RELACION 〜有力貴族の居候となった少年とその数奇な人生を〜

読了目安時間:4分

エピソード:61 / 108

吹雪が過ぎた後の

 血の落ちた雪に、後から降る雪が重なって、ゆっくりと(たたか)いの痕跡を消していく。  穏やかな寒さの下で、どうにかこうにか龍神族(りゅうじんぞく)の襲来を耐え切った登笈(とおい)達は、一旦、洞穴に戻って、軽い治療を行っていた。 「ちっくしょー。何だったんだ、いきなりよぉ。結局倒せてねぇし。……へっくし!!」  文句を言いながら盛大にくしゃみをするのは、胸周りにぐるぐると包帯を巻いてもらっているライアだ。 「ライアはよく頑張ったよー。もちろん登笈(とおい)もね。あ、包帯無くなっちゃった」 「雪の上じゃ満足に動けなかったからな。足場がちゃんとしてりゃ、次は勝つわ普通に」  ミッドの村の時もそうだったが、足を取られると一歩一歩が数秒以上遅れてしまう。加えて、雪溜まりを振り切る筋力も必要とするので、見た目以上に下半身を酷使しているはずだった。  そういう意味では、電撃に終始していた彼より、動き続けていたもう一人の方が消耗は激しそうだが。 「……いや、にしてもお前はよくあんな動けるよな。やっぱロティス先生の指導を三年耐えたのは伊達じゃねーって感じか?」  言いながらライアは、打撲痕(だぼくあと)だらけにも関わらず飛び跳ねたり素振りしたりする変人(とおい)に目を向けた。  目を向けられた変人はというと、そんな言葉を聞いて苦笑に似た表情を浮かべている。 「まぁ、うーん……どうだろ。痛みには大分(だいぶ)慣れたから、それはあるかもしんない」  グリザリオ=ロティスから学んだ、というより、受け続けた剣術やそれに(ともな)体捌(たいさば)きの授業が今になって身を結んでいるのは、おそらく間違いないだろう。  実際は、二年と少し訓練したところで何になるという話で、これまで(しの)げているのは単に相手が野盗だったり、敵が龍神族(りゅうじんぞく)でもライアとの二人掛かりだったりしたところが大きいのも確かだ。 「けど、レイドはもっともっと強かったよ。僕は結局、一度もあいつに勝てなかったからね」  いてて、と横腹を摩りながら、懐かしむように登笈(とおい)は洞穴の薄暗い天井を眺める。今は帝国にいるのか、あるいはまた別のどこかか。想起するのは、口数の少ない孤高の天才。  その名前を口にすると、ライアの応急手当を済ませたルーンが、ふふ、と思い出の中で無愛想ながらも優しい、ここにいない彼に笑顔を作る。  レイドの剣術は入学時から群を抜いていた。今にして思えば、ハオや養父(ぎふ)である帝国(ていこく)将軍(しょうぐん)の幼年期から続く指導の賜物(たまもの)だったのだろうが。  グリザリオだけでなく、彼との試合の経験も、今の登笈(とおい)を支えてくれている。あとは、授業後には必ず出来ていた身体中の青痣(あおあざ)が、強引に痛みに慣れさせていた。 「さて、だ」  そうこう話している内にライアが立ち上がり、時間だとばかりにバックパックを背負って、 「出鼻は(くじ)かれた感じだが、んでもとりあえずラウンステッドはすぐそこだ。さっさと歩いて、今夜はゆっくりこの国にお別れをしようぜ」  と、いつも通りに調子の良い笑みを浮かべる。  彼が今しがた言った通り、次の目的地であるラウンステッドは、このスリージ聖王国(せいおうこく)極北(きょくほく)とも呼ばれる都市である。王国のヴェステン領との交流も深く、曰く北の玄関口、あるいは北の壁。  そして。街を東に抜ければ、今まで以上に天候の荒れた雪の大地が続き、先にはアテリア王国との国境が見えてくる。  となれば、この国とはそこでお別れとなる。色々な想いを、日々を、怒りを置いて、いよいよ実家に帰る時だ。 「ラウンステッドには、どのくらい滞在するの? やっぱり、次の日には出発ぅーって感じ?」 「んや、最後だし久しぶりの大きい街だしってことで、俺はちょいのんびりしてぇな。妹への土産もそこで買う」  会話を続けながら、三人は一夜を世話になった洞穴を後にした。  次の予定についてルーンが尋ねると、ライアはかぶりを振って、そんな風に展望を語る。 「あれ? お土産って……ライア、お家には帰らないんじゃなかったのー?」 「うっせぇ。ニヤニヤすんな。いーんだよ、兄貴は母さんからたんまり物貰ってっけど、妹は俺と同じで苦労してっから、色々気を回してやりてーの」 「……ふふ」  学習院(がくしゅういん)の頃から、妹のこととなると過保護というか、良い兄というか、また違った一面を見せるライア。  その会話が微笑ましくて、前で聞き耳を立てていた登笈(とおい)は、小さく口角を持ち上げていた。 「……じゃあ、行こうか」 「うん、行こう行こーうっ!!」 「急ぐなよ。傷にも響くから、のんびり行こうぜ。どんだけノロく歩いても今日中にゃ着くんだし」

読んでいただき、ありがとうございます。 質問があれば是非ともお書きください。今後の展開のネタバレにならない程度に回答させていただきます。 長文でも一言でも何でも感想お待ちしています。筆者にエネルギーをください!!

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • チート魔王のグルメ英雄譚

    寝起きで食べるガリガリくんは美味い!

    2,000

    0


    2022年5月29日更新

    ある日、出現したよくわからない召喚陣を踏み消そうと足を踏み入れてしまい、異世界転移してしまった私は、腹いせに召喚された異世界――【惑星アース】を支配し、余興とばかりに各国を破壊して回り、滅ぼした。 ゴキブリ並みの生命力を持つ生き残りの愚民共からは残酷、冷徹、非道、悪鬼、悪魔、魔王と呼ばれていたが、あながち間違ってはいない。 私は闇黒《あんこく》。 異世界から召喚された魔王。 当然、故郷に帰る術はある。 あるにはあったのだが、私の運命はいとも簡単に変わってしまう。 それが料理との出会いだった。 私は食事の素晴らしさに感動し、【惑星アース】を滅ぼしたことを後悔する。 本当は故郷に帰るつもりだったが、【惑星アース】で一からやり直し、これからは食の為に生きようと思った。 だが、しかし、一つ問題がある。 私は愚民。失敬、これは失言だった。ズバリ言おう。 人が嫌いで生理的に受け付けない! しかし、美味い料理の為に我慢する。 私はできる魔王だから問題ない。 一からやり直した私は【ベル王国】の国王ライアン・ベルから、1年に一度、【聖域】で執り行われる【死合】の代表者に頼まれ、【無敗の皇帝】やら【人類最強】と呼ばれる【マーティン帝国】の第18代皇帝イーサン・マーティンの殺しを依頼された。 イーサンのことはよく知り尽くしている。 楽な仕事だが、ライアンは魔王である、この私を顎で使おうなぞ不遜なことを考えていた。 笑止千万。 料理が不味ければ殺すつもりだったが、美味い料理を食わせてくれたので引き受けることにした。 ライアンからは舌が感じ取る味覚と料理のことを色々と教えてもらう。 誰かに何かを教わるのも悪くないと思った。 【死合】では、イーサンと一騎打ちの戦いをする。 予想外の乱入があったが造作もない。 【死合】が終わり、私は報酬として【聖域】をライアンから貰い受ける。 【聖域】に私の王城が完成するまでの間、【クラーク王国】の魔術学園で学園生活が始まり、何の因果か初めて友人ができた。 私は友を見捨てない。 それが、人であっても。 今ここに魔王のグルメ英雄譚が始まる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間33分

    この作品を読む

  • ダンジョニスト・ダンジョン

    ――ダンジョンの可能性は無限大だ――

    326,400

    0


    2022年5月29日更新

    応援・ブクマありがとうございます! ダンジョンの魅力が一人でも多くの方に伝わるように頑張ります! 三度の飯より遥かにダンジョンが好きだった男は、ある日、寝て起きたらダンジョンコアになっていた。突然のことに困惑する男だったが、自分がダンジョンコアになったことがわかると前の世界のことなんてなんのその。早速ダンジョンにのめり込んでいく。 しかしそのダンジョンは罠やモンスターが貧弱で……!? おまけにもう外と繋がってる!? 夢のような時間を守るため、男はこれまで培ってきた経験をフル活用していく。そして次第に判明するこの世界のダンジョンの立ち位置と人間たちの傲慢。 これは、とある世界の認識を塗り替えんと決意した、一人の男の意地とプライドの物語。やがて、男は知らぬ間に魔王と恐れられていく……。 更新は週末が多め。この作品はカクヨム様にも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26時間38分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る