歴史/時代 短編 完結済

巨松を見届けよ

作者からの一言コメント

北条四兄弟が一人、氏規に課された役目とは

巨松を見届けよの表紙

天正19年も押し迫ったとある冬の日、京都の桜井屋敷にて隠居する酒井忠次の元に一人の男が訪ねてきた。 その人物は、前年小田原征伐で関東を追われた北条家の一人、北条氏規であった。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 巨松を見届けよ
作者名 吉岡梅
ジャンル 歴史/時代
タグ 第1回歴史時代大賞 和風 戦国時代 酒井忠次 北条氏規 小田原城 後北条 北条 今川 徳川
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月13日 15時41分
最終投稿日 2019年10月15日 10時32分
完結日 2019年10月15日 10時32分
文字数 13,335文字
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 天才屍術師が望むのは完全な姉の蘇生だった

    ♡5,600

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・47話・129,769字 紙風船

    2021年2月27日更新

    不治の病で死んでしまった錬金術師の姉、オルハはアンデッドモンスター《リッチー》として蘇る。 不思議なアイテム《ウェポン》。その中でも死んだ人間を生き返らせることが出来る伝説の完全蘇生具《ニルヴァーナ》を見つけ出す為、屍術師である弟、リューシは迷宮街《ブラックバス》へとやってきた。 かつて空を泳いでいた伝説の巨大魚の骨の下に広がる町の、その地下に広がる幾つものダンジョン。 その何処かに隠された秘宝を見つけ出す為、二人はダンジョンへ潜る。

  • "過去"を求めて荒廃世界を旅する冒険活劇

    ♡73,700

    〇550

    異世界ファンタジー・連載中・19話・64,427字 行里ゆんや

    2021年3月4日更新

    100年前の悲劇、葬送の災厄(エントゥーム)によって文明が埋葬され、途絶した世界セラスティア。 かつての文明の遺物、埋葬品(レリック)を求めるグレイブディガーの少女アマナ・フライハイトは、相棒のフェザー・バイク〈サラソージュ〉とともに、世界各地をさすらっていた。そんなある日、新たに発見された埋葬遺跡の中で、アマナたちは一人の青年と出会う。 記憶も名前も持たない彼が持っていたのは、正体不明のレリックただひとつ。 ナナシと名付けた青年の記憶と、謎のレリックの正体を求めて、運命が動き出す。 レリックという過去を通して、未来へ進むアマナ。 自身の記憶という過去を閉ざして、未来を憂うナナシ。 過去を掬い未来を救う、その果ての物語が、ここから始まる。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 週2~3回程度の更新を予定しています。 ご意見・ご感想などいただけると嬉しいです! 作者Twitter @ikuri_yunya --------------------------------------------------------------------------------------------------------------

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る