異世界ファンタジー 長編 完結済

< Ab≒HeRO [アヴ・ヘイロ] > ~自己満系自称ヒーローの異界冒険~

作者からの一言コメント

「”ヒーローとは、何だ?”」

読了目安時間:16時間3分

< Ab≒HeRO [アヴ・ヘイロ] > ~自己満系自称ヒーローの異界冒険~の表紙

<無双の喜劇><夢想の悲劇> <強者の孤毒><狂者の粗朴> これから始まるのは、全人類への冒涜だ。 『”弱く生まれた……【お前】が悪い”』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ アウロラ。近未来地球・日本と同じく経済的かつ科学的発展を成し遂げた世界。 しかし、この世界には”異能力”・”魔法”・”異種族”・”空中庭園”。科学では証明できない不可思議な文化が常識となった世界だった! 突如現れた、空を覆う謎の異次元ホール。 未明の窮地に立たされたアウロラは、人類にかつてない混乱を与え、醜く愚鈍な時代を迎えていた。 ……中央都市ロックロートシティ。 混沌渦巻くこの街に、”最強無敵のヒーロー(自称)”が現れた!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 < Ab≒HeRO [アヴ・ヘイロ] > ~自己満系自称ヒーローの異界冒険~
作者名 九羽原らむだ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ファンタジー アドベンチャー バトルアクション ライトノベル
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年10月28日 20時08分
最終投稿日 2021年2月28日 2時37分
完結日 2020年10月30日 19時41分
文字数 481,560文字
読了目安時間 16時間3分
ブックマーク登録 12件
コメント 0件
スタンプ 18件
ビビッと 0件
応援ポイント 14,700pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 憂鬱チルアウト

    くたびれた社会性のクールダウン逃避行

    9,100

    0


    2021年6月18日更新

    詩というものに初挑戦してみました。誰かの心に何か残せたら嬉しいです。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    108,200

    230


    2021年6月18日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間43分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 召還社畜に家主の少女と魔法の豪邸

    独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    3,950

    0


    2021年6月18日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:24時間20分

    この作品を読む

  • 大賢者シルヴィエの不本意なセカンドライフ~幼女だなんて聞いてない~

    悠々自適な余生が……幼女!?

    9,300

    0


    2021年6月18日更新

    かつては聖女として名を馳せ、退位後も研鑽を積み続け、膨大な魔力と知識を持つ賢者シルヴィエ。 彼女は魔王が復活し世界が震え上がった時も果敢に勇者パーティに参加しその力で彼らの手助けをしていた。 そして旅の最後の魔王封印の際、シルヴィエは仲間を逃がす為、己が犠牲となった。 「私はもう十分生きた! お前達は若いんだからまだこれからだろう」 最後の魔力を使い果たし、もはやこれまで……と思われたが……。 「……なんだこれ」 なぜかシルヴィエは『幼女』になっていた。 本人も仲間達も国も困惑する中で、シルヴィエの第二の人生がはじまるのだった。 家庭教師を務めるチビ王子達は言うことを聞かない、仲間の勇者は子供扱いをしてかまってくる、おまけにかつての教え子の第一王子がシルヴィエに一目惚れ!? これは悠々自適な余生を過ごすはずだったシルヴィエの不本意な日々の物語。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む