歴史/時代 長編 連載中

帝都異形奇譚

作者からの一言コメント

なんちゃって大正ロマン妖怪アクション

「人の言葉を喋るの!?」 山奥の田舎から養父に言われ帝都にやって来た少女真白は、貸本屋でとある男と黒猫に出会う。 「君の面倒を見るのが私の役目だ」と人語を操る猫に戸惑いつつも、妖怪や桜の精霊、はたまた怪盗まで!? 帝都で様々な出会いを真白は果たしていく。 そんな中、ある日出会った【軍服の君】に真白は恋をして――? 黒猫と少女が織りなす、なんちゃって大正ロマンファンタジー

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 帝都異形奇譚
作者名 中華鍋
ジャンル 歴史/時代
タグ ほのぼの 女主人公 和風 異能 アクション/バトル R15 ノベプラオンリー シリアス 日常 ハッピーエンド HJ大賞2020後期 大正 大正ロマン
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年7月31日 2時21分
最終投稿日 2021年2月23日 20時09分
完結日 -
文字数 80,927文字
ブックマーク登録 27件
コメント 8件
スタンプ 109件
ビビッと 2件
応援ポイント 81,400pt
ノベラポイント 340pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヒロインはパンクなモナリザ

    ♡4,400

    〇0

    歴史/時代・完結済・7話・94,841字 式守伊之助

    2021年3月2日更新

    (あらすじ)世界的に有名な絵画はカンバス内に絵画世界「ピクトリカ」を有し、絵画に描かれた人物はその中で永遠の生を生きている。 画題(テーマ)とは彼らがピクトリカで演じる物語であり、それが「過去」や「歴史」となって我々の存在する現実世界「ヒストリカ」を形づくっている。 パリのルーブル美術館で「ナポレオンの戴冠」のナポレオンはモナリザ(以降リザ)を自分の絵に呼びつけ、ピクトリカで宝飾品をくすねてはヒストリカで売りさばいている泥棒の退治を命じる。 同じころ、大財閥ハイネッケ一族の嫡男ハネツグは貴殿の相続財産が見つかったとの連絡を受け、使用人セネカを伴いイタリアを訪れる。自称公証人で実はリザの追っている宝飾品泥棒マレーネに導かれ発見したその財産とは、かつてダ・ヴィンチがガイセリクという邪神を閉じ込めるために描いた封印絵画であった。 ハネツグは意図せず彼を絵画から解放してしまう。そこを偶然、マレーネを捕まえに来たリザに助けられる。蘇生が不完全なガイセリクは、セネカの身体を乗っ取って逃げ去ってしまう。 ハネツグとリザはセネカ救出のため、ガイセリクのあとを追う……ってお話です。

  • 「紅白歴コン」エキシビション参加です。

    ♡1,900

    〇11

    歴史/時代・完結済・8話・14,820字 東郷しのぶ

    2021年3月2日更新

    戦国の世。十六歳の少女、万は築山御前の侍女となる。 御前は、三河の太守である徳川家康の正妻。万は、気高い貴婦人の御前を一心に慕うようになるのだが……? ※以前に投稿した同名作品の改稿版です。ストーリーは全く変えておりませんが、約5千字ほど加筆いたしました。 野暮天様の自主企画「紅白歴史合戦コンテスト」エキシビション枠参加作品です。