詩/短歌 短編 連載中

羊羹と抹茶と四畳半風和歌集

作者からの一言コメント

ポジティブになる和歌集です。

読了目安時間:1分

五七調でポジティブに自己を洗脳する詩集です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 羊羹と抹茶と四畳半風和歌集
作者名 いつき ふみと
ジャンル 詩/短歌
タグ 和歌 川柳 俳句 今年の抱負俳句フェア
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月17日 18時52分
最終投稿日 2021年6月29日 1時33分
完結日 -
文字数 445文字
読了目安時間 1分
ブックマーク登録 2件
コメント 4件
スタンプ 13件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,550pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • アルビオン王国宙軍士官物語~クリフエッジと呼ばれた男~(クリフエッジシリーズ合本版)

    ハヤカワ文庫さんのSF好きにお勧め!

    244,000

    1,790


    2021年8月24日更新

    人類が宇宙に進出して約五千年後、地球より数千光年離れた銀河系ペルセウス腕を舞台に、後に“クリフエッジ(崖っぷち)”と呼ばれることになるアルビオン王国軍士官クリフォード・カスバート・コリングウッドの物語。 ■■■ 宇宙暦4500年代、銀河系ペルセウス腕には四つの政治勢力、「アルビオン王国」、「ゾンファ共和国」、「スヴァローグ帝国」、「自由星系国家連合」が割拠していた。 アルビオン王国は領土的野心の強いゾンファ共和国とスヴァローグ帝国と戦い続けている。 4512年、アルビオン王国に一人の英雄が登場した。 その名はクリフォード・カスバート・コリングウッド。 彼は柔軟な思考と確固たる信念の持ち主で、敵国の野望を打ち砕いていく。 ■■■ 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25時間18分

    この作品を読む

  • 終焉の幼女エルルと死なずのライザ

    命の限り、死なずの終焉を。

    2,154,997

    47,663


    2021年9月6日更新

    魔法が失われ、前文明の遺産から『機械』を模倣し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』——『ライザ・テオドール』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしているロリコンであり、幼女となったエルルに一目惚れしてしまう。 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす『機械』と『魔法』のファンタジー! そして至る、世界の真実。 終焉の運命と向き合い、エルルが手にするモノとは——? 【お知らせ】 ・異世界ファンタジージャンル、年間2位! ・2020年HJ小説大賞後期二次選考通過! ・★マークが付いた話には美麗な挿絵があります! ・全てのイラストは、最後にもまとめて掲載しています!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間41分

    この作品を読む