RELACION 〜有力貴族の居候となった少年とその数奇な人生を〜

読了目安時間:6分

エピソード:9 / 108

旅立ちの朝とトランクケース

 小鳥が芝生の上で鳴いていた。  本日は晴天である。自然と外に出て行きたくなるほどに、太陽の光が眩しい朝だった。  (まばゆ)い日光が射し込む窓の内側では、一人の少年が慌ただしく動き回っている。  衣服やら日記帳やら筆記用具やらをベッドの上にかき集めては、茶色のトランクケースの中に詰め込んで、その散らかりっぷりを同じくらいの歳の少女に叱られていた。 「———服は(たた)んであるんだし、他は多少ぐちゃっとしててもいいんじゃないかなと思うんだけどな」 「駄目よっ、そうやって適当にしていると、綺麗に整頓(せいとん)したい時もそう出来なくなるの。それにこの入れ方だとどちらにしてもぐちゃぐちゃになるわ。出す時のことを考えなきゃ。あと、入学書類は持ったの? あれ忘れたら(りょう)にも入れないんだから確認はしっかりね」 「……………じ、じゃあ僕は着替えてくるから、リアに任せるね」 「だ———っ、せめて見て覚えなさいよッッ!!」 「あだぁ!?」  横腹(よこばら)直撃キックが登笈(とおい)を襲う。  左半身を走る鈍い痛みにのたうち回る従兄弟(いとこ)の姿を見て、少女———リアーネは、ふんっ、と鼻を鳴らした。  今日は、登笈(とおい)が西のスリージ聖王国(せいおうこく)へ出発する日だった。  学習院(がくしゅういん)に入学が決まり、入寮の準備なども済み、いよいよ現地へ向かうという門出(かどで)のめでたき日だ。  因みにリアーネも当然、来月から王立学院(おうりつがくいん)に通い始めるのだが、彼女の方は学生寮までの移動にそこまで時間がかからないので、他の家族同様に見送り役となっている。  入寮といっても、準備するものはそう多くない。着替えと金銭、それから着替えを少々持っていくだけだ。後は趣味である。大概のものは向こうに着いてから揃えた方が荷物にならなくて済むのだし。  因みに、登笈(とおい)が彼女と同じ王立学院(おうりつがくいん)ではなくわざわざ他国の学習院(がくしゅういん)を選んだ理由は、ちょろちょろ付き纏われるのが面倒だから———ではなく。故郷のことを調べたりする時に家族の目があると、彼がなんとなく気まずく感じるからだった。後は、おそらく王立(おうりつ)という場所は自分のような立場の人間を認めないだろうと。 「それにしても、登笈(とおい)はあっちへこっちへ忙しいわね」  ふと漏らしたリアーネの言葉に、登笈(とおい)は疑問詞を浮かべて首を(かたむ)ける。 「だって、東の遠くの枇杷(びわ)の国ってところから、アテリア王国に来て、今度は西のスリージ聖王国(せいおうこく)でしょう?」 「あ、そういうことか。まぁそう言われると……確かに」  むむむ、と唸りながら登笈(とおい)首肯(しゅこう)する。  理由が理由といえど、この歳でこれだけ国と国を移動するのはあまり無い経験だろう。大陸地図で考えると、右端から左端へ向かっているようなものだ。  そうして苦笑いをしていると、荷物を詰めながら、リアーネがぽしょりと呟いた。 「……羨ましいわ。私には多分、出来ないことだもの」  言われて、気付く。  リアーネはステンネル家の実子で、立場で言うと当主であるシュクルの後継となるべき存在だ。その行動には家名がそのまま乗っかっており、最終的な到達点も決まっている。  おそらく、彼女が国内の王立学院(おうりつがくいん)を志望したのも、ステンネル公爵家(こうしゃくけ)長女ということを前提としていたためだろう。  大貴族の金銭的助力を受けながらも自由に動き回れる登笈(とおい)と違って、彼女はこれまでもこれからも家名に縛られ続ける。立ち振る舞いにおいても、言葉遣いにおいても、交友関係においても、勉学においても、リアーネはリアーネ=ステンネルとして恥ずかしくないよう努めなければならないのだ。  こんな小さな背中で。 「………」  だからというわけではないが、登笈(とおい)はそんな重圧を背負う彼女の頭をぽんと撫でた。茅色(かやいろ)の髪は手入れされていて柔らかく、改めて彼女が女性であることを実感する。  急な感覚にリアーネはバッと振り返るが、従姉弟(いとこ)兼弟の優しい顔を見て、柔和な笑みを浮かべる。 「何するのよ。髪型が崩れるでしょ?」 「うん、ごめん」  言われて、パッと手を離す。  どうやら荷詰が終わったらしい。そこそこ詰め込まれたトランクが閉じられ、金具がぱちんと音を立てて留められる。  はい、と手渡されたそれを受け取って、登笈(とおい)はその重みに何度か(うなず)いた。  今から始まる生活が詰まっているような、不思議な重さだった。ずっしりと詰まっているが、片手で軽々と持ち上げられる。それから、これを手渡してくれた大事な従姉弟———いや、姉との(しばし)しの別れも。 「……帰ってくるよ」  おそらく、彼女はこう思っているのではないかと、勝手ながら考えた。  このまま登笈(とおい)が他国に行き、そしてまたどこか遠くへ行って、もう帰ってこないのではないか。  年月で言えば、二年とそこら。今までの人生の六分の一だ。そう思えばかなり短いが、それだけの時間をこのステンネル公爵家(こうしゃくけ)で過ごした。  これからの人生の方が余程長いし濃いのだろう。実際、学習院(がくしゅういん)を卒業する頃の自分がどう考えているかなんて分からないし、保証も出来ない。けれど。 「終わったらここに帰ってくる。まぁリアに彼氏とか出来てたら僕の居場所は無いかもしんないけど、帰ってくる。手紙も書く。だから、今までありがとう」  実の父は帰って来ず、母は行方不明。一人取り残された自分を育ててくれて、学校にまで通わせてくれて、こうして愛情を貰った。時間は短いが、それを帳消しにするだけの恩義がここにはある。  何より、うちの姉は口調の割に寂しがり屋のようだから。 「………当たり前よっ」  その言葉を皮切りに、登笈(とおい)は部屋を出た。  手入れされた廊下は本日も美しく保たれている。換気中らしく、あちこちの窓は開いていて、心地の良い風が髪の毛を撫で上げる。 「坊っちゃま、出発のお時間ですか?」  歩いていると、モップがけ途中のミエスに声をかけられる。  おそらく一日ぐらいサボってもバレないくらい綺麗なのだが、その仕事に妥協は無い。単に命じられたからか、それとも自分の意識の問題か。どちらにせよ、生半可では出来ない仕事だ。  思うに、別邸(べってい)でそこまで広くないにしたって、メイドはもう一人か二人必要なのではないだろうか。まぁ、ミエス本人が楽しそうに料理を作ったり、リアーネと仲良くしていたりするので、彼女的にはこれで良いのかもしれないが。 「うん、行ってくるよ。元気でね、ミエスさん」  そう言って、軽く頭を下げる。すると、彼女はふふっと声を出して笑い、 「坊っちゃまは、もう少し主人らしく堂々と振舞ってくださいませ。お帰りになった際には、期待しておりますね?」  と、そのまま深々と腰を折る。 「———どうかご無事で。行ってらっしゃいませ、”登笈(とおい)様”」  ミエスの頭頂部を見ながら、なんと返すべきか悩んだ。  主人らしく、堂々と。その言葉がなければ、お世話になりましたとか、色々とすみませんとか、そういった自信のないことを言っていただろう。だが、すんでのところで登笈(とおい)はそれをぐっと堪えた。  感謝を示すことと、下手に出ることは全く違う行為だ。彼女は傍若無人(ぼうじゃくぶじん)に振る舞えと言っているわけではない。まぁ、要するに自信をつけろということだろう。  ———これで一旦、この屋敷とはお別れだな。  名残惜しさを感じつつも、新たな生活に胸を躍らせて、登笈は外に一歩踏み出した。  振り返ると、二階の窓からリアーネがぶんぶんと手を振っている。彼女にもう数年は会えないのかと思うと、無性に寂しくなってきて、気付けばトランクケースを置いてこちらも思い切り手を振ってしまっていた。 「……さぁ、頑張ろう」

読んでいただき、ありがとうございます。 質問があれば是非ともお書きください。今後の展開のネタバレにならない程度に回答させていただきます。 長文でも一言でも何でも感想お待ちしています。筆者にエネルギーをください!!

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 虹の騎士団物語

    ちょこちょこ&ほのぼの進むファンタジー

    2,100

    0


    2022年5月28日更新

    昔々、神様は世界をひとつにできる架け橋、虹を作りました。 けれど、いつまで経っても世界から争いはなくなりません。 悲しんだ神様が流した涙が虹に落ちると、虹は砕け、空から消えました。 それから、虹が空に現れることはありませんでした。 でもある日、虹のカケラが、ある国の9人の少女の元にとどきます。 虹の騎士団と呼ばれた彼女たちが世界をひとつにしてくれる、最後の希望になった。そのときのお話です。

    読了目安時間:3時間14分

    この作品を読む

  • 魔竜少女リーファ ~邪神に騙されている勇者に生贄にされた私は聖剣の守護竜と合体ッ!! 絶対に勇者を止めて見せます!!~

    生贄から始まるコメディファンタジー

    125,000

    0


    2022年5月28日更新

    冒険者ギルドのSランク冒険者、大陸でも勇者の呼び声も高いアルベルトにクエストを手伝って欲しいと頼まれた駆け出し冒険者のリーファ。 彼女はEランクの自分が何の役に立つのかと疑問を感じながら、報酬に釣られアルベルトのパーティーと共にダンジョンへと潜る。 そのダンジョンの最下層でアルベルトは聖剣を手に入れる為、リーファを生贄に捧げると告げ、彼女の胸にナイフを突き立てた。 死んだかに思われたリーファに、聖剣を守護していた竜アルマリオスの魂が語り掛ける。 「僕と契約して魔竜少女になってよ」 騙されて利用された間抜けで終わるのは御免だ。 リーファはアルマリオスと契約し、黒幕である邪神の計画を阻止すべく暗躍を始めるのだった。 なろうでも公開中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間55分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • コンと狐と

    若桜谷には、キツネと幽霊がいる。

    175,350

    160


    2022年5月1日更新

    鳥取県若桜町。 谷間の小さなこの町に一軒の料理店があります。 『和食処 若櫻』 店を切り盛りするのは、コンとサナという二人の少女。 実はコンは幽霊で、サナは狐なのでした。 二人が神様から与えられたお役目は、店にやってきた死んだヒトの魂を、あの世へ送ること。 泣いたり、悩んだり、怒ったりしながらも、コンとサナは死んだヒトの想いに触れ、やがて自分たちの過去とも向き合っていく。 ※本作は小説投稿サイト『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間42分

    この作品を読む

  • 龍を討つもの、龍となるもの

    愛してはならない者同士の恋愛劇

    38,100

    190


    2022年5月28日更新

    敵である龍を討つために西の果てから龍が支配する世界にやってきたものの、 龍を護衛する役目を就いてしまった男がいずれ龍となるものである女と出会ってしまう。 今はまだ出会ってはならないもの同士が出会ってしまい、気づいてはならないものに気付いてしまい、 そして抱いてはならない感情を抱き合う。 ふたつの龍を巡る闘争の世界において交錯する宿命の物語。

    読了目安時間:3時間12分

    この作品を読む