俺をNTR系不良先輩と勘違いして、美少女があからさまに操を捧げようとして困る ~しかも一度気を許してくれたらやたらデレデレして可愛い~

読了目安時間:2分

エピソード:7 / 30

攻める竜石堂漆葉

   ひとしきりにからかわれていると、「神無月 雪之丞!」何処かでみた女が道場破りのように颯爽と教室内に入ってくる。  これにたのもうがあれば完璧だった。    話題の中心である竜石堂 漆葉だ。  ジャージのイメージしかないがさすがに今は制服。  もう衣替えなのだが標準の青色ブレザーは装備してないけどな。  しかしながら、他の女子生徒と比べ背が高いのでやたらとスタイルがいい。  これに加えて学年で十本の指に入るほどの美少女なのだ。  なのでモテないわけがない。  その証拠に先ほどから男子の注目度が高く、俺以外は釘付けになっている。 「竜石堂、まだ何かようか?」 「よくも私に恥をかかしてくれたよね」  憤然とした態度で俺に挑む竜石堂は、昨日の対応では納得がいかなかったみたいだ。  学校指定ブラウスはスカートの中に入れず外に出している。  一見だらしないがネクタイと相まって竜石堂だとかっこよく映っていた。  しかしそのまま目線を下へ行き、青色チェック柄スカートに気なんか取られると白いオーバーニーソックスが冴えるリーチの長いローキック炸裂コースへ移行しそう。  外見の美少女っぷりに騙されて警戒は怠らない方がいい。 「全部お前の自爆だろうが竜石堂」 「違う。私の知識だと、俺様の愛奴隷になれ、可愛いバンビちゃんと呟いて無理矢理唇を奪うの。なのにあの仕打ち。予想を裏切った私の覚悟を無下にして許さない」 「どこのガチBL漫画だ。ぼけ! 裸ネクタイであれば完璧じゃないか!」  無駄な労力を使っていることに気づくと嘆息が出る。  これならまだ不良や族に絡まれた方が気は楽だ。 「今日こそは決着をつけるよ。私を焦らし戦法で罠に嵌めているのは明白なんだから」 「竜石堂、話はもう終わったはずだぜ。肥大妄想も大概にしておけ」 「終わってない。これからも私の戦いは続く」  どこの打ち切り漫画だ。  しかもそういうのに限って名作も多い。  言葉尻を捕らえるつもりだろうがありがたいことにオツムはスポーツ少女らしく脳筋。  なので早くこのくだらないゲームを終わらしたい。     終わった? 放置? 奴隷?  ひそひそとワードが教室を飛び交う。  俺には恐れていることがある。それが噂の拡散。  これは非常にまずい。  俺がネットに晒される未来が容易く想像できる。  実際昔もあった。  まじで洒落にならない。  昔ひかれそうな犬を車から助けてことがあり飼い主の少女に感謝された。  しかしどこで見ていたのか、あくる日、匿名少女がいやいや付き合わされている設定になって拡散、対応不可能になった。  結果は一週間の停学。  それにとどまらず神無月家の緊急総会、後継者否決案件にまで発展する。  情報社会を侮っていた。  今回も俺は危ない橋を渡っている。  しかもこういった裏工作は女子はとても得意なのだ。  特に集団になると手がつけられない。  是非とも竜石堂には穏便にお引き取り願いたい。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 君に咲く花

    娼婦が歌姫から聖女になるまでの話

    216,000

    386


    2022年9月30日更新

    娼館の前に捨てられていた赤子は、館の主人に拾われた。 幼き頃は雑用をこなしていたが、十一になると娼婦として歩み出す。 彼女にとってそれは“普通”のことであり、哀しむことでも、怨むことでもなかった。 彼女の世界は、娼館が全て。 親切な先輩娼婦、気兼ねなく会話出来る友人に囲まれ、美味な菓子も口にできる。 綺麗な布に身を包み、上品な香りの石鹸で身体と髪を洗い、皆で楽しく食事を作り、温かな毛布で眠りにつく。 それが、普通だと思っていた。 食事もままならず、雨風をしのぐ家すらない人々がいることを知り、自分は恵まれていることを悟った。 しかし。 現状が嫌なわけではない、けれど、何か釈然としない日々を過ごしていた。 そんな彼女は、唄が好きだった。 海に向かって一人きり、紡いだ言葉で音を奏でる。 訪れた転機は、幸か不幸か。 ※娼婦が幸せになる話ではありませんので、ご注意ください。 現在公開している本編『DESTINY』の、サイドストーリー(主人公違い)になります。 よって、最終回のネタバレを含みますのでご注意ください。 ※別サイトでも連載していましたが、こちらが完全版(完結版)です。 ※自作の絵以外に、FAで頂いた絵も挿絵として使用しています。無断転載・自作発言等、見る以外の行為は禁止致します。 ※サブタイトル前の■は、挿絵有を指します。 『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間17分

    この作品を読む

  • 主人公の霧ヶ谷颯太(きりがたにそうた)は高校1年生。今年の春から一人暮らしをして、東京の私立高校に通っている。 そして入学早々、運命的な出逢いを果たす。隣の席の柊咲夜(ひいらぎさくや)に一目惚れをする。淡い初恋。声をかけることもできずただ見てるだけ。 ただその関係は突然一変する。なんと賃貸の二重契約により咲夜と共に暮らすことになった。しかしそんな彼女には秘密があって……。 「もしかしてこれは大天使スカーレット=ナイト様のお導きなの?この先はさすがにソロでは厳しいと言うことかしら……。」 「え?大天使スカーレット=ナイト?」 「魔王を倒すまではあなたとパーティーを組んであげますよ。足だけは引っ張らないでくださいね?」 「あの柊さん?ゲームのやりすぎじゃ……。」 そう咲夜は学校でのクール系美少女には程遠い、いわゆる中二病なのだ。そんな咲夜の発言や行動に振り回されていく颯太。 この物語は、主人公の霧ヶ谷颯太が、クール系美少女の柊咲夜と共に魔王(学校生活)をパーティー(同居)を組んで攻略しながら、咲夜を攻略(お付き合い)するために奮闘する新感覚ショートラブコメです。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る