ホラー 短編 完結済

神棚

作者からの一言コメント

数式が導くのは神代の世界

読了目安時間:5分

合理主義で無神論者の弟が、突然の宗旨替え?

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 神棚
作者名 岡崎昂裕
ジャンル ホラー
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年9月15日 10時36分
最終投稿日 2021年9月15日 10時37分
完結日 2021年9月15日 10時35分
文字数 2,526文字
読了目安時間 5分
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 幻影回忌 ーTrilogy of GHOSTー【ゴーストサーガ】

    観劇者への挑戦状付、変格ホラーミステリ

    5,900

    0


    2021年9月22日更新

    ――其れは、人類の進化のため。 歴史の裏で暗躍する組織が、再び降霊術の物語を呼び覚ます。 魂魄の操作。悍ましき禁忌の実験は、崇高な目的の下に数多の犠牲を生み出し。 決して止まることなく、次なる生贄を求め続ける。 さあ、再び【魂魄】の物語を始めましょう。 たった一つの、望まれた終焉に向けて。 来場者の皆様、長らくお待たせいたしました。 これより幻影三部作、開幕いたします――。 【幻影綺館】 「ねえ、”まぼろしさん”って知ってる?」 鈴音町の外れに佇む、黒影館。そこに幽霊が出るという噂を聞きつけた鈴音学園ミステリ研究部の部長、安藤蘭は、メンバーを募り探検に向かおうと企画する。 その企画に巻き込まれる形で、彼女を含め七人が館に集まった。 疑いつつも、心のどこかで”まぼろしさん”の存在を願うメンバーに、悲劇は降りかからんとしていた――。 【幻影鏡界】 ……幻影綺館より続く 【幻影回忌】 ……幻影鏡界より続く

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間58分

    この作品を読む

  • バラバラ女

    都市伝説をめぐる、少年少女のひと夏の物語

    300

    0


    2021年9月22日更新

    家族の薦めでジョギングを始めた“私”は町で赤いワンピースの女に出会い、「ヘビとクモ。どちらがお好きですか?」と問われる。怯えながら「クモ」と答えた私は足早にそこを去り、その夜、「この町で頭部のないバラバラ死体が発見される」というニュースを知る。そしてその翌日、娘が失踪する。 一方、小学六年生の宮瀬慎吾は、転校生の山下奈緒子に心を奪われる。 ひょんなことをきっかけにして奈緒子と親しくなった慎吾は、夏休みに入り、林直人、高島早智子とともに四人で都市伝説めぐりをすることに。 それぞれに孤独感をかかえた少年少女四人の、あるひと夏がはじまる。 ※※※ 以前、投稿したものを大幅に改稿したバージョンです。 三万字ほど削ったので、かなり読みやすくなっていると思います。 お暇があれば、ぜひ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る