文芸/純文学 短編 完結済

正しい朝焼けへの帰着

作者からの一言コメント

知らないことが傷つける

【第36回織田作之助青春賞第三次審査通過作品】 大学一回生の楸(通称サギ)は常磐(通称トキ)に恋をする。 よくある青春ボーイミーツガールのはずが、サギが出会ってしまったのは、自分の理解が及ばないフェミニズムとジェンダーの世界だった。 ただ深く考えないこと、ただ深く知らないこと、それがあなたの大切な人を傷つけるかもしれない。 地獄のすれ違いキャンパスライフ、開幕――

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 正しい朝焼けへの帰着
作者名 凪沙帳
ジャンル 文芸/純文学
タグ フェミニズム ジェンダー 大学生 ボーイミーツ不可解 ガールミーツ理不尽 青春 差別 キャンパスライフ すれ違い 不理解
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月30日 21時00分
最終投稿日 2020年6月1日 9時00分
文字数 11,904文字
ブックマーク登録 8件
コメント 8件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 15,600pt
ノベラポイント 200pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 砂に沈んだ未来で人とロボットの織りなす話

    ♡1,000

    〇0

    SF・完結済・57話・291,735字 みやびつかさ

    2020年11月7日更新

    西暦3333年。 人間の過ちにより、地球上の大地は海水と砂嵐に沈んでいた。 人間は天候から守るドームと地下に逃れ、新たな人類、人型ロボット『マイド』と、マザーコンピューターHi-Storyによって管理された『台本システム』により、ひとびとは人口を大きく減らしながらも、からくも種を存続させていた。 世界各地に点在するドーム群でも、比較的規模の大きい0024番ドーム、通称『オリオン座』は隕石の衝突により天井部を損傷し、砂の被害によってひとびとは苦しんでいた。 天井の損傷をオリオン座存亡の危機と捉えた中央ドームは、若き女技術者アイリス・リデルを派遣する。 しかし、ドーム修理の障害は物理的な問題だけではなく、それに携わるひとびと、人間やマイドたちの織りなす蜘蛛の糸が複雑に絡み合ってできたものだった。 砂の舞台で演じられる奇妙なシナリオの数々。 修理のために奔走するアイリスは陰謀に触れ、次第に巨大な存在に飲み込まれそうになっていき……。 ※補足 本文中に演劇関連の用語を多用していますが、劇中劇オチではないです。 (2018年11-12月ごろに小説家になろうさんで連載していた完結作品です。短命だった某投稿サイトのコンテストでは最終選考までいってたり)

  • 主人公の過去を推理してみてください!

    ♡161,350

    〇30

    ミステリー・連載中・64話・152,608字 甘抹らあ

    2020年11月25日更新

    【あらすじ】 探偵局――それは、国家が優秀な頭脳を管理するために創設した機関。戦後の混乱のなか、ひそかに活動を開始した。 絶世の美女・明智那由(あけち なゆ)は、探偵局所属の名探偵である。「いくら事件を解決しても、世界は平和にならない」という無力感にさいなまれながら、惰性で日々を過ごしていた。 そんな彼女と出逢ったのが、大河内輪吾(おおこうち りんご)。一見すると普通の男子中学生だが、どうにも「優しすぎる」性格の持ち主。 ワケあって助手に任命された輪吾は、那由とともに様々な事件を捜査する。 那由はなぜ、輪吾を助手にしたのか? 輪吾が「優しすぎる」理由とは――? 次第に明らかになる謎に、ご注目下さい! ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません※ 【注意事項など】 ノベルデイズにて完結済みです。30万字弱。転載するにあたって、加筆修正した点があります。 ノベルアッププラスでは2021年1月27日に完結予定です(予約投稿済み)。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る