連載中 短編集

霊感体質な僕と束縛気質な彼女

作者からの一言コメント

彼女>ゴリラ>>超えられない壁>>オバケ

僕、結城リョウには、誰もが羨む美少女の恋人がいる。 彼女の名前は、芳埜ハルカ。 しかしハルカには凄まじく嫉妬深い一面があり、そのジェラシーは生きた者に限らず、僕に取り憑こうとするオバケにまで向けられる! 向けるだけでなく、叩き付ける! 叩き付けるだけでなく、蹴り飛ばし殴り倒し、捻り潰す!! オバケより怖い僕の彼女が織り成す、愛と嫉妬のホラーラブコメディ。 表紙:いらすとや様(背景や配置などを加工し使用させていただいております) エピソード挿絵:素材工場様(背景や配置などを加工し使用させていただいております) エンドマーク絵:テマリ様 ※のんびり投稿の連作短編集です。 ※カクヨム、小説家になろうにも投稿しております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 霊感体質な僕と束縛気質な彼女
作者名 節トキ
ジャンル ホラー
タグ コメディ 男主人公 現代日本 日常 異能 ハッピーエンド ラブコメ 美少女 ゴリラ 嫉妬 ヤンデレ 幽霊 前世 大学生 恋愛
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年11月26日 20時28分
最終投稿日 2020年1月27日 19時19分
文字数 213,651文字
ブックマーク登録 11件
コメント/スタンプ 34件
応援ポイント 21,196pt
ノベラポイント 110pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 命の限り、死なずの終焉を。

    ♡218,311

    〇1,480

    異世界ファンタジー・連載中・24話 囲味屋かこみ

    2020年8月8日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、死なずの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ 【第一話、完結しました!】 ・第二話公開開始! ・ただ今、幕間であるショートストーリー公開中!挿絵あります! —————— ・いただいたイラストは全て、一番最後にまとめて掲載しております。是非そちらもご覧下さい。素晴らしいクオリティのイラストです。

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡280,750

    〇2,184

    SF・連載中・60話 新星

    2020年8月9日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • どうかこの謎が、皆様に紐解かれますよう。

    ♡17,600

    〇50

    ホラー・連載中・156話 至堂文斗

    2020年8月13日更新

    降霊術。それは死者を呼び出す禁忌の術式。 歴史を遡れば幾つも逸話はあれど、現実に死者を呼ぶことが出来ていたかは定かでない。 だがあるとき、長い実験の果てに、一人の男がその術式を生み出した。 降霊術は決して公に出ることはなかったものの、書物として世に残り続けた。 伍横町。そこは古くから気の流れが集まる場所と言われている小さな町。 そして、全ての始まりの町。 男が生み出した降霊術は、この町で幾つもの悲劇をもたらしていく。 運命を狂わされた者たちは、生と死の狭間で幾つもの涙を零す。 これは、四つの悲劇。 【魂】を巡る長い物語の始まりを飾る、四つの幻想曲――。 【霧夏邸幻想 ―Primal prayer-】 「――霧夏邸って知ってる?」 事故により最愛の娘を喪い、 降霊術に狂った男が住んでいた邸宅。 霊に会ってみたいと、邸内に忍び込んだ少年少女たちを待ち受けるものとは。 【三神院幻想 ―Dawn comes to the girl―】 「どうか、目を覚ましてはくれないだろうか」 眠りについたままの少女のために、 少年はただ祈り続ける。 その呼び声に呼応するかのように、 少女は記憶の世界に覚醒する。 【流刻園幻想 ―Omnia fert aetas―】 「……だから、違っていたんだ。沢山のことが」 七不思議の噂で有名な流刻園。夕暮れ時、教室には二人の少年少女がいた。 少年は、一通の便箋で呼び出され、少女と別れて屋上へと向かう。それが、悲劇の始まりであるとも知らずに。 【伍横町幻想 ―Until the day we meet again―】 「……ようやく、時が来た」 伍横町で降霊術の実験を繰り返してきた仮面の男。 最愛の女性のため、彼は最後の計画を始動する。 その計画を食い止めるべく、悲劇に巻き込まれた少年少女たちは苛酷な戦いに挑む。 伍横町の命運は、子どもたちの手に委ねられた。

  •  人によっては涼しくなれます。

    ♡100

    〇0

    ホラー・連載中・2話 工藤有真

    2020年8月13日更新

    密やかに。-確実に。未知は貴方の世界に在る。 認識しなけりゃ夢、幻。ひとたび知ればそれは真の話となる。

    タグ:

    ホラー