RELACION 〜有力貴族の居候となった少年とその数奇な人生を〜

読了目安時間:3分

エピソード:18 / 108

入寮式

 百年(ひゃくねん)以上の歴史を持つ学習院(がくしゅういん)。その中心には、巨大な講堂があった。大昔、とある宗教の信者たちが使っていたとされる、古めかしくも趣のある立派な建物だ。  人界暦二二〇(にひゃくにじゅう)年。今その場所には、この学び舎で新たに生徒となる若者たちが、それぞれの想いを宿しながら、その歴史に背を預けていた。  スリージ聖王国(せいおうこく)南部、ネサラの街の中心で、入寮式(りゅうりょうしき)が始まろうとしている。 「———始めよう」  嫌に、重苦しく届く声があった。  期待に胸を躍らせていた一人が、無意識のうちに唇を縫い付ける。頬杖をついていた一人が、愉快そうに口元を歪めた。無表情でいた一人が、やはり無表情のまま鼻息を鳴らす。黒髪の少年が、眉根を寄せあげる。金髪の少年は、面倒臭そうだと脳内でため息をこぼす。碧色の髪の少女はただ静かに待ち、浅葱色(あさぎいろ)の髪の少女はその表情を崩さない。 「毎年のことながら、実に壮観なり。そのように睨みつけないでくれたまえ、若き地上の星々よ。君達の情熱を一身に受けて耐えられるほど、この老体は健康でないのだから」  静まり返る講堂内。集まった若者の視線が集まる最奥では、白髪の目立つ老年の男性が登壇し、向き合った彼らに言葉を投げかけていた。  彼はごほん、と喉を整えて、それぞれにアイコンタクトを返しながら語りを始める。 「(わし)は学長のブライ=コールマン。この学習院(がくしゅういん)の、そうだな、目に見える立場で言えば頂点と言ってもいいだろう。そう長ったらしく話すつもりもないから、軽く聞き流してくれ」  そうして、ブライは両手を水平に持ち上げた。 「学長としては、まず若き可能性の諸君が隣国の王立学院(おうりつがくいん)ではなく、この学習院(がくしゅういん)を選んでくれたことに礼を言うべきなのだろうな。嬉しいとも。君達の父母にも感謝を。  さて、ここ学習院(がくしゅういん)で君達はこれから勉学や交流など様々なことに努めてもらうことになる。望めば、戦うための力も身につくだろう。卒業して騎士になった者、盗賊になった者、傭兵になった者、色々聞いている。  今年度は有力貴族の血筋を引く者も何名か揃っているから、あるいはコネを作っておくのも良いだろう。上手くやるといい。彼らは皆、すり寄ってくる羽虫が大嫌いなはずだからな」  そうして、学長は低い声で続ける。  これからすべきこと。卒業までの三年間で起こるあれこれ。代表的な卒業生という名目の、彼のお気に入り紹介。などなど。 「色々と覚えることは多いだろうが、頑張ってくれ。私はいつも快適な場所から君達を応援している。  しかし、最近は何かと物騒な事件が続いていてね。教員の間でも、こんな時期に貴族の子を預かるのは危険だと。ではその間、学習院(がくしゅういん)はどうするのだと笑ったものだが、正しい懸念(けねん)だ」  大陸の情勢はあまり良くない。それは山賊が頻繁(ひんぱん)に村を襲うとか、豪雨が続いて不作だとか、そういういつも通りとは違った不穏な何かを示している。  ブライの言葉に顔を(にご)らせるのは、両脇から生徒を囲う形で座っていた学習院(がくしゅういん)の教員や、参列するネサラの領主、各国から赴いた学習院の後援者たち。 「現在、この大陸は揺れている。一番有名なのは東陽(とうよう)三分裂(さんぶんれつ)だろう。凡そ三〇年前(さんじゅうねんまえ)のことだ。元々の地名を国名としているからか、馴染むのにそう時間はかからんかったがな。  次が帝国の貴族間対立。穏健派はその殆どが排斥されて、帝国主義が主流になっていると聞く。いずれどこぞと戦争を始めるのかもしれん。  街中の人間が皆殺しにされたのはどこだったか。隣国アテリアでは国王が不審死を遂げ、王位を継いだのは王妃だという。これも極めて不自然だ」  ここには、今名前が出た国々からやってきている者もいる。  三者三様の反応、視線や表情が飛び交う中で、しかしブライの話を嘲笑(あざわら)う者は一人もいなかった。何故なら彼らの(ほとん)どがその理不尽の経験者であり、無力な自分を変えるためにここへ飛び込んできたからだ。  改めて、学長である彼は広い講堂を見渡して、(まぶ)しそうに目を細めた。 「うむ、結構。よく学び、よく遊び、よく笑え諸君。  (わし)らの不安、大陸の安定を取り戻すのが君達であると、心より期待しておるよ」

読んでいただき、ありがとうございます。 質問があれば是非ともお書きください。今後の展開のネタバレにならない程度に回答させていただきます。 長文でも一言でも何でも感想お待ちしています。筆者にエネルギーをください!!

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • コンと狐と

    若桜谷には、キツネと幽霊がいる。

    175,350

    160


    2022年5月1日更新

    鳥取県若桜町。 谷間の小さなこの町に一軒の料理店があります。 『和食処 若櫻』 店を切り盛りするのは、コンとサナという二人の少女。 実はコンは幽霊で、サナは狐なのでした。 二人が神様から与えられたお役目は、店にやってきた死んだヒトの魂を、あの世へ送ること。 泣いたり、悩んだり、怒ったりしながらも、コンとサナは死んだヒトの想いに触れ、やがて自分たちの過去とも向き合っていく。 ※本作は小説投稿サイト『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間42分

    この作品を読む

  • 解放詠唱アマテラス

    ホラー×バトルな霊能ファンタジー!

    30,300

    120


    2022年5月26日更新

    妖怪や幽霊の目撃談が多く、住民のほぼ全員がその存在を信じている架空の地域、鷹宮県。そんな場所を舞台に、霊的な存在を支配する王、その力の一部である霊王眼を宿す少年、白神リクは戦いの日々を送っていた。邪悪な妖怪を殺し、さ迷う霊をあるべき場所に導くために。 そんな日々の中でも平穏な時間にはごく普通の日常がある。しかし、百鬼夜行を引き起こそうとする邪悪な陰陽師の一族、赫喰家との戦いに巻き込まれることになったことでリクの日常は一変。 彼らの野望が達成されれば、妖怪や悪霊の大群が日本中に溢れかえり、下手をすれば世界の危機となる。 それを止めようとするものと、協力する者達の争いより鷹宮県は混沌を極めて行く。妖怪、霊能者、神々、果ては西洋の魔術師までをも巻き込む、壮大な霊能戦争の舞台として――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む