俺をNTR系不良先輩と勘違いして、美少女があからさまに操を捧げようとして困る ~しかも一度気を許してくれたらやたらデレデレして可愛い~

読了目安時間:2分

エピソード:12 / 30

京の夜叉姫の来訪

★  夜。  神無月雪之丞の家。  即ち我が城。  それは駅前、高層高級マンション最上階にある。二部屋を繋げた特注あしらえ。  三十畳のフローリングの真ん中に六枚の畳とちゃぶ台と座布団二つ。  静寂の中こぽこぽとお茶を注ぐ音が流れる。  その中、座布団の上で正座した緑茶を啜る少女が一人。 「――本家からの報告は以上ですわぁ。それより雷おこしもほんまに美味しいおすなぁ」  独特な方言のイントネーションが耳に残る。  ちなみにそれは称賛でなく限りなく社交辞令側の嫌みだ。  何故なら関西物しか口に合わないと明言している手前、おいそれと趣味趣向を変えるようなことはしないからだ、この女狐は。 「お褒めにあずかり光栄だ。神取さんのような上流階級でグルメを納得するほどの茶菓子はそうそうないからな」 「いややわ。うちかて一般庶民どすえ」  色白の京人形みたいな女は口を当てほほほと笑う。  着物の裾かなら取り出した和紙を皿に見立てて栗羊羹を乗せ、竹楊枝で静かに切った。  よくほざくわ。  毎日自家用ジェット機で京都から関東の学校へ通勤してるのが一般庶民というのなら、世の中の航空事情はエスエフ映画になるだろうよ。  この京都弁操る女、いや少女はただ者ではない。  姓は神取(かんどり)、名は雅緋(みやび)。  神取家は神無月家の分家で格は十一席。  幹部会の末端にある。  俺と神取 雅緋は幼い頃より知り合いだが別段仲が良かった訳ではない。  なので同じ白川桜華学園だが赤の他人という取り決めを入学時に約定を書面で交わしている。  今日も訪れたのは役目による本家の定期報告。  雅緋が学園に通っているのも表向きは好きなお菓子を食べるためだが、真実は俺が余計な行動をしてないか見張るためである。 「それよりまた何か雪之丞様の周りが騒がしいおすなぁ」 「そうか?」 「ほんに、賑やかで楽しそうやわぁ」 「つまらん日常だぞ」  俺は再び神取の湯飲み茶碗へお茶を注ぐ。  双方とぼけるも不可侵条約があるので牽制しあっていた。  最も油断できない相手は食べている手を止めこちらを凝視、「………………………」何を考えているのか予測できない死んだ魚の目みたいな(まなこ)は深淵を宿る闇が内包していた。そこには暖かみがない、殺気もない、事務的な作業的な何かがあるのみ。  一瞬、だだっ広い茶の間は処刑場または実験場のような殺伐とした空間となり、情けないことに身震いした。 「もう夜だな。すっかり日が落ちた」  気持ち悪いでなく、気味が悪いでもなく、気持ちを切り替えるべく、フローリングへ明かりを点すとワックスがけを怠らない床は鏡のように写し出されていた。残念ながら神取の邪念までは不可能だが。  それに暗闇の中これと二人っきりはホラーでしかないから勘弁してほしい。  絶世の美少女でもこいつだけは嫌だ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 第三のローマ ~ テルティウス=ローマ

    アンカラの戦いをめぐる物語

    64,500

    164


    2022年10月6日更新

    時は十五世紀初頭。西ヨーロッパ諸国は東のイスラーム教国であるオスマン帝国の圧迫を受けていた。防波堤であるビザンツ帝国は衰退はなだしく、その対応が求められていた。レコンキスタの途上にあってイベリア半島の雄でもある新興国カスティリヤ王国はさらに東から勃興しつつあったティムール帝国に目をつける。彼の国はかつてユーラシア大陸を席巻したモンゴルの末裔を称し、領土を拡大していた。さらにオスマン帝国の領土も狙い、両国は雌雄を決する対決に向かっていた。この状況を踏まえ、カスティリヤ王国はティムール帝国との同盟によりオスマン帝国の圧迫に対抗することを決意する。派遣された外交団を狙う刺客。その窮地を救う謎の集団。オスマン帝国の『稲妻』とも称されるスルタンバヤジットと、暁のごとき勢いで西に領土を拡大するティムールの対決。アンカラの戦いの中に埋もれた、忘れられた物語を、今綴ろう。

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    1,432,470

    310,879


    2022年10月4日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第4章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:24時間16分

    この作品を読む