RELACION 〜有力貴族の居候となった少年とその数奇な人生を〜

読了目安時間:6分

エピソード:33 / 108

最後の放課後 ③

「よ、っと」  体の向きを横に変えて、壁と背中を合わせながら、ずりずりと極限に細い道なき道を抜けると、そこには全体の様式こそ同じだが見覚えの無い店や聞き慣れない喧騒(けんそう)など、知らないネサラの街が石畳(いしだたみ)の道を通じて続いていた。 「方角的には街の南側だと思うんだけどなぁ。大きな道通ってここまで来れないかな」  中央の学習院(がくしゅういん)から紆余曲折(うよきょくせつ)はあったものの、なるべく普段あまり来ない南方を目指して進んできたので、位置的にはこの辺りではないかと脳裏であたりをつける。  時刻は昼間の三時を過ぎた頃。まだまだ散策の時間は優に残っているので、後を気にせず登笈(とおい)は前へ前へと歩みを進めた。 「———だから、私は学習院(がくしゅういん)に用事があって来ただけで、怪しい者なんかじゃないんだってば」 「ん?」  食べ歩きにもってこいな、野菜たっぷりなハンバーガーの屋台や、見るだけで肩が重たくなりそうな鎧が展示してある建物など、また見知った区画とは一味違う店舗が軒を連ねる仮称南部通りを歩いていると、何やら三人の騎士に囲まれた———というか職務質問的なことをされている人物の姿が目に入った。  スリージ聖王国の騎士は、誠実の象徴とされる青を基調とした鎧に身を包んでいるのだが、あれは中々に威圧的だろう。背も高いし。何より、囲まれているのはルーンやスイヨとそう変わらないように見える少女だ。それが理由かは定かでないが、なんとなく登笈(とおい)はその、不審人物とそれを呼び止める騎士という、ネサラにいればよく目にする光景に足を止めていた。 「申し訳有りませんが、名前だけでも教えていただかないと……最近はネサラも物騒ですから、我々も警備体制を強化せざるを得ない状態なのです」  少女を囲む三人の中で最も背の高い騎士がそう言うと、彼女は腕組みをして考える素振りを見せる。  それを遠目で眺めているのも何だか怪しい気がして、登笈(とおい)は聞き耳を立てるのではなく、真正面から正当に尋ねるために騎士達の方へ行き、一人の背中をとんと叩いた。  とはいえ、今は制服も着ていないので、不審に思われないよう、代わりに生徒証を振り返った彼にかざして、 「すみません、何かあったんですか?」  と、ごくごく自然な通りがかりの学習院生(がくしゅういんせい)を演じてみせる。演じるも何も、偶々(たまたま)立ち会ったのは事実なのだが。  登笈(とおい)にそう聞かれると、騎士は生徒証を確認してから、ああ、と爽やかな笑顔を作った。 「学習院(がくしゅういん)の生徒さんか。大丈夫だよ。ただ、近隣の方から、剣を持った不審者が彷徨(うろつ)いているという知らせを受けてね」 「そうなんですね。いつもお疲れ様です」  この広い街の中を全域に渡って見回りをしてくれているのだ。それも一日中。よくない噂を聞く機会も最近は多くなってきたが、それでもこうして一人でぶらつけるのは彼らのおかげと言っても過言ではない。  しかし、そんな彼らに不審者扱いされる人物とは果たしてどんな顔をしているのか。遠目では自分とほぼ変わらない年端も行かぬ少女に見えたが、とあれこれ考えながら登笈(とおい)が騎士の背中からひょっこり顔を出すと、そこには素朴(そぼく)だが可憐な顔立ちの女の子が立っていた。  一言で表すなら純朴(じゅんぼく)。貴族の子のように特段に品があるわけでも、目を奪われるほどの美貌を持っているわけでもないが、かといってどこにでもいそうかと言われればそうでもない。  目力のある大きな瞳に、色白の肌と薄い唇。薄柿色(うすかきいろ)の髪は陽射しが当たれば桃色にも見えて、彼女の幼さが残る顔立ちにとても似合っていた。  そんな少女の腰には、鞘に納められた片手持ちの(つるぎ)が差してある。それには黒一色の鞘身(さやみ)に金の装飾と、何かの花のような印が刻まれていた。これを見れば、なるほど確かに通報も止む無しだろう。  仮に事件でも起こそうという心算(こころづもり)ならば、あまりに堂々とし過ぎているが。  あまりジロジロ見るのも心のリアーネに叱られる気がして、そろそろ目を逸らそうとすると、不意にその少女と視線がぱっちり交差する。それまた逸らそうとしたところ、彼女は何かに気付いたようにパッと手を挙げた。 「ねぇねぇ。きみって学習院(がくしゅういん)の生徒なの? 私、そこにいるレイドって人に用があってここまで来たんだけど、迷っちゃってさ」 「あぁ、うん。……うん?」  そうだよ、と応えようとしたところで、かなり聞き覚えのある名前に脊髄反射(せきずいはんしゃ)で聞き返す。 「え、レイド? レイドってあのレイド?」 「そうそう、レイド=ギアス。あ、知り合い? 友達かなぁ。ははぁん、あの堅物根暗(かたぶつねくら)に友達がねぇ……」  そうかそうかと感心する少女剣士。会話から置いてけぼり気味の騎士達の視線が気にはなるものの、彼らも一人ならともかく三人も揃って特に危険性も無さそうな女の子に構っているのは時間の無駄だろうということで、なるべく引き受けられる部分は引き受けられるよう会話を続けた。  それに、どうやら彼女は親友の知り合いらしいので。  そこまで思考していると、先程少女に話をしていた背の高い騎士が一歩後ろに下がり、ふっと顔の力を抜く。 「よくわかりませんが、仕方ないでしょう。問題は無さそうですから、この子のことは君に任せますね。  ただ、念のためです。学生寮に戻ったら、グリザリオ=ロティスに顛末を話してください。私達は彼伝(かれづた)いに聞きますので」  彼はそう言ってから他の二人にハンドサインで見回りへ戻るよう指示を下し、自身もまた、その場を離れていく。  若干どころかほぼ確実に面倒事を放り投げられた可能性はあるが、首を突っ込んだのは自分だということもあって、登笈(とおい)は何となく口を噤んでいた。 「……とりあえず、学習院(がくしゅういん)まで送るよ。レイドなら外出してないだろうから、部屋にいると思う」 「君、怖くないの?」 「え?」 「いや、ほら。私のこれ」  不意の言葉に聞き返すと、彼女はとんと左手で腰の柄を触って、自身が簡単に人を殺傷出来る武器を持っていることを強調した。  女性が子供の手を引っ張ってそそくさと離れていくのを視界の端で捉えながら、登笈(とおい)はそんなこと、と息を吐く。 「もう真剣を使った訓練も始まってるから、武器(それ)そのものを怖がることは無いよ。何を持っているかより、誰が持っているかの方が大事だって、先生の言葉」  喋りながら、登笈(とおい)はふと空を仰いだ。  嘘ではない。面と向かって矛先を向けられれば話は違うが、剥き出しでないのなら、そんなのは今更だ。先ほどの騎士だって、全員が腰に(つるぎ)を携えていたのだし。  グリザリオによる指導のもと、実戦を想定した講義は今年から始まっていた。最初は真剣での素振りから、次は腰に(つるぎ)を差した状態での長距離走、木剣(ぼっけん)を持った攻撃側と真剣を持った防御側に分かれた訓練など順序良く、彼曰く騎士になるために必要な技術を存分に叩き込むための授業が。  登笈(とおい)がそう話すと、彼女は意外そうに、へぇ、と声を漏らす。 「いいね。男の子って感じかも」 「男だよ。悪い?」  登笈(とおい)が軽く反抗期的なノリでそう返すと、少女はいやいやと手を横に振った。 「いやぁ、私の周りには女しかいないから、結構貴重な機会なんだ。こうやって男子と喋るのってさ」 「そうなんだ? でもレイドとは仲良いんでしょ?」 「あはは、知り合いではあるけど立場は違うからね。私にとっては上司の息子って感じだし、仲良いだなんて不敬(ふけい)だよ」 「……?」  さっき根暗とか堅物とか言っていたような、と。軽く小首を傾げてみたが、どうやら気にしたら負けらしい。 「あ、ねぇねぇ。自己紹介がまだだったね。私はラヲ。ラヲ=アナカ。短い間かもだけど、よろしくねっ」  一先(ひとま)ず彼女を学習院(がくしゅういん)まで連れていくかと足を踏み出したところで、しかしそれを呼び止められる。  仕方がないので振り返ると、彼女———ラヲ=アナカは白い歯を見せて、春を迎えた枇杷桜(びわざくら)のように華やぐ笑顔を見せていた。その腰に(つるぎ)が差してあるとは思えないほどに、ただの女の子の笑顔を。

読んでいただき、ありがとうございます。 質問があれば是非ともお書きください。今後の展開のネタバレにならない程度に回答させていただきます。 長文でも一言でも何でも感想お待ちしています。筆者にエネルギーをください!!

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ペコラ記

    貴方の見たことのない風変わりな神話を。

    231,211

    1,500


    2022年5月28日更新

    大きくて古い生き物がこしらえた円い箱庭、ゲイハナダンバの物語。 ある日、ヒトならぬ少女、ペコラは育った村を飛び出します。 わたしはヒトとは違う、強い生き物だ。 そう疑いもなく生きてきた彼女は。 そうして様々なヒトビトに出会います。 想像もつかない人生を歩んで来た女たち。 呪われたかのような運命に翻弄される男ども。 己の腕一本で己の生を切り開いていくつわ者たち。 到底理解出来ない結末を定められた生を喜んで生きるそのヒト。 残酷で醜悪な呪いを受けてなお美しく強く胸を張るそのヒト。 セカイを旅して、様々な体験をします。 自分の無力さを恥じ。 ヒトの強さを羨み。 好きになり。 恐れられ。 恨まれ、恨み。 出会いに喜び。 別れに涙します。 そうやってセカイを知った彼女を、旅路の果に待つものがあることを、彼女は未だ知りません。 ──────────────────── 第4章「クノワとセミオ」進行中です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間35分

    この作品を読む

  • 虹の騎士団物語

    ちょこちょこ&ほのぼの進むファンタジー

    2,100

    0


    2022年5月28日更新

    昔々、神様は世界をひとつにできる架け橋、虹を作りました。 けれど、いつまで経っても世界から争いはなくなりません。 悲しんだ神様が流した涙が虹に落ちると、虹は砕け、空から消えました。 それから、虹が空に現れることはありませんでした。 でもある日、虹のカケラが、ある国の9人の少女の元にとどきます。 虹の騎士団と呼ばれた彼女たちが世界をひとつにしてくれる、最後の希望になった。そのときのお話です。

    読了目安時間:3時間14分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

  • 報われない者たち ~祝2000PV感謝!毎晩更新!独特異色の哲学系学園譚!~

    第三章、武士道 vs 騎士道の体育祭!?

    29,600

    170


    2022年5月27日更新

    自殺一歩手前まで行った女の子が、高校に入学して七癖も八癖もある同好会に所属したことを転機に、先輩たちの心の闇を取り払うまでになる一年間の物語。 【あらすじ→】 高校に入学して間もなく、『報われない者たち』という謎の同好会に勧誘されてしまった水野舞湖。「なんだか面白そう」という理由でつい入会してしまうが、その活動実態は工作に筋トレに読書、小難しい議論をしているかと思えば、ボランティア活動と称した地域の七不思議の解明まで!? クラスマッチ、夏休み、体育祭に文化祭。高校生の日々を過ごす中でそれぞれの思想信条を持つクセ強な先輩部員たちに揉まれ、水野も段々と自分なりの ”ものの見方” を身に着け、人生に悩む先輩たちの心を支えていく。 そしてそれは、水野の心を救い、『報われない者たち』に水野を勧誘した張本人である、代表の杯賀にも……。 登場人物たちはみな日陰者、人生に社会にすべてを憂う "アンチ" 青春ストーリー「報われない者たち」、ぜひご一読ください。 各編予告動画↓ https://www.youtube.com/channel/UCJBNqWcDGjwyLRYqipiggIQ ※Twitterにあとがきのようなものを置いてます。 ※すべての発言、仕草、状況、展開を伏線だと思ってもらって構いません。本小説は群像劇、ないしは全体論的小説の一面を持ち合わせています。 ※本小説に登場する人物、集団、思想、発言、組織、商品、サービス、現象、地名、その他のすべてはフィクションであり、現実のそれとは何ら関係するものではなく、特定の何らかを推奨、勧誘、斡旋、揶揄、非難等をするものでもありません。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間41分

    この作品を読む