SF 長編 連載中

VR MMO RPG歴史シミュレーションゲーム・天下統一( オダさまの野望・ふるさと納税編 )

作者からの一言コメント

愛機の挙動が悪くて、低浮上です…。

近未来——AIが国家を運営する世界。 生徒数一万人を誇る、関東第7学校の学生でありながら、高収入で眉目秀麗の超エリート——性格が非常に残念で、女子が苦手な事以外はパーフェクトの男子高校生、木ノ下翔太は寝てる間に、国家的プロジェクトのVR MMO 歴史シミュレーションゲーム「天下統一」のプレイヤーとして、忠実に再現された仮想世界の戦国時代へと、送り込まれていたのだった。 「 本当の戦国時代 」は小氷河期を迎え、現代の言語や価値観がまったく通用しない過酷な世界。 そのような中——彼のアバター、戦国大名オダさまのスペックは完全にポンコツ。パラメーターは全滅。 固有のSSSスキル「 トンズラ 」とSSスキル「 逆ギレ 」など、ネーミングが奇抜なだけで、まったく役立ちそうにもない。 軍師のアマバネは見た目こそ絶世の美少女だが、能力でいうと——性格破綻者のポンコツ。他の家臣も似たり寄ったりである。 ログアウトすら儘ならない状況で、ゲームクリアの条件——天下を統一する可能性は0%と判定される始末だが、クリアに失敗すると他の賞金目的で参加しているプレイヤーたちと同様、身の破滅——莫大な違約金が発生すると宣告され、一念発起・一発逆転、裏ではた迷惑な『 人類淘汰計画 』を企む国や、ゲーム運営相手に——ポンコツだらけの家臣団を率いて、この仮想世界から絶対に脱出すると誓うのだが……。 第一章は「 小田原城攻略作戦 」までを書き進めていきます。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 VR MMO RPG歴史シミュレーションゲーム・天下統一( オダさまの野望・ふるさと納税編 )
作者名 kikazu
ジャンル SF
タグ 男主人公 MMO 歴史 ポンコツ軍師 シミュレーション 戦国時代 仮想世界 HJ大賞2020後期 ノベプラオンリー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年3月3日 15時22分
最終投稿日 2021年1月12日 20時24分
完結日 -
文字数 73,346文字
ブックマーク登録 62件
コメント 100件
スタンプ 700件
ビビッと 78件
応援ポイント 355,675pt
ノベラポイント 18,129pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 心に毒を植え付ける

    ♡600

    〇0

    SF・連載中・61話・122,611字 金童子 集

    2021年1月21日更新

    2054年アジア大陸の南北戦争により世界では大気核汚染を原因とした病気が流行し、国内での報復テロも増加の一途をたどった。そして2068年、世界へ向けた最先端研究特区のモデルケースとなるため東京湾に建設された人工島プリズムリバティ。そこでは施設の設備補修、空気洗浄、人々の健康管理などの仕事を一手に担う汎用型ナノマシン「氷雪」(スノー)が散布され、都市を完全に管理する量子AI「ブレイン」のもとで人々は社会を発展させていった。そんな都市に住む空疑 槍(うつぎ そう)は「氷雪」に自分の脳内の情報までも監視させ売り渡す契約を結ぶことでなんとか収入を得ていた。 そして彼と戦闘用アンドロイドNo.9は都市の根幹を揺るがす事件に巻き込まれてしまうのだった。

  • オォォル・ハイル・モンスターァァァア!!

    ♡67,990

    〇55

    SF・連載中・100話・334,119字 ヨシコ

    2021年1月21日更新

    彼の名は小林拓郎。 平凡で目立たないルックスと、中の下の成績で甘んじている普通の高校生。 「うーん、今日もフッッツーで平和な一日だった!!」 平凡を愛し、何気ない日常を謳歌していた男子高校生の生活は、とある夢を境に崩壊した。 不思議な夢を見て目を覚ました彼は、別世界の日本に住む コバヤシ・タクロー の身体と入れ替わっていたのだ! しかし、彼の苦悩は終わらない。何故なら、小林少年の意識が宿ったコバヤシ・タクローとは…… 迫りくる世界の〈終末〉を防ぐ役目を担う人類最後の希望。終末対抗兵器〈OVER PEACE〉だったのだから!! 突き抜けて最強! 何処までも無敵! そして最強無敵の秘訣は……存在しないはずの幼馴染!? 「どうしてこうなったぁぁぁ────!!?」 いきなり最終兵器にされた少年とパートナーであるツインテ美少女、そして愉快な仲間達が織りなすハイテンションSF終末青春 KOBAYASHI バトルコメディー……ここに開幕ッッ!! ナレーション:立木文彦 ※イラストは自前です。MONSTERキメた勢いで描きました。 ※旧版とはおおまかな展開は変わりませんが相違点が多々あります。新鮮な気持ちで楽しんでいただければ光栄です。 ※表紙絵の意味は第二章でわかります。