俺をNTR系不良先輩と勘違いして、美少女があからさまに操を捧げようとして困る ~しかも一度気を許してくれたらやたらデレデレして可愛い~

読了目安時間:2分

エピソード:3 / 30

不良先輩と女子バスケ部エースの邂逅

『兄様、喧嘩はほどほどにね』 「待て、まだ野郎と決まった訳ではない」 『はいはい、じゃあまた夜にでも話しましょう』  言いたいことだけ言ってとっとと通信を切った結晶。  携帯のお陰で地球の裏側にいる感覚がない。    改めてノートの切れ端を何度も読み返す。  されど言葉通り以外答えは導かれない。  このまま無視しても問題はないが、万が一がある。  もし相手がシャイで想いを伝えるのが苦手女子なら不登校になることだってある。  なので差出人のお望み通り、俺は旧校舎の空き教室前に出向く。  俺は逃げない。  敢えて降りかかる火の粉に飛び込むこそ漢だろう。  開けるとカビ臭さとハウスダストが舞い広がり、換気をしてないから咳き込む。    相手の名前は知らない。  もし野郎で喧嘩だったら受けて立つだけだ。  無論ラブレターの可能性も捨てきれないけど旧校舎にある教室へ来いとは些か無骨すぎる気もする。 「待ってたよ。神無月 雪之丞」  腕を組んでそれはいた。  仁王立ちして唇を固く結んでいる。  女だ。  バスケ部のジャージとユニホームを着ている。  予測を遥かに裏切られたシャイでも野郎でもない美少女は、意思の強そうな瞳で俺を睨み付ける。   「誰だお前? ってかでけえなぁ」  タッパがあるな。  俺とそんなに変わらねえ。  底上げブーツかと足に目が行くもスポーツシューズだった。 「私の名前は竜石堂漆葉(りゅうせきどう うるは)。あんたの隣クラスだよ。それより出会い頭に私の胸がでかいって失礼な奴ね。値踏みするかのようにまじまじと視線移動させてさ」 「初対面の相手に言うわけないだろうが! 頭大丈夫か?」  そんなつもり更々ないし。  確かに巨乳だがそんなの自慢することでもなかろうに。  ジャージじゃ収まりきれない二つの凹凸は主と一緒で自己主張が強い。 「私はあんたのこと知っているよ。有名人だからね。神無月雪之丞十七歳。白川桜華学園二年一組。一年ダブって実は先輩。金髪、日焼け、ピアスを初め装飾品を身に付けているワル。家は大金持ちで権力で素行の悪さをねじ曲げている」  有名人というか悪目立ちしている。  大袈裟で色々と誇張されているが、今更言い訳しても学校名と違い俺のスクールライフはサクラ色にならないな。  それより怖い、何この情報収集能力。  エフビーアイにコネでもあるの? 「それでバスケ部の美少女様が何の御用ですかな?」 「理由は簡単、先程スマホで撮った写真を消してよ」 「写真はとってない。妹に学校の日常を見せていたんだ」 「うわ…………やっぱ変態だったんだね! あんた私達のキスシーン撮っていたでしょ?」 「こいつ人の話を聞いてないな」  キス?  ああ、あの時の片割れか。  これは困ったぞ。 「未遂で終わったのもあんたのせいだ!」 「それは御愁傷様。でもな構ってられない。俺は忙しいからこれにて失礼させてもらうぞ」  失敗しようが成功しようが俺には関わりはない。所詮は他人事。  喧嘩だったら買うが女を殴る趣味はないので、脱兎のごとく逃げ出したいから踵を返す。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 僕(芋かりんとう)と、怖い顔のおじさん!

    何とも、摩訶不思議な芋かりんとうの君の話

    53,000

    41


    2022年4月4日更新

    試食、対面、移動販売の個人事業を営む主人公のおじさんの第二の人生と呼ばれる年齢できた『モテ期』の人生模様をコミカルに描いた物語。 50歳を過ぎたおじさんと未亡人。JK少女、女子大生、バツイチお姉様とのラブコメ・恋愛をお菓子の精霊達の視線、視点から見た。確認をした物語で御座います。 西日本では有名な芋かりんとう君、全国では余り知られていない? と、言った事実も……。と、言うことで、自分自身のアピールと。どこが本当の名産地なのかをかけて、四国は土佐、愛媛……。九州は鹿児島、宮崎県とで……。あっ、そう言えば? 広島県にもありました。 それと、筆者が35年以上続けてきた販売、仲卸業で、取り扱いそした商品アイテムの案内もしていきますね。 中には世の出なかった珍しいお菓子の話しや今普通に定番にある商品なども多分? 筆者達が日本で一番最初に販売をした物なども機会があれば説明しますね。と、説明をした所で。 そんな芋かりんとう君なのだが。いつも自分自身を試食販売している怖い顔をした独身中年男性と、二人で商いを頑張る日々を過ごしていたのですが。そんな芋かりんとう君の主であり。販売者であるおじさんには実は? 自身が思いを寄せる女性がいるのだが。彼女には……。 まあ、そんな禁断の恋に溺れることなくおじさんはマイペースで商いを続ける人生を送っているのだが。そんなおじさんが? 芋かりんとう君達お菓子の精霊達は心配……。 まあ、とにかく? 芋かりんとう君達駄菓子・豆菓子・珍味・ドライフルーツ達の視点から、おじさんの恋と商いを見学させてもらうコミカルなラブコメ・恋愛・日常・商い日和のお話でございます。 筆者が昭和の時代から三十年以上続けてきた販売。小売り。仲卸業を終始したので、今迄の経験を簡易的に物語にしながら説明をしていきますね。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間23分

    この作品を読む

  • 令和十文字艶噺 第弐幕

    十文字に彩られた艶華

    45,800

    278


    2022年9月25日更新

    前作『令和十文字つやばなし』を楽しんでくれた皆様、有り難う御座います。 今回のシリーズも前シリーズ同様のコンセプトそのままに、たった十文字の本文とその数倍以上の後書き(サブタイトルも繋がる場合も)で構成された、かなりエッチな恋愛短編集となっております。 色々と書きたいことはありますが、今はそれをグダグダ語るのは無粋なので……とにかく読んで楽しんで下さいませ。 ※この作品の殆どのエピソードは、フィクションです。 実在の地名や人名に団体名とは、一部例外を除いて関係はありません。 ※この作品は法に触れる行為を推奨しておりません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    2,002,171

    4,821


    2022年9月25日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2022.8.17 ドズミール様(https://www.pixiv.net/users/12972349)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:35時間1分

    この作品を読む

  • Lost World〜時空使いの少女〜

    空間と時間を操る少女の物語

    60,200

    200


    2022年9月29日更新

    異世界ルーンフェルク。そこに住む少女、聖月は自分の世界と別世界を繋いだり、時間を操る力を使って、人々の依頼を受けることで生活していた。 ある日、彼女の前に現れた謎の青年、煌翔は、聖月の持つ力が危険なものであると告げる 。 2022.5.16 今更ですが、登場人物が多くなってきた為、登場人物紹介追加しました。 話が進むごとに追加していきます 多少のネタバレ含みますので、嫌な方は本編から

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間13分

    この作品を読む