連載中 長編

岩城学園 ふしぎ発見部!

作者からの一言コメント

オカルトなコメディです

 ある日幽霊や妖怪といったこの世のものでないものが見え始めてしまった高校生の少年が、変な人やら変なものに絡まれ始めるお話。  毎週日曜日に更新します。 ※小説家になろう様にも投稿しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 岩城学園 ふしぎ発見部!
作者名 ガタガタ震えて立ち向かう
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ 現代日本 オカルト 妖怪 部活動 異能 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月30日 19時22分
最終投稿日 2020年5月31日 20時17分
文字数 323,328文字
ブックマーク登録 53件
コメント/スタンプ 378件
応援ポイント 114,150pt
ノベラポイント 10,105pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 第二回ノベプラ大賞一次通過しました!

    ♡360,250

    〇1,080

    異世界ファンタジー・連載中・223話 駿河防人

    2020年6月7日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • 小説×漫画の挑戦

    ♡20,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・2話 degirock

    2020年6月7日更新

    例えばさ、変身願望って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 少年漫画のノリの吸血鬼殲滅ファンタジー!

    ♡251,900

    〇3,780

    現代/その他ファンタジー・連載中・147話 九季さくら

    2020年6月7日更新

    ボーイミーツガールから始まる、どこか少年漫画のノリの正統派現代ファンタジー! ひねくれ者主人公・黒霧忍とコミュ障な無愛想ヒロイン・六条れいんの異色コンビが織り成す、ギャグとシリアスが入り乱れる吸血鬼殲滅活劇! たまぁに鉛筆画で挿絵入れてます。挿絵ありの回はタイトルに★を入れています。 ~あらすじ~ 【第一章・一語一会】 主人公・黒霧忍は小学生の頃に交通事故に遇い、家族と以前の記憶を失いつつも順風満帆な高校生活を送っていた。しかし、ある日忍のクラスに転入して来た六条れいんに「あなたが吸血鬼だから」と漫画の様な事を言われ、執拗に命を狙われる事になる。家に押し掛けてまで殺そうとするれいんに必死の抵抗をする中、本物の化け物がやって来て… 全ての始まりの章。【季節外れの転校生~a long day~】から本編スタートとなります! 【第二章・死亡遊戯】 吸血鬼襲撃から一夜明け、元の実家に帰る事を決めた忍。薫や友真、葉月と言った新キャラ達に迎えられ、慣れない新居での生活がスタートする。 ひょんな事かられいんと手を組み吸血鬼殲滅活動を行うことに… 時同じくして、新たな敵が産声を上げようとしていた。 【第三章・弐心伝心】 れいんの機関裏切りが正式に可決された。裏切り者を始末すべく、機関からはれいんを消せる唯一の奇術。禁断の奇術「パンドラ」と呼ばれる術を習得した刺客が送り込まれる。 今、互いの目的を果たすべく、奇術師同士の戦いが幕を開ける。 【第四章・腐敗庭園】 楠木の街で再び猟奇殺人事件が頻発する中、忍は偶然にも昔の友人と出会う。昔話に花を咲かせ、再会を喜ぶ忍。 殲滅活動の最中、新たなるボス吸血鬼が姿を現した。 忍、れいん、凪の交錯する想い。血のクリスマスが幕を開ける。 【第五章・崩壊都市】 何も終わってなんかいなかった。むしろこれまでの事は全て序章に過ぎなかった。新たな闇が襲い来る時、物語は大きく動き出す。 忍、れいん、薫の謎が解き明かされる急転直下の第五章。ここに開幕。 お気軽にブックマーク、コメント頂けますと幸いです✨

  • 星と出会う

    ♡300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・6話 上高地河童

    2020年6月7日更新

    【特殊能力者】が世界に受け入れられ数十年。 能力者の存在は日常のものとなり、共生は成り立っていた。 時に力を悪用する者もいたが、多くの能力者はそれを己の才能として世界のために使っていた。 真喜屋 葦人(まきや あしと)もまた生まれながらに力を持っていた。 しかし、彼は自身の力を使うことができなかった。 【特殊能力者】として生まれながらそれを使うことのできない少年。 運命と諦めただ平凡な日常を送っていた彼の運命は【星の少女】と出会い動き出す。 これは力と使命。運命と正義の話である。