Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

白金のイヴは四大元素を従える

読了目安時間:9分

4 精霊石

 ニーナは座ったまま言葉を失っていた。思考は完全に、理解することを放棄している。その肩に、そっと手を置く者がいた。 「ニーナ様、大丈夫ですか」  顔を向ければ、シルキーが不安げにこちらを見ていた。ニーナはまだぼんやりしながら答えた。 「うん……ちょっと驚いただけ」  ジュリアが気遣うように、少し身を乗り出した。 「そんなに難しく考えることはないの。イヴの仕事は主に二つ。季節の変わり目の嵐に乗せて血を降らせることと、次代のイヴを産むことよ」  ニーナはひるんだ。 「あの……ちって、血?」  まさか真っ赤な雨を降らせるわけではないだろうが、それでもニーナは確認した。ジュリアは穏やかに苦笑した。 「血と言っても、必要なのはほんの四滴。四元素に一滴ずつ預けて、あとは精霊達に任せてしまえばいいわ」 「それだけ?」 「それだけよ。たったそれだけでも、星にとっては大きいの。その証拠に、エベリーナの死後、目立たないところで未熟なものが増え続けているわ。老いたわたくしでは力が不足しているのよ」 「それで、あたしが?」  ジュリアは頷き、ニーナは自信なく俯いた。胸の辺りが、なんだか重い気がする。 「やっぱりまだ、実感が湧かないというか……よく分からない」 「無理もないでしょう」  神妙だったルーペスが、少し眉を開いた。 「これはこの星にとって致命的とも言える秘密ですからね。イヴ自身とディーリア国王以外の人間は一切知りません」 「王様は知っているの?」  ニーナが顔を上げると、ルーペスは頷いた。 「このディーリア王国はイヴを隠すためにあります。王はその事実を知った上で、国を傾けない意志による義務があるのです。万一、イヴの力を利用しようなどと考えれば、神々から消去の決定が下されて、強制的な代替わりが行われるでしょう。死の怖くない人間はいない」 「つまり、自分の身と星を守りたければ、しっかり治めろってこと? この上ない脅迫と弾圧ね」  ルーペスは体の前で指を組んだ。 「この国の玉座はそれで成り立っていますからね。基本的に玉座にはイヴの血縁者が就くことになっていますが、それにしても、そんなに気分のいい立場ではないと思います。まあ、王がよほどの愚をおかさなければ、国が傾くことはまずないはずですけど。人の心以外はすべて、イヴを守る方向に働きますから」 「イヴを守る……」  ニーナはやはりいまいち理解していなかったが、今は深く考える気分にはなれなかった。息を吐きながら、ニーナは椅子に深く身を埋めた。 「こんなに大切なこと、お母さんはどうしてなにも言わなかったんだろう」 「それは分からないわ」  顔を向けると、ジュリアは真っ直ぐこちらを見ていた。 「ただ一つ言えるのは、エベリーナはここを出た後も血を降らせることはしていたわ。だから、星が滅んでいいと思っていなかったことは確かよ」 「イヴの務めは問題なく果たしていたってこと?」  ジュリアとルーペスが、揃って首肯した。ニーナは余計に頭を抱えた。 「あたし、お母さんのことがますます分からなくなって来た」  苦悩するニーナを見て、ジュリアは一度切りをつけるように提案した。 「なにもいきなり全部理解することはないのよ。これからあなたはここで暮らすのだから、時間はいくらでもあるわ。これから順番に知って行くとして、今日のところは部屋でゆっくり休みなさいな。色々あって、疲れているでしょう」 「わたしもそう思います」  ルーペスも同意し、シルキーがニーナの手を取った。 「そうさせていただきましょう、ニーナ様」  促されるままにニーナは立ち上がった。いったん話を切り上げることについて、ニーナもかなりのところまで同意だったのだ。あまりに色々な情報をいっぺんに入れられ過ぎて、混乱しているのも確かだった。  猜疑心よりも母とカディーの事を知りたい気持ちが勝って伯爵家を出てきたが、これほど常識の範疇を超える事を明かされるとは想像しているはずがなかった。  最初に入って来たステンドグラスから見て左側の扉から出ると、今までいた部屋より狭い扇型の空間になっていた。正面にはもう一枚扉があり、扇の狭まっている側である左手には、細い螺旋階段がある。宮殿で最初に見たものと比べるとずいぶん華奢に見えるその螺旋階段を上がった先には、再び扉が左右に一枚ずつあり、シルキーは右の部屋へニーナを案内した。  個人用には十分過ぎる広さのある部屋だった。天井の一部がガラス張りになっており、そこから日の光が振り注いでいる。白と若草色で揃えられた調度は、塗りたてのような艶を放っていた。部屋はやはり奥へと広がる扇型で、壁の曲面に合わせて作られたらしい長椅子へと、ニーナは腰を下ろした。 「なにか、欲しいものはございますか」  シルキーの気遣いに、ニーナは緩く首を振った。深くため息をついて、そのまま長椅子に横たわる。 「なんか、疲れちゃった」  立て続けに起こる事由に、ニーナはすっかり疲労困憊していた。そもそも少し前まで熱で寝込んでいたのだ。本調子であるはずがなかった。 「少し、お眠りになられますか」  シルキーが心配そうに顔を覗き込んで来て、ニーナは少し唸って顔をしかめた。 「あんまり、そういう気分でもないの。少し冷たいものが飲みたい」 「承りました。今お持ち致しますね」  シルキーはニーナから離れ、部屋を出て行った。  一人になると、ニーナは嘆息した。なんだか、色々なことがどうでもよくなった気がする。今まで信じて来たものすべてに、裏切られた気分だ。  ニーナは襟を探り、首飾りを引っ張り出した。二つ着けている内、引き当てたのは赤い水晶だった。それを日の光に透かすようにして、ニーナは眺めた。  母親と同様に、カディーのことも分からなくなっていた。幼い頃から一緒に育った彼を、誰よりも理解している自負が、ニーナにはあった。だが、それが大きな間違いであったことを、かなりの衝撃をもって受け入れざるをえないようだ。  そのまま水晶を手の中でもてあそんでいると、シルキーが戻って来た。彼女が水滴の付いたゴブレットを目の前のテーブルに置き、起き上がったニーナはそれを覗き込んだ。  ゴブレットの中で、氷の塊が涼しい音を立てた。 「ここには氷があるの?」  ニーナが顔を上げると、シルキーは微笑んだ。 「氷は、風と水で作れますから」 「そういうものなの……」  ニーナは軽く頬を掻いた。  本来、口に入れられる氷は貴重だ。万年雪の山奥から、澄んだものを切り出して来なくてはならないからだ。だがそれが簡単に作れてしまうという。それを思うと、実はなかなかいい身分なのかもしれない。  ふと、シルキーがニーナの胸元へと目をやった。 「精霊石ですね」  ニーナは一瞬きょとんとしてから、思い至って、首飾りの水晶を持ち上げた。 「これ、精霊石というの?」 「ええ。それは、火の石ですね。前の方のものとお見受けいたします」  シルキーは冷静に言い、ニーナは目を細めた。 「そんなことも分かるのね。これはどういうものなの?」  一息置いてから、シルキーは答えた。 「それは、ジンの力の一部を取り出し、見える形に固形化したものです。それを使うことで、イヴと元素の結びつきをより強固にすることができるのです」 「強固って、どんな風に?」 「先ほど、ルーペス様のお話しにもございましたよね。イヴは女神の力を受け継いでいますが、強いものではないと。それは、精霊達が言葉を苦手としているからです」  座っているニーナと視線を合わせるように、シルキーは膝を突いた。 「精霊は互いに力の波長を合わせることで、直接思いを飛ばし合い、会話しています。しかしイヴにその能力はありません。精霊とは基本的にイヴの意思を尊重し、その身を守るように動きますが、会話が出来ないため意のままにするのはとても難しいのです。大抵の場合は間にジンが立つことで意思疎通を補うのですが、精霊石はその代替をすることができます」  シルキーはニーナの胸元の石を指さした。 「精霊石は、同じ属性の精霊であれば波長が合うようになっていますから、例えば、その石であれば火の精霊との対話が可能になるのです」  シルキーの丁寧な説明を聞きながら、しかしニーナはさっぱり理解できずに唸った。シルキーは少し考える素振りをして、ニーナの手を取った。 「言葉で説明するよりも、実際にやってみましょうか」  シルキーが、そっと掌を重ねて来た。すぐに硬い感触がして、彼女の手が退くと、ニーナが首に下げているのと同じ首飾りがそこにあった。石の色は、春の花を思わせる黄色をしている。 「これは風の精霊石。わたくしの力の一部です。これがあれば」 《このように話せます》  シルキーの声が、耳の一番奥で響いて聞こえた。その時、彼女は口を閉じたままだった。 「どうやったの?」  戸惑うニーナに、シルキーは微笑んだ。 「石から、波を感じませんか? それに、思いを乗せるのです」 「ええっと」  ニーナが石を握ったり、こすったりしてみていると、シルキーはくすくすと笑った。 「受け取る方は簡単ですが、乗せる方はコツがいるので少し練習が必要かもしれませんね。どうぞ、その石はお持ちください」  そんなものなのかと考えてから、ニーナは襟からもう一つの首飾りを取り出した。 「これはなんの石?」  ニーナが尋ねると、シルキーはその無色の石を見据えた。 「そちらの石は力を失っていますね。以前はもっと違う色だったのではありませんか」  ニーナは驚いた。 「どうして分かったの? 確かに、お母さんから貰ってすぐの時は青色をしていたのよ」  それはニーナと、亡くなった母親しか知らないはずの事実だった。するとシルキーは、瞳をやや陰らせた。 「そうでしたか、エベリーナ様の……。でしたらこれは、元のジンが消滅したために力を失ったのですね」 「ジンが、消滅?」  シルキーは静かに頷いた。 「ジンは生涯をただ一人のイヴに捧げます。普通の生き物とは違いますので、ある程度の年齢まで成長するとそれ以降は不老不死に近い存在になりますが、守護するイヴが亡くなると、役目を終えて消滅するのです」  息を吸い込んで、ニーナは目線を下げた。 「だから、お母さんのジンがここにはいないのね……なんだか可哀そう。ジンって、イヴにすごく縛られている」  ニーナが呟くと、シルキーが柔らかく微笑んだ。 「ニーナ様は、お優しいのですね。ジンがイヴを守り、身を尽くすのは本能から。わたくし達にとって、イヴと離れることほど辛いことはありません。ですから、むしろ生き残ることを望むジンもいないのです。わたくしの身も心も、すべてはニーナ様のためだけに……いえ、ニーナ様のものと思っていただいて構わないのですよ」  後半は告白を聞かされているようで、ニーナは気恥ずかしい気分になった。真っ直ぐ見詰めてくる青紫の瞳に、偽りの色はない。ニーナはわずかに頬を染めて、シルキーの手を握った。 「あたしは、前のジンを不幸にしてしまった。だからシルキーはそうならないように頑張るわ」 「ニーナ様」  シルキーも嬉しそうに頬を染め、少女達は温かな気持ちで見詰め合った。 「あの、それで、早速で悪いのだけれど……」 「いかがなさいましたか」 「精霊石の使い方、もっと教えてくれる?」  シルキーは花が開くように、顔を綻ばせた。 「ええ、喜んで」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ブルーマーメイド

    魚住真琴

    〇1pt 2021年1月28日 23時37分

    シルキー好き

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    魚住真琴

    2021年1月28日 23時37分

    ブルーマーメイド
  • 燃え尽き先生(制服ver.)

    入鹿なつ

    2021年1月28日 23時51分

    ありがとうございますー!シルキーはこれから先、とってもとっても頑張るのでぜひ応援してください!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    入鹿なつ

    2021年1月28日 23時51分

    燃え尽き先生(制服ver.)
  • 闇百合ちゃん

    n00ne

    ♡2,000pt 2020年2月22日 14時03分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    この世界観…好きですっ!

    n00ne

    2020年2月22日 14時03分

    闇百合ちゃん
  • 燃え尽き先生(制服ver.)

    入鹿なつ

    2020年2月22日 14時39分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    筆文字「嬉しい…(震え声)」

    入鹿なつ

    2020年2月22日 14時39分

    燃え尽き先生(制服ver.)
  • アマビエペンギンさん

    陸一じゅん

    ♡1,000pt 2020年3月22日 21時24分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    筆文字「タマリマセンワー!!」

    陸一じゅん

    2020年3月22日 21時24分

    アマビエペンギンさん
  • 燃え尽き先生(制服ver.)

    入鹿なつ

    2020年3月22日 21時35分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    筆文字「嬉しい…(震え声)」

    入鹿なつ

    2020年3月22日 21時35分

    燃え尽き先生(制服ver.)
  • みりたりステラ

    中村尚裕

    ♡400pt 2020年2月2日 1時06分

    ラストの一言が印象に残ります。 事実の渦へ放り出されたニーナにとっては、ようやく確かな手がかりを掴んだ瞬間かも知れませんね。 その一方で『未熟なもの』の存在が不安材料になりそうな。 これからも頑張ってください!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    中村尚裕

    2020年2月2日 1時06分

    みりたりステラ
  • 燃え尽き先生(制服ver.)

    入鹿なつ

    2020年2月2日 19時34分

    これからのニーナの生活の場は決まったわけですが、「未熟なもの」はこれから時間をかけて向き合って行くことになりますね。ニーナだけの問題だけでなく。コメントありがとうございました☆

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    入鹿なつ

    2020年2月2日 19時34分

    燃え尽き先生(制服ver.)
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    ♡200pt 2021年6月23日 13時22分

    なるほど、血の雨といっても少しだけなら、怖く無いですね。役目の重大さには、震えますが。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2021年6月23日 13時22分

    男盗賊
  • 燃え尽き先生(制服ver.)

    入鹿なつ

    2021年6月24日 7時42分

    お読みくださりありがとうございます!その通り、少しの事だけどとても大きな役目です。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    入鹿なつ

    2021年6月24日 7時42分

    燃え尽き先生(制服ver.)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • トップシークレット☆ ~お嬢さま会長は新米秘書に初恋をささげる~

    わたし、貴方に初めての恋をしました――。

    800

    0


    2021年7月27日更新

    6月某日、梅雨なのによく晴れたある日――。一人のウェディングドレス姿の花嫁が、新宿の結婚式場で式を挙げようとしていた。 彼女の名前は篠沢(しのざわ)絢乃(あやの)。19歳の若さで大財閥〈篠沢グループ〉の会長を務めている。そして、彼女が結婚する相手は桐島(きりしま)貢(みつぐ)。絢乃より8歳年上で、会長付秘書を務めている青年で、彼女の初恋の相手でもある。 彼女は控室で、桐島との出会いから結婚に至るまでの経緯を思い返していた。 二人の出会いは20ヶ月前の秋。財閥の前会長だった絢乃の父、源一の誕生日パーティーの席でだった。この時すでに体調に異常をきたしていた絢乃の父のことを心配し、病院での受診を提案したのが当時総務課の平社員だった桐島なのだ。 彼のおかげで、父が末期ガンで闘病ののち逝去するまでの3ヶ月間を有意義に過ごすことができたと、絢乃は感謝していた。 父亡きあと、遺言で会長に就任することになった絢乃は、葬儀の日に送迎を担当した桐島に「自分に会長が務まるのか」と弱音を吐く。そんな彼女を支えるべく、桐島は「自分が秘書になります」と宣言。会長選任の取締役会でひと悶着あったものの、絢乃の母で篠沢家当主の加奈子が会長代行を務めることで承認を得、無事に絢乃が会長に就任した。 会長に就任したあとの絢乃はまだ現役の高校生だったこともあり、慌ただしい二足のワラジ生活を送っていた。桐島はそんな彼女を献身的に支え、送迎まで買って出る。 絢乃はいつしか、彼の存在に安心感を抱くようになるけれど、それが何という感情からくるものなのか分からなかった。 友人の中川(なかがわ)里歩(りほ)の指摘で、絢乃は初めて知った。それが恋なのだと――。 そして、絢乃は桐島の兄・悠(ひさし)の登場により、桐島もまた、自分に対して特別な想いを抱いていることを知り――。 高校卒業後、会長職に専念することにした絢乃は、恋人となった桐島との結婚願望を抱くけれど、彼はなかなかプロポーズしてくれず――?

    読了目安時間:1時間44分

    この作品を読む

  • 令和十文字つやばなし

    一寸Hな十文字を君に

    76,791

    65


    2021年7月27日更新

    牧田紗矢乃=サンの『10文字怪談集』にインスパイアを受けて、十文字で描かれるちょっと? いやさ、かなりえっちっちな言葉遊びの恋愛系な短編集。 いろは歌による第1弾『いろは十文字つや巡り』(10月20日から12月7日まで) 12月1日から2021年1月15日まで『つや話 歳末ひめめくり』 1月16日から2月19日まで『春遠からずや 艶咲き桜』 2月20日から3月26日まで『春よ恋 蕾ほつれる 艶桜』 3月27日より4月30日は『春爛漫 風も嵐も つや桜』 5月1日から6月10日までが『初夏薫風の あいそら囃』 6月11日から7月21日までは『 盛夏燎原の なつぞら祭』 7月22日から8月31日の期間では『晩夏星晨 ほしぞらの宴』 ※この作品は15歳以上推奨です。お赤飯前の少女やエッチに対して免疫のないショタっ子、夜の営みに対してアレルギーを引き起こす方はブラウザバックを推奨いたします。 ※時折、ネット上で起きた出来事をネタにしたものも在りますが、笑って読んで下さいませ。 ※想像力が足りないと、わからないような表現があります。 本編開始:202010200721 この作品は、殆んどがフィクションです。 実際の人名・地名や団体、出来事等は(一部エピソードを除いて)架空のものです。 そしてこの作品は、犯罪や悪事を推奨する作品では御座いません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る