RELACION 〜有力貴族の居候となった少年とその数奇な人生を〜

読了目安時間:5分

エピソード:45 / 108

再起と帰還 編

夢と目覚めと

 嗅いだことのない草花(くさばな)の香り。漆器(しっき)とは違った入れ物に注がれた、見慣れない飲み物。着たことのない高価そうな黒色の衣服。室内で靴を履いているという違和感。  目に入るどれもこれもが、物心ついた頃から過ごした文化とは全く違った世界ばかりで、目が回るとはこういうことを言うのだな、と子供ながらに実感した。  床につかない足をぶらぶらと揺らしながら、黒髪の男児は初めて来た広い部屋で、落ち着かない態度を示している。 「大丈夫だよ、登笈(とおい)くん。ここは君のお母さんの生まれたお家だから、きっと君に良くしてくれる」  隣に立っていた東陽人(とうようじん)の男性は、震える登笈(とおい)の手に触れて、何度も、何度も、落ち着くまでゆっくりと言葉を続けた。  だが、それでも。つい数日前までと一切異なる環境の急激な変化についていけるほど、男児は大人ではなかったのだ。  終いには泣き出しそうになる登笈を、男性がどうにかして(なだ)めようと試みるが、一向に落ち着く気配は見えない。  やがて、遂に涙を流し始めた彼を救ったのは、閉じられていた部屋の扉をそこそこの速度で開けた、彼と同い年の女児の存在だった。 「……」  一言で表すなら、自信の塊。  背筋をぴんと伸ばした立ち姿は、彼女の幼いながらの強さを表していた。肩まで伸びた茅色(かやいろ)の髪は柔らかそうで、ダークブラウンの瞳は長い睫毛も相まってとても凛々しい。  そんな颯爽(さっそう)と現れた女児は、ずかずかと部屋を進み、 「お父様が言っていたの、貴方だったのね!」  と、嬉しそうに声を上げる。子供の身体からすればそこそこに広い部屋の端から端まで届くくらいの声量で。  そして、驚いた様子の男性に、邪魔してごめんなさい、と首だけ曲げて謝罪の姿勢をとった。 「ねぇ。貴方、名前は何て言うの?」 「……と、おい。宮城(みやぎ)登笈(とおい)」  登笈(とおい)は、鼻をずずーっと(すす)ってから、赤く()れた目元を(さす)ってそう言葉を(ひね)り出した。 「そ、私はリアーネ。今日から貴方の姉よ。え、年齢? 貴方と同じだけど、悪い……かしら?」  △▼△▼△▼△  人は死ぬ寸前になると、昔のことや懐かしい思い出がフラッシュバックするというが、登笈にとってはリアーネとの記憶が正しくそれに該当していた。  最初は従姉妹、仲良くなって義理の姉、今では再会すると約束した最愛の家族の一人。そんな彼女の名前をどうやら寝ている間に口にしたらしく、感動の目覚めはとある金髪の大笑いによってかき消されてしまう。 「……そんな笑わなくても」  ついさっきから、むすーっとした表情を崩さず、恥ずかしさと苛立(いらだ)ちに頭を悩ませるのは、今しがたベッドの上で意識を取り戻したばかりの宮城(みやぎ)登笈(とおい)だった。  そして、頭やら腕やらに包帯が巻かれたいかにも重傷者ですといった風貌(ふうぼう)の彼の視線の反対側には、金髪碧眼の青年の姿がある。 「いや、悪ぃ悪ぃ。まさか従姉妹(かぞく)の名前だとは思わなくってよ」  壁にもたれかかりながら、そう言ってライア=レアンドは目覚めたばかりの親友を(なだ)めにかかっている。が、いくら素直で純粋でもそこそこ年頃の男子であるところの登笈(とおい)は、窓の外の景色を眺めてむくれたままであった。   それから何分か経ち。 「———ライア。あれ、夢じゃないよね?」    ぽつりと(つぶや)いた。  それ以外に言葉は無く、聞かれたライアも意図を求めはしない。彼もただ一言、氷のように止まった空気の中で首肯(しゅこう)する。  ネサラの街は崩壊した。落雷ならぬ雷撃に(まみ)れ、レベリオを名乗る集団に襲撃を受け、原型をほんの少しだけ残してあとは無に帰ったのだ。  その中で必死に挑んだ結果が今だった。ライアはローディスを、登笈(とおい)はディザイアを思い浮かべて、彼ら彼女らの怒りを想起(そうき)する。 「俺も、目が覚めたのは一昨日(おととい)のことでな。傷は酷かったらしいが、この通りだ。お前も運び込まれた時は相当やばかったって聞いてるよ」 「……けど、治ってる」  互いに身体を見合わせて、負った傷が火傷や骨折なども含めて完治していることを再確認した。包帯なども本当はもう役目を終えているのだと。  ただの時間経過ではこうはならない。例えば骨折や切傷は修復されていくものだが、(ただ)れた皮膚なんかは残り続けるものだろうに、それも無かったことになってしまっているようだ。 「治し方に関しては秘密だそうだ。金は要らねぇって言ってたが、ありゃ貸し一つってこったろーな」  具体的には、レアンド公爵家(こうしゃくけ)とステンネル公爵家(こうしゃくけ)に。 「……そっか。まぁ治ったんならいいや。聞いてもあんま難しい事は理解出来ないだろうし。そんなことより、ここはどこか分かる?」  高度な医療関係の話を持ち出されても、最終的にはふーんそうなんだとしか出てこない。とんでもない副作用があるとかでなければ、内容に関してはどうでもいいと、登笈(とおい)はあっけらかんとそう言った。  そんな悪友の言葉に、ライアは呆れ笑いを漏らす。 「臨山都市(りんざんとし)ティファリア。竜翼山(りゅうよくやま)(ふもと)の傾斜面にある町でな。地図見たら分かるが、聖王国のほぼ南端だったネサラからはかなり北上してる。聖都(せいと)も近いぜ」  おそらくは自分達を救出してくれた騎士の駐在所がここだったのだろう、とライアは続けた。 「……何にしても奇跡だよ。ライアは何とかすると考えてたけど、僕は死んだと思った」  剣の柄を握りしめた感覚は、今も残っている。人と斬り合う時の心拍音も、乾燥しきった喉奥の痛みも。  意識を失う寸前、登笈(とおい)は冷たい切先が首に触れたことに気付いていた。だが、そうはならなかった。死んではいなかったのだ。  だからか、登笈(とおい)は今こうして生きていることにあまり現実味が感じられず、目を覚ました時に当たり前のようにライアが隣にいたことにもさして違和感を覚えなかった。  本当なら、お互いが生きて出会えただけでも天運のようなものだというのに。 「別に、俺もお前も神様のおかげで助かったわけじゃねぇだろ。  今の自分に出来ることを最大限に頑張って、生き抜いたんだ。その上で、確かに奇跡だって思えることもあるけどな」 「そうだね。……ねぇ、ライア。ルーンやレイド、スイヨがどうなってるのかは、わかる?」  ややあって、怖くて聞けずにいたことを、ようやく登笈は口にした。

読んでいただき、ありがとうございます。 質問があれば是非ともお書きください。今後の展開のネタバレにならない程度に回答させていただきます。 長文でも一言でも何でも感想お待ちしています。筆者にエネルギーをください!!

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界の物流は俺に任せろ

    トラックで異世界を爆走!それだけの物語

    56,500

    5


    2022年5月28日更新

    俺は、大木靖(おおきやすし)。 趣味は、”ドライブ!”だと、言っている。 隠れた趣味として、ラノベを読むが好きだ。アニメやコミカライズされるような有名な物ではなく、書籍化未満の作品を読むのが好きだ。 職業は、トラックの運転手をしてる。この業界では珍しい”フリー”でやっている。電話一本で全国を飛び回っている。愛車のトラクタと、道路さえ繋がっていれば、どんな所にも出向いた。魔改造したトラクタで、トレーラを引っ張って、いろんな物を運んだ。ラッピングトレーラで、都内を走った事もある。 道?と思われる場所も走った事がある。 今後ろに積んでいる荷物は、よく見かける”グリフォン”だ。今日は生きたまま運んで欲しいという依頼だ。 え?”グリフォン”なんて、どこに居るのかって? そんな事、知るわけがない。依頼された荷物を、依頼された場所に、依頼された日時までに運ぶのが仕事だ。 日本に居た時には、つまらない法令があったが、今ではなんでも運べる。 え?”日本”じゃないのかって? 拠点にしているのは、バッケスホーフ王国にある。ユーラットという港町だ。そこから、10キロ山に向かえば、拠点がある。拠点に行けば、トラックの整備ができるからな。整備だけじゃなくて、改造もできる。 え?バッケスホーフ王国なんて知らない? そう言われてもな。そういう物だと受け入れているだけだからな。 え?地球じゃないのかって? 言っていなかったか?今居るのは、異世界だぞ。 俺は、異世界のトラック運転手だ! トレーラやクルマが製造できる万能工房。 ガソリンが無くならない謎の状況。使えるナビシステム。 なぜか読める異世界の文字。 故障したりしても、止めて休ませれば、新品同然に直る親切設計。 望んだ装備や設備が実装される不思議な工房。 ご都合主義てんこ盛りの世界だ。 相棒とともに、制限速度がなく、俺以外トラックなんて持っていない。 異世界を気ままに爆走する。 レールテの物流は俺に任せろ! --- 注)誤字脱字が多いです。見つけ次第、直していきますが、更新はまとめてになると思います。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28時間44分

    この作品を読む

  • 強いヒロイン登場

    降参するしかないだろう?

    0

    0


    2022年5月28日更新

    小説勉強会(仮)、第三段参加作品です! キャラの登場のさせ方、ということで、今回は「すばしっこく戦うタイプのヒロイン」の登場場面を切り取って描いてみました。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    320,705

    588


    2022年4月15日更新

    【次回更新日2022.6.29】 飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中都市連邦“バラクシア”の首都、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間40分

    この作品を読む

  • 遺書と言って渡されたのはライトノベルでした。

    小説投稿サイトを舞台に繰り広げられる物語

    46,200

    4


    2022年5月28日更新

    葬儀はしめやかに行われた。 友人は余り多く無かった様で、 本人も家族もそれほど信心深い方では無かったのか 家族葬という形で静かに行われた。 私はその死をとても受け入れられずにいた。 ・・・ それから暫くして家にある男が焼香に現れた。 そして一束の小説原稿を私の前に差し出した。 その男は言った。 「これは彼女の遺書です」 それはライトノベルだった。 私は何をふざけているんだと憤った。 そして男を睨みつける。 すると男は真剣な顔で言う。 「そして彼女の生きた証です」 その真剣過ぎる姿に私は怒る気も失せた・・・。 ************** 小説投稿サイトを舞台に、とある女性の死を中心に そして一つのライトノベルによって伝えられる想いから 繰り広げられる物語。 *************** ※このお話はフィクションです。 大事な事なので2回言います。このお話はフィクションです! 追記: 私の作品リストに掲示板用の作品を作成しました。こちらにコメントし難い場合はそちらをご利用下さい。 ※ライトノベルの定義について:明確な定義はないそうですが、 本作に置いては『軽い文体でわかりやすく書いた小説』とさせてください。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む