と言って渡されたのはライトノベルでした。

    小説投稿サイトを舞台に繰り広げられる物語

    46,200

    4


    2022年5月28日更新

    葬儀はしめやかに行われた。 友人は余り多く無かった様で、 本人も家族もそれほど信心深い方では無かったのか 家族葬という形で静かに行われた。 私はその死をとても受け入れられずにいた。 ・・・ それから暫くして家にある男が焼香に現れた。 そして一束の小説原稿を私の前に差し出した。 その男は言った。 「これは彼女の遺書です」 それはライトノベルだった。 私は何をふざけているんだと憤った。 そして男を睨みつける。 すると男は真剣な顔で言う。 「そして彼女の生きた証です」 その真剣過ぎる姿に私は怒る気も失せた・・・。 ************** 小説投稿サイトを舞台に、とある女性の死を中心に そして一つのライトノベルによって伝えられる想いから 繰り広げられる物語。 *************** ※このお話はフィクションです。 大事な事なので2回言います。このお話はフィクションです! 追記: 私の作品リストに掲示板用の作品を作成しました。こちらにコメントし難い場合はそちらをご利用下さい。 ※ライトノベルの定義について:明確な定義はないそうですが、 本作に置いては『軽い文体でわかりやすく書いた小説』とさせてください。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む