恋愛/ラブコメ 長編 完結済

白金のイヴは四大元素を従える

作者からの一言コメント

御曹司が恋したのは、貴族嫌いな少女だった

読了目安時間:10時間7分

白金のイヴは四大元素を従えるの表紙

「……貴族なんか、大嫌い」 貴族嫌いの少女ニーナは森林火災に巻き込まれ、伯爵家で保護されることになった。 貴族への反発心を抱えた暮らしの中、共に保護されていた同居人の青年カディーが失踪してしまう。 その日から、少女は “ イヴ ” と呼ばれ、見える世界は一変した。 伯爵家の嫡男エリヤは、ニーナと過ごす日々の中で彼女への恋心を自覚し、思いを伝えるが……。 不器用な御曹司の前途多難な恋の行方は。 そして、“ イヴ ” の意味とは。 世界の秘密を抱える少女と、伯爵御曹司の、マイナスから始まる本格ファンタジーロマンス。 ――第3章で見える、世界の真実。それが本当の始まり。 ★表紙および本文中のイラスト、画像はすべて筆者の自作です。 ★小説家になろう、魔法のiらんどにも掲載しています。 ★「魔法のiらんど小説&コミック大賞2020」最終選考ノミネート作品。

前へ

次へ

作品情報

作品名 白金のイヴは四大元素を従える
作者名 入鹿なつ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ シリアス 女主人公 男主人公 人外 西洋風 ハッピーエンド ファンタジー ジレジレ ツンデレ ヘタレイケメン 異世界 挿絵
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月12日 9時30分
最終投稿日 2020年3月22日 21時30分
完結日 2020年3月22日 21時30分
文字数 303,380文字
読了目安時間 10時間7分
ブックマーク登録 80件
コメント 198件
スタンプ 220件
ビビッと 6件
応援ポイント 255,450pt
ノベラポイント 2,143pt
応援レビュー 6件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔法人形~マドール~ ネットで出会った最強ゲーマーの正体は人見知りなコミュ障で俺だけに懐いてくる美少女でした

    ゲーム×ラブコメ×インターネット

    7,100

    10


    2021年7月23日更新

    インターネット上で†吸血鬼†を自称する最強ゲーマー・ヴァンピィ。 日向太陽はそんなヴァンピィとネット越しに交流する日々を楽しみながら、いつかリアルで会ってみたいと思っていた。 ある日彼はヴァンピィの正体が引きこもり不登校のクラスメイトの少女・月詠夜宵だと知ることになる。 人気コンシューマーゲームである魔法人形(マドール)の実力者として君臨し、ネットの世界で称賛されていた夜宵だが、リアルでは友達もおらず初対面の相手とまともに喋れないコミュ障で、自分に自信が持てずにいた。 そんな夜宵はネット上で仲の良かった太陽にだけは心を開き、外の世界へ一緒に出かけようという彼の誘いを受け、不器用ながら交流を始めていく。 やがてオフ会などを通じてリアルとネット両面での人との繋がりが増えていくにつれ、魔法人形で世界一をとることを何より優先していた夜宵の価値観は少しづつ変わっていく。 青春インターネットラブコメ! ここに開幕! ※表紙及び作中イラストは佐倉ツバメ様(@sakura_tsubame)に描いていただきました。

    読了目安時間:4時間56分

    この作品を読む

  • さやと結婚する!!!

    さやは正義!

    1,100

    0


    2021年7月23日更新

    27歳の姉の沙耶(さや)をなにより愛する14歳の弟正央(まお)の何気ない日常。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • RE:狂奔転生ブラッドヴラド

    キャッキャウフフなハートフルなお話♡

    22,200

    105


    2021年7月23日更新

    聖王歴215年、ヴラド・マルコシアスは死の淵に瀕していた。 自分を虫けら同然のように踏み躙った相手に対し、殺意を込めて叫んでも相手にされず。 次第に自分自身の存在価値が無意味であり無価値であると自覚し。 絶望という奈落の底に堕ちていくだけの身でありながら、ヴラドは声なき声で殺意を語った。 「……生ま……れ……。……ったら……。こ……す……」 その殺意こそが、慈悲を乞うための祈りである。 祈りを聞きし者がヴラドに応える――第二の人生を与えん、と。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間7分

    この作品を読む

  • 【自主企画】天才フェス

    天才だよ!全員集合!

    61,000

    45


    2021年7月20日更新

    物語を彩る天才達。彼らの魅力は私達を惹きつける。 欲張りな私は考えた。そんな天才達を集めた宴は最高に楽しいはずだ、と。 ならば、天才であるこの私が開催してしまえばいい! それが天才フェス。 是非、楽しんでいってくれ。あわよくば、参加してくれ!! ※表紙絵は藤原アオイ様に書いていただきました!ありがとうございます!!

    読了目安時間:10分

    この作品を読む