詩/短歌 短編 連載中

五と七の調べ

作者からの一言コメント

ポジティブになる和歌集です。

読了目安時間:1分

五七調でポジティブに自己を洗脳する詩集です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 五と七の調べ
作者名 ちはるん くろすおーばー
ジャンル 詩/短歌
タグ 和歌 川柳 俳句 今年の抱負俳句フェア
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月17日 18時52分
最終投稿日 2021年1月28日 19時37分
完結日 -
文字数 317文字
読了目安時間 1分
ブックマーク登録 2件
コメント 3件
スタンプ 13件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,050pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【R·O·S·E】

    学園の深層で始まる少女の復讐劇。

    32,400

    60


    2021年4月24日更新

    異物の異郷【ミスティルテイン】剣聖学園。 毎年、何百人もの入学生を迎える世界の中心にある剣の学園へ入学した女性【リディア・ローズ】は異郷での六年間を開幕させる。 不安定な安寧、不特定な混沌が蠢く世界の中心で、墓標に朽ちた【極剣】と新たな【極剣】を携え、復讐の華を咲かせる。 許しなど必要ない。自分にも誰にも、世界にも。 最低の選択でもいい。それで未来を一滴たりとも残さず奪えるなら。 九年前に平凡な未来を奪われた少女が、今度は未来を奪う。 なんて事ない平凡を失った、滑稽な復讐劇。 ◆◇◆ 2021/04/24 にて【R·O·S·E】は一旦〆です。 エピローグに 後書き がございますので、そちらも読んでいただけると幸いです。

    読了目安時間:4時間16分

    この作品を読む

  • 逃げるしかないだろう

    絵描きの男と、キャバレーの女。

    66,816

    12


    2021年5月11日更新

    舞台は1980年頃の、大阪ミナミ。貧乏青年の譲治は、友人の紹介でキャバレーで黒服の仕事をするために面接を受けることになった。 面接に行く途中、時間に余裕があったので、道頓堀にある戎橋、通称ひっかけ橋で、趣味の似顔絵を描くことにした。大道芸のように、女の子に声を掛けて器用に似顔絵を描く譲治。その時、橋の上で男たちに言い寄られている一人の美しいお姉さんを見つけた。鋭い目つきで、男たちを罵倒するそのお姉さんの勝気な姿。譲治は、その表情に惚れてしまった。止せばいいのに、騒動の中に分け入ってその子の似顔絵を描き始める譲治。気になったものは描かずにはおれないのだ。火に油を注ぐような譲治の行為。そこに、怖いヤクザの姿も現れる。 知り合ったその美しいお姉さんは、譲治がこれから面接に行くキャバレー「ジュエリーボックス」のホステスだった。源氏名を月夜という。頼りない譲治と、勝気な月夜。黒服とホステス。職場は同じと言えども、全く立場の違う二人。支配人は黒服とホステスの恋愛は禁止だという。 交わらなかった二人が、お互いを意識した時、恋愛のドラマが加速を始める。惹かれ合う二人に、様々な障害が襲いかかる。傷つき、すれ違い、揺れる心。結ばれたいのに、結ばれない。はたして二人が行く先は、ハッピーエンドか、バットエンドか。 この作品は、前作「本読みクラブー怪人二十面相が好きだった僕らの時代ー」で登場した、譲治を主人公とした、パラレルワールドな世界のお話です。 ※2021年4月20日 譲治 一九七九年十二月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 明美 一九七九年十二月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 譲治 一九七九年十六月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 明美 一九七九年十六月 加筆・修正を行いました。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間20分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 心の声

    あなたが幸せになれますように

    851,686

    19,214


    2021年5月12日更新

    悲しみと幸せを詩に纏めました。 心の傷や悲しみは決して消せるものではないですけど、 この詩を読んで少しでも生きる希望を持っていただけたら幸いです。 いつか皆様が幸せに辿り着けますように。

    読了目安時間:2時間58分

    この作品を読む

  • 泡沫

    日々、惑乱。

    29,700

    345


    2021年5月12日更新

    たとえ気狂いじみていたとしても、酔っぱらいの戯言だとしても、風に掻き消されてしまうような独り言だとしても、淡く消えてしまうくらいなら書き留めていよう。 ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ 以前活動していた他サイト(今は退会済)で公開していた詩も修正して収録しています。新作も随時追加。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む