俺をNTR系不良先輩と勘違いして、美少女があからさまに操を捧げようとして困る ~しかも一度気を許してくれたらやたらデレデレして可愛い~

読了目安時間:2分

エピソード:2 / 30

神無月 雪之丞はみた

『おや? 我、夏の風物詩発見せり』 「どうかしたか?」  不意に下から会話が聴こえた。  スマホの角度へ首をかた向けると密会シーンが映る。  眼下で行っているのはカップルが熱い抱擁、言い換えるとハグしている現場。  そのまま女が目をつぶってキス待機していた。  口角をカワハギのように尖らせて懇願しているのが滑稽。 「うちの生徒なのか、二人とも見覚えはない。でも、ユニフォームはバスケなので部員には間違えないのだろうな」 『兄様早くずらかった方がいい。また新しい伝説が誕生する前に』  ここ教室真下はちょうど校舎裏と体育館裏になっていて死角なのだ。  密会するには有名な穴場。  弱点なのが今俺がいるここだけ。  妹が警鐘するように危険な現場へ出くわしてしまった。  俺は出歯亀じゃないので早くここから退却したい。 「ああ、分かっている」 『そろりです、そろり』  幸い気づかれてないから牛歩戦術で亀よろしくそろそろと我が学舎を後にした。  廊下に映る影法師は俺をからかうかのように、凹凸に当たり形を変形させる。  もう、用事のない生徒は校舎に残ってない。  と言っても俺では何の進展もないだろうが。 「ああいう現場の遭遇は極力避けたい。別にトラブルを起こしているわけではないが、先生からも生徒からも距離を置かれているのは痛い」 『ゆいあきらの兄、神無月 雪之丞は、手がつけられない札付きの不良だと学内では認識されているからですもんね』  無論自分じゃそんなつもりは毛頭ない。  健全な青少年と言っても過言ではないだろう。  しかし、世間というか学園の評価は低い。  遅刻しただけで教師と生徒会の恐喝容疑、早弁しただけで学級崩壊首謀者、授業中トイレに行くだけでボイコットの常習犯。  まだまだ沢山ある。  逆に親友の上杉流星は本物の不良なのだが、どういうわけか覚えめでたく優等生と評価されている。 「不良なのは諦めるとして悪ってのは納得がいかない。噂に尾ひれがついて取り返しのつかない事態になっている」 『上杉さんみたく上手くやればいいのに』 「やはり顔か? 日焼けしたような肌と金髪が俺のイメージを悪くしているのか?」  でも、仕方がない。  両親から受け継いだ大事な遺伝子だ。それを否定できない。  母はヨーロッパの出、父はアメリカ日系二世。  アウトローな外見だが誇りをもって日々生きている。 『兄様、下駄箱前でぶつぶつ呟いていると、身内の結晶でもフォローできないです』 「別にラブレターに期待してなんかいないぞ――ん?」  おや? 自分の下駄箱へ手を入れると紙切れが置かれていた。  旧校舎の空き教室へきて    呼び出しをくらったのだ。  今時律儀に靴箱へ手紙を入れるとは古風というか漫画の読みすぎというか。  しかし誰だろうか、果たし状にしては芸がない。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メリッサ/クリア・カラー

    アイドルとアイドルが戦う小説です。

    20,700

    10


    2022年10月6日更新

    アイドル大戦国時代――国家によるアイドル活動の推進プロジェクトが行われ、5年の月日が経過した。 激動のアイドル界のトップに君臨しているアイドルグループ『i─Con』は新メンバーの募集オーディションを開始し、数万人の少女達が夢をかなえるために応募する。 他人と違う身体的特徴から過去にいじめを受けていた少女、千倉ヒカル 彼女は過去のトラウマから中学生になっても1人も友達を作らず、孤独な日々を過ごしていた。 そんな彼女も中学校を卒業し、16歳の春を迎える。 ずっと憧れだったアイドルグループ『i─Con』に入るため、彼女もまたオーディションに参加する。 アイドルとは―― ファンとは―― アンチとは―― 幸せとは―― 勝利とは―― 千倉ヒカルの人生を懸けた戦いが今始まろうとしていた。 ※アルファポリスでも連載中です。

    読了目安時間:14時間25分

    この作品を読む

  • 第三のローマ ~ テルティウス=ローマ

    アンカラの戦いをめぐる物語

    64,500

    164


    2022年10月6日更新

    時は十五世紀初頭。西ヨーロッパ諸国は東のイスラーム教国であるオスマン帝国の圧迫を受けていた。防波堤であるビザンツ帝国は衰退はなだしく、その対応が求められていた。レコンキスタの途上にあってイベリア半島の雄でもある新興国カスティリヤ王国はさらに東から勃興しつつあったティムール帝国に目をつける。彼の国はかつてユーラシア大陸を席巻したモンゴルの末裔を称し、領土を拡大していた。さらにオスマン帝国の領土も狙い、両国は雌雄を決する対決に向かっていた。この状況を踏まえ、カスティリヤ王国はティムール帝国との同盟によりオスマン帝国の圧迫に対抗することを決意する。派遣された外交団を狙う刺客。その窮地を救う謎の集団。オスマン帝国の『稲妻』とも称されるスルタンバヤジットと、暁のごとき勢いで西に領土を拡大するティムールの対決。アンカラの戦いの中に埋もれた、忘れられた物語を、今綴ろう。

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む